「二重行政を何とかして」が多い

橋下徹氏が指摘したこの問題を解消して欲しい声が根強いみたいです。

引用

大阪ダブル選 力入れてほしい政策「二重行政解消」最多 世論調査

 大阪ダブル選を前に産経新聞社などが実施した電話による合同世論調査では、次期市長、知事に最も力を入れてほしい政策を一つあげてもらったところ、「府と市の二重行政解消」が23・2%で最多だった。「大阪都構想」をめぐる5月の大阪市の住民投票で焦点になったテーマだが、市民に限っても最多の23・8%が力を入れてほしい政策としており、関心の高さをうかがわせる。大阪維新の会と自民党を中心とした「反維新」で構図はほぼ固まったが、大阪府と大阪市のあり方が再び争点になりそうだ。

 今回の大阪ダブル選には、圧倒的な知名度がある大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長は立候補しないが、「大いに関心がある」と「ある程度関心がある」を合わせると8割超にのぼり、有権者の高い関心がうかがえる。

 また、5月の住民投票で反対多数で否決された「大阪都構想」の新たな案作りに大阪維新が再挑戦することを表明していることについても、9割以上が明確に賛否を答え、「理解できる」と「理解できない」でほぼ拮抗、改めて市を二分した戦いが展開されそうだ。市内では「理解できない」がなお5割を上回っている。

 都構想については、自民党推薦の元市議、柳本顕氏が、市長にふさわしいと回答した市民のうち、78・2%が「反対」したと回答。大阪維新が擁立する元衆院議員、吉村洋文氏とした人の88・7%は、住民投票で「賛成」したとしている。

 吉村氏が市長にふさわしい人とした人のなかでは、力を入れてほしい政策として「二重行政の解消」をあげた人が45・7%と高い割合を占めた。

 一方、力を入れてほしい政策として、「医療・福祉」21・9%、「景気・雇用対策」19・1%も上位を占めている。

 「市長にふさわしい人」として柳本氏をあげた市民のうち、「医療・福祉」が最多の29・6%。柳本氏は70歳以上の4割の支持を集め、吉村氏の3割弱を上回っている。橋下氏は70歳以上が対象の市営地下鉄・バスの敬老パスの無料措置を廃止しており、これを批判する柳本氏への期待感とみることができそうだ。

最終更新:10月26日(月)9時35分 「産経新聞」より
次の府知事及び市長を選ぶ大阪ダブル選挙を控えている大阪府及び大阪市、選挙の関心事として多かったのが「府と市の二重行政を解消して欲しい」との意見で、今年5月に住民投票で否決された大阪都構想を諦めていないみたいです。

橋下氏は出馬しないものの、関心があると答えたのは8割と言いますから、このダブル選挙に対する関心は強いみたいです。
いわゆる「府市合わせ」と揶揄される二重行政が大阪の財政を圧迫し、これに府民と言うか大阪市民の一部から批判を浴びてるけど、大阪府と大阪市のあり方を問うものとなりそうです。二重行政のせいで負債ばかり嵩んで橋下氏から「破産会社」と言われたくらいですから、その解消には大阪都しかないと言う意見もあるけど、未だ大阪都に反対の有権者もおり、根が深いです。

二重行政を解消すると言いながら全然進展がなく、市民感情が二分された状態が続く中で迎えるダブル選挙「維新」対「反維新」って構図なんでしょうか。
未だ賛否割れる大阪都構想、二重行政解消には大阪都にするしかないと言うけれど橋下氏の掲げるシナリオは上手く行くのでしょうかねェ・・・!! 住民投票で否決されてもまだやると言うのは賛否ありそうだが。

theme : 政治・地方自治・選挙
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード