消費税率引き上げと同時に導入か

政府与党内で賛否ある軽減税率導入の是非、税制調査会の見解はと言うと・・・。

引用

軽減税率、17年4月導入を確認=「宮沢税調」が初会合―自民

 自民党の税制調査会は16日、宮沢洋一会長が就任して初めての非公式幹部会合を開き、2017年4月の消費税率10%への引き上げと同時に軽減税率を導入することを確認した。
 また、10%時の負担軽減策として2%分を後で還付する財務省案を議論の対象から外すことを決めた。
 自民税調では、生活必需品の税率を低く抑える軽減税率導入について、税率が現行の8%のままの品目と10%になる品目の経理を区分する必要があり、特に中小事業者の負担が重くなることなどから、慎重論が強かった。しかし、導入を強く求める公明党の声に配慮し、安倍晋三首相が17年4月の導入を検討するよう指示したことを受け、具体策の議論を急ぐことにした。
 宮沢氏は会合で、今月14日に安倍首相と軽減税率について協議した際、「商工業者らに無用の負担になるようなことは避け、現実的な解決策を考えてほしい」と求められたことを説明した。自民党税調は、中小事業者も実施可能な簡易な経理方式を検討する。

 最終更新:10月16日(金)13時36分 「時事ドットコム」より
宮沢洋一氏を会長に据えた自民党税制調査会、16日に非公式幹部会合を行い再来年4月に消費税率が10パーセントに上がることに伴い軽減税率を導入することを示唆したみたいです。

食料品など生活必需品の税率を抑える軽減税率、何に導入するかで賛否あったけど「商工業者らに無用の負担になるようなことは避け、現実的な解決策を考えてほしい」と安倍晋三総理にこう助言を受けた宮沢氏、中小事業者に痛みを伴わせない考えを出して欲しいとのことですが、中小事業者だけじゃなく国民一般のことも考えてはどうかと思うね。
消費税率を上げたところで消費が減ったらどうするのかも考えねばならないし、税収減に関わるだけに増税以外の案もないのかと言う指摘から出てきた軽減税率導入論、増税ありきで導入するのは賛否ありそうです。

一番厄介なのが麻生太郎副総理「めんどくさい」だの屁理屈言って難色を示してますが、こう言う態度が国会議員は自分ですすんで身を削ると言う意識が薄いって世論から見られるんじゃないかと思います。所詮「おぼっちゃまくん」だから庶民目線で物事を見れないんでしょうね。
消費税率を上げるだけでは経済効果は出ないだろうし、大企業ばかり優遇する考えもまた悪い経済政策です。

消費税率を上げるより国会議員がすすんで自分の身を削ることが重要なんじゃないのかと思いますし、国民の税金がどのように使われたのかも公表すべきなんじゃないでしょうか。

theme : 税金
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード