長友の新天地は・・・!?

インテルでの今の立ち位置が中途半端なことで、放出が濃厚ですが移籍先に挙がるクラブが浮かんでは消えの繰り返しなことがますます中途半端な位置づけになってるけど、ここに来て新しい移籍先が出てきたみたいです。

引用

長友、ジェノア移籍が有力に? ペロッティとのトレードが迫ると報道

インテルDF長友佑都の新天地は、ジェノアになるのだろうか。イタリア『スカイ・スポーツ』や『gianlucadimarzio.com』は、インテルがジェノアMFディエゴ・ペロッティ獲得に近づいていると報じた。そしてトレードで長友がジェノアに向かうという。

インテルのロベルト・マンチーニ監督は以前からサイドアタッカーの獲得を希望している。ヴォルフスブルクMFイヴァン・ペリシッチを狙ってきたクラブだが、移籍形態や移籍金の支払い方法などで両クラブは合意に達していないと言われているところだ。

そこでインテルがペリシッチの代役として関心を寄せていたのがペロッティだ。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は同選手の放出を否定していたが、イタリアメディアは両クラブがペロッティの移籍について交渉を続けていると報じていた。

そして、そのペロッティのインテル移籍が実現に近づき、交渉には長友のトレードが織り込まれているそうだ。当初、インテルへの愛情からイタリア国内での移籍に否定的だったとされる長友だが、最近では方針を変えてセリエAの別のクラブへの移籍も受け入れる姿勢と言われていた。

インテルで親しくなったFWアントニオ・カッサーノが加入したサンプドリアも長友への関心が報じられているが、『gianlucadimarzio.com』は、長友がジェノア移籍を受ける姿勢だと伝えている。『スカイ』の報道として複数メディアが伝えたところによると、かつてインテルでも指揮を執ったジェノアのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、電話で長友を説得したという。

オフシーズンを通じて去就が騒がれてきた長友だが、ジェノア移籍という結論に至るのだろうか。

最終更新:8月19日(水)8時30分 「Goal.com」より
本田圭佑同様去就が騒がれた長友佑都、かねてから噂に上がったガラタサライ(トルコ)への移籍話はあっさりと消え、不透明なものとなったけど、ここに来てインテルはジェノアのミッドフィルダー、ディエゴ・ペロッティを獲得する方針で、それに伴い長友をジェノアへと放出すると言うシナリオを描いているみたいです。

インテルは当初ヴォルフスブルクでプレーするイヴァン・ペリシッチを獲る予定だったが、交渉が難航したことでその代役としてペロッティを挙げたことで、一気に話が急転したように見えます。

この影響で宙ぶらりんの長友に及んだが、セリエAの他のクラブへの移籍を当初は渋ってはいたものの、これでは自分のキャリアの成長に悪影響が出ると言うことで、セリエAの他クラブに移籍し新たな活躍の場を見つけねばと危機感を持ったんでしょう。
キングカズこと三浦知良も過去にプレーしたジェノアが長友の新天地となるのだろうか。多分ジェノアもサイドアタッカーと言うかサイドバックでの新戦力が欲しいから動いたのかも知れないけど・・・。

theme : サッカー
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード