安保法案の賛否を問うリミットが迫る

成立を目指す野党とそれを阻止せんとする野党、さらに世論は法案に賛否渦巻いてますが、大荒れの中採決が近づいてます。

引用

大詰め安保法案、首相「議論尽くせば採決」 「派遣」国会関与、閣議決定へ

 ■一部野党取り込み

 安全保障関連法案の参院採決時期をめぐり、大詰めの与野党攻防が始まった。安倍晋三首相は14日の自民党役員会で「議論が尽くされれば採決するのが民主主義のルールだ」と強調。役員会では週内の法案成立を確認した。野党の切り崩しも狙い、自衛隊の海外派遣の国会関与などを閣議決定する方針だ。野党は内閣不信任決議案などの提出も含め、徹底抗戦する構えだ。

 「今週の採決・成立に向け、政府・与党結束して緊張感を持ちたい」

 自民党の谷垣禎一幹事長は、役員会でこう強調。野党が抵抗しても週内の成立を譲らない考えを示した。

 与党は、一部野党の取り込み策もぬかりない。自民党の高村正彦副総裁と公明党の北側一雄副代表は14日、首相に面会。新党改革と次世代の党、日本を元気にする会の野党3党と合意した内容について、閣議決定する方針を確認した。

 海外派遣に関する国会関与の強化などが対象となる見込み。与党は条文の修正要求には応えないが、一定の配慮を示す。付帯決議への盛り込みも検討する。

 週内の決戦に向け、国会内の緊張は高まっている。

 「そろそろお願いしたい」

 自民党の吉田博美参院国対委員長は14日、民主党の榛葉賀津也参院国対委員長と会談し、参院平和安全法制特別委員会での採決を提案。しかし榛葉氏は「次国会へ継続審議にすればいい」とすかさず拒否した。

 民主党の枝野幸男幹事長は14日、記者団に「民主主義は多数決とイコールではない」と述べ、与党の動きを牽制(けんせい)。北沢俊美元防衛相も特別委で「廃案にするか衆院を解散して信を問うかだ」と脅してみせた。

 法案の採決時期をめぐっては、自民党内でも衆参でズレがある。衆院側は16日の地方公聴会後、同日中に特別委で採決し、参院本会議で17日か18日未明までに採決すべきだと主張。一方参院は丁寧な審議を求め、本会議採決は18日まで先送りするとの立場だ。

 ただ成立が土曜日の19日にずれこめば、反対デモなどが過熱するのは明らか。このため、衆院側は憲法59条に基づき、衆院3分の2以上の賛成で再可決する「60日ルール」の適用も視野に入れる。15日には与野党国対委員長会談も開く。

最終更新:9月15日(火)7時55分 「産経新聞」より
参議院における安保法案採決が近づく中、週内での法案成立を目指す与党・自民党、安倍晋三総理曰く「議論が尽くされれば採決するのが民主主義のルールだ」と正当性を訴えてますが、内閣不信任決議案提出も辞さない姿勢で廃案に持ち込みたい民主党など野党との鍔迫り合いとなること必至です。

「今週の採決・成立に向け、政府・与党結束して緊張感を持ちたい」と谷垣禎一幹事長はこう息巻いてますが、例え野党や世論の一部が反対しようが週内成立だと言わんばかりな姿勢です。
法案採決の時期について、衆参でズレがあるなど課題もあるが、成立が遅れたら反対デモや集会の火に油を注ぎかねないだけに、衆議院において3分の2以上の賛成で再可決できる「60日ルール」の適用も考えており、駆け引きは続きそうです。

今回の閣議決定では自衛隊の海外派遣について国会が関与できるとの条文もあり、ますます自衛隊を巡る駆け引きがエスカレートしますが、賛否を問うリミットは刻々と近づいてます・・・。

議論を尽くされれば採決。って国会で充分な議論を重ねてきたのか甚だ疑問はあるだけに世論にすれば「不充分だ」って指摘もありますが、そこら辺はどうお考えですか?
野党も野党で、感情論と憲法9条擁護体質だけでただ「反対」を叫んでては余計支持を得られない感じもするが。

theme : 国家論・憲法総論
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード