初優勝を前にとんでもない「不祥事」

球団創設以降ほとんどBクラスだった広島カープ、その広島が初優勝を飾ったのは今から40年前ですが、当時の広島の盛り上がりは実に熱狂し、いかに広島カープに対する愛情が強いことを物語ってます。創設当初資金難により市民からの「樽募金」で持ち堪えたエピソードをはじめ。
ただ!! 球団愛が行き過ぎたのか、揉め事を起こすこともしばしばあり、他球団から安全面を懸念されてきたのも否めません。中でもこの事件は広島カープの歴史に汚点を残すものでした。んなわけで今から40年前の今日1975年9月10日は、広島市民球場での広島対中日戦で試合後に乱闘騒ぎが起こった日です。初優勝を果たした年ではありますが、その前に起こった不祥事に触れない訳には行きません。

1975年、これまで万年Bクラスだった広島カープは優勝争いに最後まで加わり、最終的に優勝を果たし、とりわけチーム創設初となる優勝を決めた年でもありますが、この年首位を争っていた中日との試合で試合後に事件を起こしたのをご存知だろうか?
1975年9月10日、広島市民球場で行われた中日戦、試合は5-1で中日がリードした中で迎えた9回裏、広島は粘りを見せて1点差に詰め寄り、当然ファンのボルテージも高まり、そのボルテージが冷めやらぬ中で広島の主砲・山本浩二と言う場面、ファンの期待は山本に向けられ逆転打を期待した! 山本はセンター前ヒットを放つと、2塁ランナー・三村敏之が3塁も回ってホームに突入! 中日のセンター、ローンがバックホームでキャッチャー・新宅洋志に上手く返球、クロスプレイとなるも三村は無情にもアウト! 同点を信じた広島ファンの願いも空しく試合終了・・・!!
しかし! この後三村が何と新宅に殴りかかろうとしたのだった! 直前のタッチで頭を叩かれたと思い込み「今のタッチはないだろ!」と言わんばかりに飛びかかったが、騒ぎを受け両軍ナインが一斉にグラウンドになだれ込む! 試合終了にも関わらず両軍がエキサイトした。

これだけで済まなかった、何と広島ファン数百人がグラウンドに乱入し中日ナインを襲撃すると言う今では考えられない行為に出たのだった!! サッカーのフーリガンよろしく大暴れ、中日ナインを襲っただけでなく扉のガラスまで破壊すると言う暴動さながらの展開となった。太平洋クラブライオンズのファン以上に歪んだ球団愛がとんでもない結果となったのは言うまでもない。

騒ぎを受け中日は広島に対し抗議と球場の警備強化を訴えるも、広島側は「観客の良識に任せる」と何とも人事な対応に出たのだから、広島フロントは事件を重く見てないのかとも言いたくなる。
結果翌日の試合は中止となったが、今だったらば無観客試合処分もしくは当面の本拠地開催禁止処分が下ってもおかしくなかったし、球団に多額の制裁金が下ってもおかしくない。当然新聞でも批判記事が出たんでしょうね「ファンのマナーがすこぶる悪い広島」「広島市民球場は安心して試合が出来ない球場」と。

この1ヶ月後初優勝を果たし、広島市民球場で初めてとなる日本シリーズが開催されたが、この事件の影響で無事にできるのかと懸念されたがそちらでは難なく問題も起こらなかったことは幸いなことだった。

この事件、いかに広島カープに対する愛情が行き過ぎたことを物語るエピソードと言えるし、当時の広島ファンがいかに熱狂的過ぎていると言えるものです。今やカープ女子なる女性ファンも増加するなど広島ファンは大人しくなりつつあるが、昔は相当熱狂的だったからねェ・・・。今はまた球場の警備も強化されてますし、乱入騒ぎも無くなったことは幸いなことである。
まァ昔と今じゃファンの質も違いますからね・・・。

theme : 広島東洋カープ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード