中村勝広GMが急死

評価について賛否両論ある方でした。最も「否」の部分が多いですが・・・。

引用

阪神・中村勝広GMが急死 66歳 ホテルで心肺停止状態に…

 プロ野球阪神タイガースのゼネラルマネジャー、中村勝広(なかむら・かつひろ)さんが23日、亡くなった。66歳。千葉県出身。

 この日正午前、都内のホテルの部屋で心肺停止状態で見つかった。救急隊が到着した時には既に全身が硬直。その場で死亡が確認された。病死とみられる。

 中村さんは、1971年のドラフト2位で早大から阪神に入団。1年目から頭角を現し、3年目で二塁手のレギュラーを獲得、堅実なプレーで70年代のチームを支えた。82年に現役を引退。翌年から阪神の2軍監督を務め、86年にはウエスタン・リーグでの優勝を果たした。

 90年に1軍の監督に昇格。92年に2位とAクラス入りしたものの、翌年以降は低迷が続いた。95年7月23日を最後に途中休養し、シーズン終了後に辞任した。

 2003年からオリックスのGMに就任。06年からオリックスの監督就任したが、5位に終わり、1年で辞任。その後も09年まで球団に残った。12年8月、阪神のGM就任要請を受け、翌月にGMに正式就任した。

[ 2015年9月23日 14:57 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
一部ファンからは「負広」「暗黒の使者」なんて批判されている阪神・中村勝広GM、その中村氏が23日に都内のホテルで心肺停止状態で見つかり、死亡したってことが明らかになったけど、シーズン終盤での突然の訃報に半ば驚いてます・・・。

70年代の阪神において堅守を武器に主力として活躍、82年に現役を引退後は2軍監督やヘッドコーチを努め、90年から監督になるも良かったのは「亀新フィーバー」の92年だけであとは全然ダメで、6年目の95年途中で休養、監督在任5年7ヶ月と言う球団史上最高在任ではあったものの、あまりファンからは批判的な目で見られてます・・・。
現に2012年にGMに就任した際一部から「暗黒の使者」などと批判を浴びたが、監督時代の不振とチーム作りでことごとく失敗続きだったからでしょう。野田浩司やトーマス・オマリー、池田親興と言った在任中に放出した者が大活躍、一方で獲得した者(藤本修二《ダイエーから》・松永浩美・山沖之彦《オリックスから》など)は期待外れ続きだったこともまた風当たりが強くなった要因だし。

監督としてのしくじりが強いせいでファンからいい目で見られてないが、フロントに取っては扱いやすいからGMとして招聘したかも知れないけど、その流れを今汲んでいるのは和田豊監督かも知れないです。現役時代セカンドだった共通点もあるし。

心肺停止状態でそのまま帰らぬ人となった中村氏、今はただご冥福を祈るしかないです。

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード