やはり「維新は強し」

住民投票では「NO」でも、今回のダブル選挙では「YES」を選択した大阪、維新の名はまだ揺らぎません。

引用

大阪ダブル選:橋下氏「背水の陣」奏功…大阪維新圧勝

 大阪府知事・市長のダブル選で、橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」が2勝した。橋下氏が政治生命を懸けてきた「大阪都構想」の議論が息を吹き返す。住民投票の否決で受けた打撃から、復活に向けた足掛かりを得た。来夏の参院選を控え、橋下氏の協力に期待する官邸との距離感にも注目が集まる。

 ◇新党、参院選へ弾み

 「大阪を東京と二極化するには都構想と同時並行で副首都化することが必要だ。国会議員には早速、副首都の法制化を頑張ってもらいたい」。報道各社が「大阪維新2勝」を報じた22日夜。橋下氏は大阪市内のホテルで国政新党「おおさか維新の会」所属国会議員らを前に、早くも国政での存在感発揮に意欲を示した。

 半年前の5月17日、大阪市での住民投票で、都構想が否決され、橋下氏は瀬戸際に立った。「都構想が間違っていたということになる」と述べ、政界引退表明に追い込まれた。

 ダブル選はその失敗を取り返すための橋下氏の賭けだった。1勝1敗ではなく都構想実現に必要な2勝をしたことで、都構想だけでなく、橋下氏自身も再起する可能性を得た。

 もっとも、橋下氏も、都構想再挑戦の路線を一直線に進んだわけではない。一時はダブル選での候補擁立を見送る考えも示唆していた。住民投票の敗北は大阪維新の退潮に直結し、勝利に自信が持てなかったためだ。

 しかし、8月の全体会議などで、足元の地方議員から「もう一度都構想を目指すべきだ」との声が上がり始める。結党の原点である旗を降ろせば、党が目的を失い、崩壊するという危機感があった。

 橋下氏が理屈付けに使ったのが、住民投票後の6月に自民の提案で設置された「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の機能不全だった。大阪会議は二重行政の解消を協議する場とされ、都構想の代案という位置付けだ。しかし、大阪維新と自民が運営方法を巡って対立し、計3回の会合では一度も具体的な議論に入れていない。橋下氏は8月末に、都構想の再挑戦を宣言し、理由をこう説明した。

 「話し合いで二重行政がなくなるなんて言っていたが、自民党は何もやっていない。これじゃいけないと思った」

 橋下氏は選挙戦で先頭に立ち、「負ければ維新は消滅」と背水の陣を強調する瀬戸際戦略で危機感をあおった。わずか半年間で住民投票での敗北を逆転できたのは、橋下氏個人への根強い期待を選挙に結びつけることに成功したためだ。

 今回の勝利で大阪維新は解体の危機を脱し、反転攻勢への足場固めに成功した。一時は動揺した大阪維新のメンバーに対する橋下氏の求心力も高まる。橋下氏は政界引退の意向は変えていないとしているが、最近は「私人に戻れば自由にやらせてもらう」と将来的な政界復帰に含みを持たせる。12月の政界引退まで暫定的に代表に就く新党には、法律・政策顧問として関与する考えだ。「海外では普通のやり方。新しい弁護士の姿に挑戦したい」と意欲を見せる。

 今後の焦点は、来夏の参院選に移る。「おおさか」という地名がついた政党に対し、全国でどこまで支持を広げられるかは未知数で、身内でも不安視する声は少なくない。与党の補完勢力として憲法改正や安全保障関連法への発信を強めるだけでは埋没の恐れもある。新党の戦略はまだ見通せない。

 ◇官邸、改憲にらみ秋波

 ダブル選で大阪維新の会が2勝したことで、橋下氏は国政レベルでの存在感も取り戻す。橋下氏と気脈を通じる官邸サイドは来夏の参院選を見据え、橋下氏の高い発信力に期待している。

 官邸と大阪維新のパイプは、菅義偉官房長官と松井一郎知事との親しい関係によるもので、橋下氏と安倍首相はこの2人を通じて親交を深めた。ダブル選告示後の13日の菅氏の記者会見では、自民推薦候補の陣営に必勝祈願の「為(ため)書き」を送ったかが質問され、菅氏は「依頼を受けていないので、まったく送っておりません」と明かした。さらに、依頼があれば送るかを問われると「通常ですと、そうです」と意味ありげな答え方をした。

 自民推薦候補と激突した大阪維新に官邸が秋波を送り続けたのは、参院選をにらんでのことだ。2勝で国政政党の「おおさか維新の会」も勢いがつく。参院選後に議席を増やしたおおさか維新が野党の立場で改憲に賛成すれば、「幅広い合意」を演出でき、議席数以上の意味がある。参院選で多数の候補を立てることができれば、民主などが模索する野党連携にくさびも打ち込める。

 さらに官邸が期待するのは橋下氏の政治家としての強いエネルギーだ。菅氏は周囲に「橋下氏は今の時代に得難い政治家だ」とたびたび漏らしている。「安倍1強」が続く半面、今の自民党には橋下氏に匹敵する強烈な個性が見当たらない。官邸は衆参同日選の可能性も視野に入れているとみられる。その場合、首相の応援団を自任する橋下氏は政権を側面支援する存在にもなり得るとみている。

 橋下氏は政界引退を表明しているが、官邸だけではなく、与野党にも参院選を機に政界に復帰するのではないかという見方は根強い。

 一方、民主党と維新の党には、大阪維新への警戒感が深い。橋下氏は民主党を「労組依存」、維新の党を「偽物維新」などと罵倒しており、強硬姿勢が続く可能性が高い。

 民維両党は統一会派結成を検討するなど参院選に向けて連携を強める。社民、生活などとも協力を深め、最終目標は、改選数1の「1人区」で野党候補が乱立しない状態を目指すことだ。しかし、「おおさか維新」の存在感の高まりは波乱要因だ。官邸関係者は「2勝でおおさか維新が強くなり、民維は勢いを失う。そもそも国民は野党再編に期待していない」と冷ややかに指摘する。

 毎日新聞 2015年11月23日 07時30分
橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が22日行われた大阪市長及び知事選挙で全部勝利したって言うけど、再び盛り返してきた維新の会旋風及び来年の参議院選挙における野党再編、さらには今年5月の住民投票で否決された「大阪都構想」が来るんじゃないかと期待する声もありそうです。

住民投票で否決されたことで引退を選択した橋下氏、今回のダブル選挙では再び維新の影響力を取り戻す最終判断を市民に突きつけた感もするね。
「話し合いで二重行政がなくなるなんて言っていたが、自民党は何もやっていない。これじゃいけないと思った」と再び動いた橋下氏、これ以上国に任せれない、自分たちで行動するしか二重行政の解決は出来ないとして今回の選挙戦で積極的に行動したと言えますが、その橋下氏の姿勢に大阪の有権者は動かされたってことだけど、その中には住民投票で都構想にNOを突きつけた有権者もいたんでしょうかね。

これはまた国政にも多大な影響が出るのも事実、今回の勝利で維新の会及び橋下氏が国政における存在感を再び高くなることがありますが、任期満了に伴い政治家を引退する姿勢の橋下氏、ただこの前の会見で国政進出を伺わせる仕草があったせいか、分かりませんね。
与党は歓迎だが、野党はかつて橋下氏にこき下ろされたせいか拒否反応があり、あまりいい顔をしてないです。

大阪維新の会と言うか橋下氏のカリスマ性が衰えてなかったことを知らしめる結果となった今回のダブル選挙「橋下劇場」はまだ続くんでしょうか?

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

大阪ダブル選挙

お久しぶりです、アジシオ次郎さん。

維新の完勝でしたね。確かに橋本徹という人間のカリスマ性もありますが、わたしは自民党の節操のなさ、ポリシーなさに選挙民があきれてしまったのではないかと思っています。反対のためには共産党とまでも共闘する。こういう節操のなさ、無責任さには閉口しますが、それが自民党の体質でもあるわけです。自民党は今は保守を標榜していますが、それはエセ保守であり、じつは左翼に近い思想をもった人間が少なからずいるのが自民党です。韓国のように、いつか中国にすり寄っていくかもしれません。こういう体質が見えたのも今回の大阪ダブル選でした。

Re: 大阪ダブル選挙

働きアリンコ様

コメントありがとうございます。それとこちらこそお久しぶりです。

橋下氏のカリスマ性もさることながら、反維新の為に自民党が共産党と手を組んだことで有権者が自民党離れを起こしたことが大阪維新の会のダブル勝利の要因だと思います。自民党は保守を掲げながら場合によっては左翼系と結託する。こんな姿勢では有権者に節操がないと思われて当然だし、結局は自分たちの保身しか考えてないことを露呈したんじゃないでしょうか。自民党は自分たちのブレた姿勢で負けたと痛感すべきですね。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード