食料品全部に適用するって言うけれど

軽減税率を巡る与党内の鍔迫り合いも解決するんでしょうか?

引用

軽減税率 食料品全般で大筋合意 財源、たばこ増税も

 自民、公明両党は10日、平成29年4月の消費税率10%引き上げ時に導入する軽減税率(8%)の対象を生鮮食品と加工食品を含めた食料品全般とすることで大筋合意した。酒類や外食は対象としない。税収減を補うために必要となる財源は1兆円規模の見通し。政府内では、新たな財源措置として、たばこ税の増税などが検討されている。

 ◆新聞も対象へ

 自民党幹部は10日夜、「大きな方向転換があった」と述べ、生鮮食品を軽減税率の対象に想定する「4千億円以内の財源」という従来の主張を撤回し、加工食品も対象に含めた「財源1兆円」を容認する姿勢を示した。

 ただ、同幹部は「もう少し時間がかかる」とも述べ、具体的な財源措置の調整が難航していることを示唆。自公両党は、約6千億円にのぼる新たな財源を何で補うかを検討した上で、11日にも軽減税率の導入を含めた28年度与党税制改正大綱を決定する。

 政府高官は10日夜、たばこ税について「上げてもいいと思っている」と言及。国の外貨建て資産を管理する外国為替資金特別会計の運用益なども財源になり得るとの考えを示した。

 一方、政府関係者は同日夜、軽減税率の対象品目に新聞も含まれているとの認識を明らかにした。

 軽減税率の導入に伴う財源をめぐっては、自民党は医療、介護などの自己負担を抑える「総合合算制度」の見送りによる約4千億円が限界と主張。公明党は食料品全般が対象となるよう1兆円規模の財源を確保するよう求めていた。

 自民党が財源の大幅な上積みを容認したことで、軽減税率の対象は食料品全般に拡大する。

 しかし、外食は対象としていないため、店内消費との境界線がはっきりしないファストフードや総菜、小売店内の飲食コーナーの取り扱いなど、線引きがあいまいな品目も残されている。

 最終更新:12月11日(金)8時1分 「産経新聞」より
「生鮮食品だけ!」と主張する自民党と「酒類を除く全部の食品に!」と主張する公明党とで平行線だった軽減税率を巡る論争、10日になって最終的に食料品全般に適用することで合意にこぎつけた与党ですが、財源をどう確保するかの課題は曖昧なまま終わった感もするけども、ここで新たな財源としてタバコ税の増税と言う案が出たようです。

タバコ税を上げるなら公明党案である全食料品に適用って自民党が受けたと思うが、食料品全般に適用することで1兆円もの財源が充てられるわけだけど、代替案としてタバコ税増税ってことは、タバコ以外に増税するものなかったのかと言いたくなる。

食料品全般に適用するって言うけど、外食には適用しない上にテイクアウトだってあるファストフードやスーパー・コンビニの弁当・惣菜、出前などはどうするかと言う疑問もあるから、完全に解決とは言い難いです。消費者や事業者にかえってややこしい問題を突きつけるようなものでもある。
これについては他国のケースを見て参考にしてはどうかと思うね。

また社会保障費の充実が見送られるって言うから、社会保障に与える影響も少なくない。これらの財源は社会保障費から充てられるって言うし・・・。
「財源どうすんだ」って一部議員からの疑問、タバコ税増税以外の案としてパチンコ税導入(もしくはパチンコ全面規制・廃止)、宗教法人に対する課税、法定税率以下の納税しかしない大企業に対して課税強化、議員定数削減なども考えた方がいいんじゃねェのかっての。税金のムダ使いを正すことにもなるんだし。

theme : 政治・経済・社会問題なんでも
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

軽減税率導入に、新聞も含めることも意味があることだと思います。
新聞メディアは、国民に政府が何をているか、それをありのままに知らせるのが使命です。
その意味で、安く提供するために軽減税率導入は評価できます。
ただ、最近の自民党の議員などに、我々を悪く書く新聞は、広告収入を減らすよう企業にはたらきかけたらよいなどと言う人がいます。
そのように、自民党がマスコミをコントロールしたり、マスコミ自身が忖度させるよなことをするなら。軽減税率は逆に自民党に利用されるだけでしょうね。

Re: No title

竹林泉水様

コメントありがとうございます。

新聞にも導入と言う意見、食料品の次に導入すべきものとしてはティッシュペーパーや洗剤、石鹸、歯ブラシなどの日用品や医薬品ではないでしょうかね。
新聞にも軽減税率を導入すれば情報を市民に安く提供できると言いますが、一部議員から自分を悪く言うメディアに対して広告収入を減らせと圧力をかけかねないリスクもあるけども、場合によっちゃ政府の都合のいいように利用されると言うリスクもあり、国民無視の政争の道具にされたんじゃ溜まったもんじゃない。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード