イスラエルの「妄言」が止まらない

ホロコーストの解釈を勝手に捏造したのは記憶に新しいが、またも問題発言をやらかしちゃったみたいです。こう見るとユダヤ人がいかに特ア人同様利己的な人種だってことがモロに露呈してますね。

引用

米大統領は「反ユダヤ主義」=新メディア担当の投稿が波紋―イスラエル

【エルサレム時事】イスラエルのメディアによると、ネタニヤフ首相が任命を決めたばかりのメディア・アドバイザーの発言が波紋を呼んでいる。
 過去にソーシャルメディア上でオバマ米大統領を「反ユダヤ主義」と批判したことが明らかになり、来週訪米を控えている首相は5日夜、任命を凍結した。
 首相は4日、自身のメディア・アドバイザーとしてラン・バラツ氏を任命すると発表した。しかし、その後、同氏が自身のフェイスブック上で、オバマ大統領だけでなく、ケリー米国務長官についても「精神年齢が12歳以下」との問題発言を投稿していたことが明らかになった。
 首相は5日、「そのような投稿は断固受け入れられず、私の立場やイスラエルの政策を反映するものではない」と弁明、バラツ氏も謝罪した。

 最終更新:11月6日(金)7時24分 「時事ドットコム」より
イスラエルベンヤミン・ネタニヤフ首相が新たに任命したメディア・アドバイザー、ラン・バラツがフェイスブック上でアメリカのバラク・オバマ大統領を「反ユダヤ主義者」ジョン・ケリー国務長官を「精神年齢が12歳以下」とドナルド・トランプ氏や麻生太郎氏よろしく言いたい放題かましていたことが明らかになったけど、これはイスラエルにとって重要な同盟国であるアメリカを逆撫でするような言動に取れます。

「そのような投稿は断固受け入れられず、私の立場やイスラエルの政策を反映するものではない」とネタニヤフ首相及びバラツ氏は陳謝したが、イスラエルは自分達の愚かな言動で国際社会に恥を晒した感がするね。
つい最近ではホロコーストについて「パレスチナ人が扇動した」と事実を捏造しかねない解釈をしたこともあるし、自分たちさえ良ければそれでいいなんて無神経な言動も極まりない。

軽はずみでも程度が過ぎてるし、こんな人間を任命したネタニヤフ首相の責任は大きいだろう。
精神年齢12歳以下。って「それはあんただろうが!!」ってツッコまれて当然かもね。バラツ氏は。

またも妄言をかましたイスラエル、やっぱり特アと同類だ。構ってちゃん的な言動丸出しでバカも極まれリ。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード