結論は「違憲」再婚禁止「合憲」夫婦別姓

憲法違反と言うよりも今の時代にそぐわないからって言うのも理由なんじゃないでしょうか。

引用

夫婦別姓禁止は合憲 再婚禁止期間は「違憲」 最高裁が初判断

 民法で定めた「夫婦別姓を認めない」とする規定の違憲性が争われた訴訟の上告審判決で最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、「規定は合憲」とする初めての判断を示した上で、原告側の請求を棄却した。原告は「時代の変化に従って選択的夫婦別姓を認めるべきだ」などと主張したが、「夫婦や親子など家族のあり方が損なわれる」との慎重論は多く、世論調査も賛成・反対が拮抗(きっこう)してきた。

 一方、「女性は離婚後6カ月間、再婚できない」とする規定をめぐる訴訟で、大法廷は「規定は違憲」と初判断。100日間を超える部分は違憲だとしたことで、国は法改正を迫られる。最高裁が法律を違憲と判断したのは戦後10件目。

 夫婦の姓について原告側は「選択的夫婦別姓を認めないことは、婚姻の自由を不合理に制約していて、両性の本質的平等に立脚していない」と主張。「規定は違憲で、国会の高度な立法不作為にあたる」と指摘していた。国側は「民法では、結婚後にどちらの姓を名乗るかについて、夫婦の協議による決定に委ねている。婚姻の自由や男女の平等を侵害していない」と反論。規定に違憲性はなく国会の立法不作為にもあたらないと主張していた。

 両規定をめぐっては、法相の諮問機関の法制審議会が平成8年、選択的夫婦別姓を導入し、再婚禁止期間も100日に短縮するよう答申した。しかし、国会や世論の反対が多く、改正は見送られた。民主党政権時代にも改正の動きがあったが、閣内の反対などで法案提出には至っていない。

 最終更新:12月16日(水)15時31分 「産経新聞」より
岡山県在住の30代女性が、離婚してすぐ再婚しようとしたところ現在の民法において「女性の再婚は離婚してから6ヶ月経過しないとダメ」って規定があり、それを不服として「憲法に反する」と最高裁に訴えた問題、16日に最高裁大法廷にて開かれた裁判において「再婚禁止期間は違憲」とする判断が出たって言うけど、やっとこの規定が憲法違反だってことを認めたと言えます。
ただ法改正をしなかったことへの国家賠償請求は退けられたが、民事上のことだと余計複雑になるからとりあえず退けたって感がします。

最高裁が法律の規定を違憲としたケースは10個目と言うけど、今の法律と言うか民法の一部が今の時代にそぐわない、合わないと言う意識が出てきたってことでしょうね。大体時代の流れに伴い法律だって変わらねばならないのに、それをやらないと言うのは固定概念に固執してばかりもいいところで、考えがえらく古臭いです。

また夫婦別姓に関しては「夫婦や親子など家族のあり方が損なわれる」と言う理由で「規定は合憲」と訴えを退けたけども、家族のあり方の問題の複雑さを物語るものだが、別姓にすれば子供がどっちの性を名乗るのかと言う問題が出てくるし、子供が絡む問題だと余計ややこしいから、別姓は認めない! ってことですか。
海外に目を向ければ、歴史や文化、慣習の違いから国民独自で選んでる国もあるけども、夫婦別姓するかを選ぶ国も一部あるけど・・・。日本はまた「家制度」を有難がる傾向があることも夫婦別姓に反対意見が多い理由なのかも知れないね。

女性の再婚禁止と言う点では今の時代に合わない、男尊女卑的なものであり無戸籍者の温床でもあるから、いい加減そんな規定は変えるべきです!! 夫婦別姓に関しては時間を費やしそうな気もするが・・・。
今まで世論の反対が多く解決に行かなかった夫婦別姓問題や女性は6ヶ月再婚禁止規定問題、後者は違憲としたことでその解決と言うか改正に動くんでしょうかね。世論が「男尊女卑を許さない」って考えを持てばいい話だけども。だったら男性にも再婚禁止期間を設けろとも言いたくなるが。

関連記事としてこちらも見て下さいませ。 → 「女性の再婚禁止」って今の時代に合うわけないだろ!!

theme : 最近のニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード