「懲戒免職」ってそれが常識でしょ!!

刑事事件に相当するような不祥事を起こした以上、厳罰を持って処すのが当たり前です。まして当事者が警察官だとすれば余計ですけど。

引用

殺人容疑の警官、懲戒免職=埼玉県警

 埼玉県朝霞市の民家で無職寺尾俊治さん(58)が殺害された事件で、殺人などの容疑で逮捕された県警浦和署の巡査部長中野翔太容疑者(31)について、県警は2日、懲戒免職処分としたと発表した。
 
 中野容疑者は、9月2~4日の間、寺尾さん宅に侵入し、首を圧迫して窒息させ殺害したとして9月12日に逮捕され、容疑を大筋で認めていた。
 捜査関係者によると、寺尾さん宅1階では事件後、金庫の扉が開き、中に現金が入っていない状態で見つかった。中野容疑者は「金に困っていた」という趣旨の供述をしているという。

 最終更新:10月2日(金)14時34分 「時事ドットコム」より
埼玉県朝霞市で先月、現職の警察官、それも巡査部長が民家に侵入してその家に住む58歳の男性の首を絞めて殺害すると言うショッキングな事件が起こったのは記憶に新しいけど、埼玉県警はこの巡査部長を懲戒免職処分にすることを2日に発表したようです。

そりゃそうでしょ!! 殺人事件と言う凶悪性と言うか社会に与える衝撃性が強い事件を起こしておいて、厳しく処罰しないのは明らかにおかしいし、なぜ1ヶ月経ってから懲戒免職処分に処したのかも疑問です。
この巡査部長は殺人だけじゃないと思うね。住居侵入罪も適用していいし7月に落とし物として届け出があった他人名義のキャッシュカードもこの巡査部長のロッカーから見つかったことも発覚してますが、これがホントなら遺失物横領罪ですよ!!

被害者宅にあった金庫から現金が盗まれていたことも発覚してるけど、これについてこの巡査部長は「金に困っていた」と言っており、金銭トラブルが背景にもあったんじゃ? と思うし、どっかに借金でもあったのだろうかとも勘ぐりたくなる。
金に困って強盗殺人、ここまで来れば完全なるダメ人間でしかないですよ。

これほどまでに多発している警察不祥事、この巡査部長が勤務していたとされる埼玉県警浦和署だが、署員の教育がなってないんじゃないかとすら思うし、上層部の責任問題もあるでしょう。監督責任不行き届きレベルです!!

懲戒免職処分はもちろん、裁判でも厳罰を持って処した方がいいです。公務員の不祥事は一般人の犯罪よりも社会に与える影響が高いことを考えたらば。
どうもこの事件といい増加傾向にある警察不祥事を見て、警察の質が低下してるんじゃないかとすら思うね。

theme : 検察・警察の腐敗
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

【 責任者・上司の氏名 】 埼玉県警 現役警察官による強盗殺人




【 責任者・上司の氏名 】 埼玉県警 現役警察官による強盗殺人

【殺人容疑の巡査部長 中野翔太】 

朝霞警察署 刑事課 ~2015年3月
浦和警察署 地域化 2015年3月~

【 責任者・上司の氏名 】
浦和警察署在職時

浦和警察署 署長(警視正) 中村尚樹
      副署長(警視) 三上元樹

      地域課 課長(警部) 細田昌明 2014年9月6日~(配置換え不明)
      地域課 課長代理(警部補) 伊藤崇 2015年3月6日~
      地域課 課長代理(警部) 新井常夫 ~2016年3月19日

朝霞警察署在職時

朝霞警察署 署長(警視) 中島啓太郎 ~2015年3月
      副署長(警視) 一条資裕 ~2014年9月
      副署長(警視) 永谷邦夫 2014年9月~

      刑事課 課長(警部) 内藤淳一 ~2015年3月

【当該事件における処分】

93. 訓戒書 平成27年10月2日 (当事者氏名)墨塗り (年齢)記載なし (所属暑)墨塗り

(役職名) 埼玉県 警視正
(訓戒内容) 所属長として、部下職員を指導監督する立場にあったが、部下職員が殺人事件を発生させた
 
(責任者氏名) 埼玉県警察本部長 警視監 貴志浩平

94. 訓戒書 平成27年10月2日 (当事者氏名)墨塗り (年齢)記載なし (所属暑)墨塗り

(役職名)埼玉県 警視
(訓戒内容) 部下職員に対する指導監督が不十分、部下職員が殺人事件を発生させた
 
(責任者氏名) 埼玉県警察本部 警務部長 警視長 三田豪士

95. 訓戒書 平成27年10月2日 (当事者氏名)墨塗り (年齢)記載なし (所属暑)墨塗り

(役職名) 埼玉県 警部
(訓戒内容) 部下職員に対する指導監督が不十分、部下職員が殺人事件を発生させた

(責任者氏名) 埼玉県警察本部 警務部長 警視長 三田豪士


埼玉県警 不祥事 2015まとめ
http://blog.livedoor.jp/saitamlivdoor/archives/4024940.html

続きは、http://blog.livedoor.jp/livdoorsaitama/

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード