やってしまったフォルクスワーゲン

ドイツ車ブランドを失墜させかねない不祥事です。

引用

VW規制逃れ:傷ついた「メード・イン・ジャーマニー」

【ベルリン中西啓介】ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が米国で排ガス規制を不正に逃れていた問題は、トップの辞任へと発展し、高い競争力で欧州経済をけん引する「メード・イン・ジャーマニー(ドイツ製)」ブランドは大きく傷付いた。独産業界を代表するVWの過去最大規模のスキャンダルは、国内の産業界だけでなく、政界にも波紋を広げている。

 米環境保護局(EPA)が違法ソフトの搭載を指摘した「クリーンディーゼル」は、独自動車業界が開発した技術大国の象徴だ。開発にはボッシュやコンチネンタルなど独大手自動車部品メーカーが携わる。VWだけでなくベンツやBMWなども主力製品にしており、与党は疑惑拡大に神経をとがらせている。

 ガブリエル副首相兼経済・エネルギー相は23日、規制逃れの不正を「全く受け入れられない」と非難する一方、「数人に起因する被害だ」と述べ、責任はVWの一部関係者に限られるとの見方を強調。「他の社員がした不正を苦にしてはならない」と述べた。

 だが、野党・緑の党は運輸省が7月に作成した答弁書から「政府が以前から排ガスの検査結果を改ざんする装置の存在を把握していた」と主張し、政府・与党を追及する姿勢を鮮明にしている。ドブリント運輸相は23日、「新聞報道まで知らなかった」と反論したが、長期間不正を見抜けなかった運輸省にはメディアも厳しい目を向ける。

 ドブリント氏はVW問題の調査委員会を設置し、職員をVW本社に派遣して関係書類などを調べている。今後、違法ソフトが搭載されたVW車などが、国内や欧州連合(EU)の基準に適合していたかなどについても調査する方針だ。

 VWは独最大の民間企業で従業員は約60万人。うち約27万人は国内の社員で、雇用の悪化が懸念される。VWの本社があり、株主でもあるニーダーザクセン州のバイル州首相は23日、監査役会の記者会見で「企業の信用が大きく傷ついた。監査役会として再発防止のため徹底して調査する」と表明した。

 難民問題に続くVW会長辞任劇で、メルケル首相にとっては息つく間も与えない展開となった。首相は22日、「できるだけ早く事実が明らかにされることを望む」と述べ、VWや運輸省の調査を見守る考えを示した。

毎日新聞 2015年09月24日 12時22分
アメリカにおいて排ガス規制を不正逃れしたことで騒動を起こしたドイツを代表する自動車メーカー「フォルクスワーゲン」、ドイツの自動車産業をリードする企業の不祥事だけに、自動車産業のみならずドイツ政府をも巻き込むものになりそうです。

EPA(アメリカ環境保護局)の調査によれば、違法ソフトを車内に搭載したとされるクリーンディーゼル、そのクリーンディーゼルにはドイツの大手自動車部品メーカーが関わっていることも問題で、規制逃れと言うあってはならない事態を起こしたことについて「全く受け入れられない」と批判したけど「数人に起因する被害だ」「他の社員がした不正を苦にしてはならない」との懸念の声が出ており、これはドイツ産業界のイメージに関わる問題ですからね。懸念は当然だと思います。
違法なソフトを搭載してまで排ガス規制を不正の逃れるのって、安心安全とはかけ離れてます!!

フォルクスワーゲン社のCEO(最高責任者)が辞任すると言う騒動にもなったけど、トップが辞任したところで事態は変わりません。
これはフォルクスワーゲン社と言う企業ブランドに傷をつけるものだけじゃない、ドイツ車及びドイツ産業界のイメージを揺るがすものでもあり、ディーゼル車のイメージ悪化を招く由々しきものです!! 主な燃料となるディーゼル油の安全性および環境への影響だって及ぼしかねないし、取り返しのつかないものではないでしょうか。
アメリカではフォルクスワーゲン社を相手取って集団訴訟を起こす動きが出そうだし、こう見るとかなりの窮地に立たされてます。アウディやメルセデスなど他のドイツ車メーカーにとってこの騒動は他人事ではないでしょう。

そう言えばフォルクスワーゲンはブンデスリーガの強豪クラブ・ヴォルフスブルクのスポンサーでもあるから(本社がヴォルフスブルクにあることで)、クラブに与える影響もありそうですが、考えすぎでしょうか、そこは。

theme : 自動車・バイク関連ニュース
genre : 車・バイク

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード