議員定数削減する気あるの!?

世論から度々言われている(かく言う私もその一人だが)議員定数削減の問題、これに政府が積極的でないせいか進まないんじゃないでしょうかと思います。

引用

衆院選改革「7増13減」案、自民で異論強まる

 衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」(座長=佐々木毅・元東大学長)が昨年12月にまとめた答申原案に対し、自民党内で異論が強まっている。

 定数削減と「1票の格差」是正で定数が減る県に、党所属議員が多いことなどが理由だ。党内では代替案を模索する動きもあるが、答申に従う意向を明言してきた安倍首相(党総裁)の発言との整合性も問われそうだ。

 大島衆院議長は5日、自民党の谷垣幹事長、細田博之幹事長代行(党選挙制度改革問題統括本部長)らと衆院議長公邸で会談し、「調査会の答申を尊重すべきだ」との考えを伝えた。これに対し、谷垣氏ら党執行部側は「党内に慎重論がある」などと明確な回答は避けた。

 答申原案は、衆院定数を現行の475(小選挙区295、比例選180)から10(小選挙区6、比例選4)削減するものだ。都道府県ごとの小選挙区の議席配分は、従来の方式より人口比を反映させる「アダムズ方式」を採用する。東京、埼玉など1都4県で選挙区数が増え、青森、岩手、宮城など13県で各1減する「7増13減」となり、都道府県間の最大格差は1・621倍に縮小する。最高裁は昨年11月、選挙区間の「1票の格差」が最大で2・13倍だった2014年衆院選について「違憲状態」との判断を示していた。

2016年01月06日 07時18分 読売新聞
衆議院選挙制度に関する調査会が昨年12月にまとめた答申原案において、議員定数削減及び一票の格差問題が盛り込まれていますが、これについて自民党内で異論が強まっているけど、この態度にはハッキリ言って世論が知りたい大事な問題の一つなのに全く重要視してないと思うね。

岩手や宮城などで選挙区を一つ減らす一方で東京や埼玉などで選挙区を増やすのだから、これでは身を削る改革とは首を傾げたくもなるし、かえって一票の格差を拡大するものでしかなく、世論をバカにするようなものです。
「党内に慎重論がある」と谷垣禎一幹事長らは言うけれど、自分たちで身を削ると言う意識があまりにもなさ過ぎると思うし、自分の保身が惜しいからって理屈もいいところなんじゃねェのか。

地方を減らす一方で都市部を増やすのは、都市部をえこひいきしてるとしか思えないし地方をバカにするものだ。一極集中を助長するだけでしかない。
議員定数削減に対して与党は全くやる気を示してないと言うことを世論にえらく露呈するようなものだよ。自民党は一強支配に甘えていい気になっているとしか言い様がないです。正直言って議員定数削減及び一票の格差問題を「どうでもいい」ッて思ってんのか!? ホントなら全くふざけてるわ!!

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード