預金など個人資産が漏れるリスクが

国民の理解が進んでないにも関わらず制定していいものかと言う疑問もある中で・・・!!

引用

改正マイナンバー法成立=18年から預金口座に適用―年金との連結は延期

 来年1月に運用が始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げる改正マイナンバー法と、改正個人情報保護法が3日の衆院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で成立した。
 改正マイナンバー法は2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適用することが柱。日本年金機構の個人情報流出問題を受け、マイナンバーと基礎年金番号の連結は延期した。
 マイナンバーは、日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り振る制度。10月から国民への通知が始まる。行政機関などは、納税や社会保障給付に関する情報をマイナンバーで一元的に把握できるようになる。
 改正マイナンバー法では、マイナンバーの利用範囲を預金口座や特定健康診査(メタボ健診)にも拡大。預金口座へのマイナンバー登録は預金者の任意とし義務付けは避けたが、登録により税務当局や自治体は、脱税や生活保護の不正受給を減らせると見込む。また、メタボ健診や予防接種の履歴情報とマイナンバーを結び付けると、引っ越しや転職をした場合でも、自治体や健康保険組合の間で健診情報を引き継げる。
 改正個人情報保護法は、蓄積された膨大な個人情報をビッグデータとして企業が利用しやすくする一方、情報漏えいに対する罰則を設けた。

最終更新:9月3日(木)15時29分 「時事ドットコム」より
来年1月に社会保障と税の共通番号、マイナンバーの利用範囲を拡大する改正マイナンバー法改正個人情報保護法が衆議院本会議において賛成多数で成立したけど、マイナンバー制度に対して国民の理解が進んでない中での成立はどうなのか・・・!!

来月から国民への通知が始まるマイナンバー、今回の改正案では利用範囲を預金口座及び特定健康診査にまで適用するって言うけど、ちょっと待ってほしい。年金機構の漏洩問題をはじめ消えた年金問題が解決してない中でやるのはどうかと思うし、国民の意見を無視する形で政府が独断で決めるのは一種のエゴに映ります。年金記録の管理が出来ない行政にやらせるのも不安でしかないです。
預金口座にまで適用するのは、行政による監視体制に他ならないし、本来特定機密にすべき個人や企業の預金額をいとも簡単に公表するのって危険だと思ってないんでしょうか?
もし個人情報が漏洩したりするトラブルが起こったら、その責任は誰にあるのかと言いたくなります。預金額が人様に公表されたんじゃ・・・、溜まったもんじゃないし下手すりゃ振り込め詐欺などが増加するんじゃないかとの懸念だってあります。

これは個人情報保護とは名ばかりのものではないでしょうか!?

theme : このままで、いいのか日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード