子供の貧困がもたらす最悪の事態とは

格差社会の最もたる弊害である子供の貧困問題、それを放ったらかしにするととんでもないことになるみたいです。

引用

子供の貧困問題:放置すれば経済損失2.9兆円 日本財団

 子どもの貧困を放置すれば、経済損失は約2.9兆円に及び、国の財政負担は約1.1兆円増える−−。現在15歳の子どもを対象にした研究で日本財団がこんな試算を出した。15歳に限らなければ損失額は何十倍にも膨れ上がるという。日本財団は子どもの貧困対策を「慈善事業でなく経済対策として捉え、官民で取り組むべきだ」と指摘する。

 研究は今年7〜11月、日本財団と三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都)が実施した。15歳の子ども約120万人のうち、ひとり親家庭の15.5万人、生活保護家庭の2.2万人、児童養護施設の0.2万人の計約18万人を対象とした。子どもの時の経済格差が、学力や進学率の教育格差を生み、将来の所得に影響すると推定し、現状のままの場合と教育格差を改善した場合を試算した。

 大学や専門学校などへの進学率は80%に達しているが、貧困世帯の子どもは32%にとどまる。18万人の就業状況を推定すると、正社員は8.1万人、非正規社員3.6万人、無職4.8万人などとなり、現状では64歳までに得る所得の合計は約22.6兆円だった。

 一方、何らかの対策が行われ、高校の進学率、中退率が一般家庭の子どもと同じになり、大学などへの進学率が54%まで上昇したと仮定すると、正社員は9万人に増加し、非正規社員は3.3万人、無職は4.4万人に減少して、合計所得は約25.5兆円に増えた。

 所得が増加すれば、国に納める税金なども増える。税と社会保険料の個人負担額から、医療費や生活保護費などの給付額を差し引いた「純負担額」は、現状では約5.7兆円だが、改善すれば約6.8兆円になった。

 厚生労働省によると、17歳以下の子どもの貧困率は16.3%(2012年)で過去最悪を更新し、6人に1人が貧困状態にあるとされる。日本財団は「子どもの貧困を経済的観点から見た調査はこれまでなかった。国民全体の問題と捉え、官民の対策の後押しになれば」としている。

 毎日新聞 2015年12月03日 12時08分
子供の貧困問題を放置すれば2.9兆円もの経済損失をもたらし、財政負担が1.1兆円に上ると日本財団の見解で明らかになったけど、中長期的に考えたらばとんでもない問題になるってことです。
厚生労働省によれば、17歳以下の子供の貧困率は16.3パーセントと過去最悪を更新しており、深刻な社会問題になってますが、このままでは格差社会化が進んで学力や進学、将来の所得に悪影響が出るとの懸念もあり、予断を許さない問題なのです!!

「慈善事業でなく経済対策として捉え、官民で取り組むべきだ」と指摘した日本財団、この問題は国民全体の問題である以上、社会が関心をすすんで持つべきだと訴えてますが、今まで国が子供を大事にしてこなかった弊害が子供の貧困問題につながったってことです。
放置すればとんでもない事態を招くと言うのに、それすら気づかないのは恐ろしいことだよ。社会の腐敗を招く一方だということすら分からないんでしょうか? だから日本の幸福度は90位と先進国で低い部類に入っている一因なんだ。

重大な社会問題の一つとして捉えて、世論が進んで関心を持たねばならないのです。
子供の貧困問題を引き起こしたのはグローバリズムにもあるよね。小泉純一郎元総理及び竹中平蔵氏による構造改革の弊害が結果として派遣切りだワーキングプアだそしてこの問題だって出てんだから、小泉改革の負の部分が燻ってるってわけだよ。貧困化を自己責任だと切り捨てる考えは、アメリカ的な考えで人間社会をダメにするものだ。グローバリズムに乗っかればこう言った問題が出ると言うことすら報じないメディアや知識人の罪も重いが。

子供は将来を担う世代として大事に扱わねばならないのに、それを放置するような社会ではいずれ堕落するだけです!! 子供を大事に出来ない国に未来はない!! 政府はすすんでこの問題に向き合い、すぐに解決策を考えるべきです!!

theme : 貧困問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード