岩隈、マリナーズと再契約だってよ

ドジャース行きかと思いきや、思わぬ展開になっちゃったみたいです。

引用

岩隈「戦う使命ある」3年連続190回超で57億円

 マリナーズからフリーエージェント(FA)となり、同球団と再契約した岩隈久志投手(34)が18日、シアトルの本拠地セーフコフィールドで記者会見に臨み「チームメートが本当に待っているよとすごく喜んでくれて、このシアトルで戦う使命があるなと感じることができた」と抱負を語った。

 契約は1年で、2017、18年は一定の条件をクリアすれば契約が自動延長されるオプションが付いている。AP通信などによると、来季は1200万ドル(約14億4000万円)が保証され、来季から3年連続で190イニング以上を投げれば、総額で4750万ドル(約57億円)になるという。

 岩隈は今月上旬にドジャースと3年契約で合意していたが、身体検査後の交渉がまとまらず、正式契約に至らなかった。岩隈によると、16日からドジャースと再交渉したが、マリナーズから強い熱意を伝えられ「一番求められている球団で投げたい」と残留する決意を固めたという。

 マリナーズは3日にジャイアンツからFAとなった青木宣親外野手(33)と1年契約を結んでおり、来季はチームメートとなる。

 [2015年12月19日9時13分 「nikkansports.com」]より
ドジャースと3年契約で合意も、身体検査後の交渉が難航して決裂に終わった岩隈久志、その後シアトル・マリナーズから「岩隈を必要としている」との訴えがあり、マリナーズ残留を決意してマリナーズと再契約したみたいです。
一度はマリナーズをFAとなってドジャースと契約するもホントの契約に至らず、最終的にマリナーズと正契約、事実上「残留」ってとこですか。

「チームメートが本当に待っているよとすごく喜んでくれて、このシアトルで戦う使命があるなと感じることができた」とコメントした岩隈、ドジャース行きが白紙になって宙ぶらりんの状態から助け舟を出したマリナーズには感謝すべきでしょう。

マリナーズには青木宣親が加入しており、来季チームメイトとしてマリナーズを牽引する立場にありますね。
シアトルのファンもホッとしたんじゃないでしょうか。岩隈獲りに失敗したドジャースだが、マエケンこと前田健太にターゲットを変えそうです。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → 岩隈、来年はドジャースだってよ

theme : MLB
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード