「沈みゆく大国 アメリカ」

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)参加を巡って賛否ある日本、グローバル化に乗っかろうと推進論者は言うけども、アメリカ主導のグローバル化に乗っかれば日本社会が破滅へと追い込まれるリスクが多くなるだけに、アメリカ型市場経済主義に対して懐疑的な見方があるのも事実です。戦後教育とアメリカによって劣化した日本、余計劣化を招きかねないです。
この本は、そんなアメリカ型市場経済主義に警鐘を鳴らす本として私が思うにぜひ読んでもらいたい本です。

「沈みゆく大国 アメリカ」(堤未果著・集英社新書)

序章 「1パーセントの超・富裕層(スーパーリッチ)たちの新たなゲーム」
第1章 ついに無保険者が保健に入れた!
第2章 アメリカから医師が消える
第3章 リーマンショックからオバマケアへ
第4章 次のターゲットは日本

先進国最悪の格差社会であるアメリカ、なぜこうなったかと言うと、ウォール街で繰り広げられる富裕層中心のマネーゲームによるものもだし、日本と違って国民皆保険の概念がなく、サブプライム危機及びリーマン・ショックによる経済危機がそれに追い打ちをかけたことにあります。その被害者は中間層などで医療破産やワーキングプアの問題に苛まれてるのも事実なのだ。

それを正そうとバラク・オバマ大統領はオバマケアなる保険制度見直しを始めたけど、それでもがん治療患者は自己負担で薬を購入せねばならない、その薬も一粒が日本円にして10万円と言うボッタクリバー的な価格だから、唖然とするよね・・・。
なぜここまで多額の医療費がかかるのか? 保険会社や製薬会社の金儲けの為だけに高額の医療費を市民に課してるように見えるけど、患者の命よりも自分たちの利益かと言いたくなる。医療費が嵩んで自己破産、家も失う。最悪だよ。
やっと保健には入れて十分な医療を受けられると思った矢先、メディケイド(低所得者を対象とした医療制度)患者にとってこんな現実が起ころうとは誰が想像したのだろうか・・・。

病気を治療する医師も同じ境遇にある。オバマケア導入でメディケイド患者が殺到したことは最大の理由だけど、何かあればすぐ訴訟に出るアメリカ社会のこと、事あるごとに患者に訴訟を呼びかける弁護士の医療訴訟ビジネスによって過酷な労働環境とプレッシャーをもたらしてるのだから、弁護士の金儲けの為だけに医師の社会的信用を落としてまでやるような風潮があるのかと言いたくなる。医療を歪んだビジネスの道具にするのは健全とかけ離れたものでしかない、アメリカはやはり狂ってんじゃねェか。頭がイカレてるを通り越したくもなった。

製薬会社、保険会社、弁護士、富裕層などの高笑いが今にも聞こえてきそうなもんだが、日本はアメリカ型市場経済主義をこれ以上導入しては余計格差社会を招くだけです「国民皆保険制度を潰してなるものか!」と私は感じました。一部の金持ちだけが得をしてほとんどの人たちが泣き寝入りなんて腐った社会でしかない!! TPP及び市場経済主義大好き論者はアメリカの現実を見ろよ!! アメリカ礼賛体質は堕落しかありません!!

日本社会の今後に関わってくるであろう問題だけに、この本に目を通していただきたいです。

theme : オススメの本の紹介
genre : 本・雑誌

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私もこの本を読みましたが、安倍政治はまさにアメリカのこの道と同じ道を進もうとしています。
アメリカの轍を見れば、本当に国民のためになるのか、1%の国民のためだけになるのかが分かります。

TPPの金融やサービス部門で、日本の皆保険制度が崩壊しないようにしないといけないですね。

Re: No title

竹林泉水様

コメントありがとうございます。

あなたもこの本をご覧になったんですか。まさにその通りで日本の国民皆保険制度を脅かしかねないだけに、注意深く見て行きましょう。
日本はなぜそこまでしてアメリカの考えややり方を真似しようとするのか? アメリカの利益の為に国益を売り渡すようなのは売国行為でしかありません。戦後一貫してアメリカしか見てこなかった日本、いい加減そのアメリカを有難がってては日本の将来になりません。富裕層だけが得をする社会にしてはならない。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード