白鵬、初日からいきなり黒星も「負けは負け」と淡々

どうも最近の白鵬には絶対的な強さに陰りが見え始めたと感じます・・・。

引用

白鵬 いきなり初日黒星も潔く「見ての通り。負けは負け」

 初日黒星の白鵬は「言うことないんじゃないの。見ての通り。負けは負け」と潔く黒星を受け入れた。「(隠岐の海は)巻き替えた瞬間に前に出た。そこらへんの勝負勘が良かった」と相手を褒めた上で「巻き替えた分だけ起き上がっちゃいました」と敗因を冷静に分析。36度目の優勝へ「またあしたから」とすぐに切り替えた。

 いつもと違う初日だった。ここ数年の白鵬は「初日に6~7割でいけば終盤にいいものが出る」と場所前2週間で仕上げる調整スタイル。だが、今回は約20日に及ぶ夏巡業で積極的に稽古を積んだ。さらに場所前。所属の宮城野部屋が耐震性の問題で土俵が使えず、通常より1週間早く出稽古を開始するなど明らかにハイペースだった。

 初日を落としたのは2場所ぶりで、横綱に昇進してから5回目。そのうち3度は優勝も、直近の2度はいずれも苦杯を喫している。この日朝、完成したばかりの移転先の土俵で初めて汗を流した際には「変わらない。土俵の大きさは一緒だから」と強調。「ラストスパートみたいにやっていきたい。相撲人生の。ここで頑張る」と決意を新たにしていたが、いきなりつまずいてしまった。

[ 2015年9月14日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
初日いきなり隠岐の海に寄り切られて黒星を喫した白鵬、横綱がいきなり黒星と言う展開に衝撃の幕開けとなりそうだが、当の白鵬「言うことないんじゃないの。見ての通り。負けは負け」とあっさり現実を受け入れたみたいです。

隠岐の海が巻き替えた瞬間前に出たことで焦った感もあるけど、今までだったら相手に巻き替えしを許さず投げに入ってたところだが、それが出来なかったことはどうも白鵬に「らしさ」が見えないと思うね。
場所前に出稽古しまくったせいか、その疲労が出てるんじゃないかとすら思うし、かつての絶対的な強さに陰りが見えてきたと言っていいでしょうかね・・・。

淡々と負けを認めて次に気持ちを切り替えたが、いい方向に行くんでしょうか・・・。

theme : 大相撲
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード