柳ゆり菜の勢いは留まることを知らない

近年のグラビアアイドル界はAKBなど48グループばっか目立ちがちだが、その48グループを抑えて表紙回数が多かったのは・・・!!

引用

上半期の顔!柳ゆり菜、AKB勢抑え堂々“初代グラビアクイーン”

タレント、柳ゆり菜(21)が主要26誌における「グラビアアイドル表紙登場回数ランキング」で今年上半期の1位に輝いたことが16日、分かった。

 「週刊プレイボーイ」のウェブ版「週プレNEWS」が初めて調査したランキングで、柳は「週刊ヤングマガジン」などに13回登場。12回で2位の橋本マナミ(31)、10回で3位のHKT48の宮脇咲良(17)らを抑え、“初代グラビアクイーン”に輝いた。

 約2年前に「ヤンマガ」の表紙グラビアでデビューした柳は、「もともとぽっちゃり体形にコンプレックスがあったので、この結果に自分が一番驚いています」と大喜び。グラビア撮影前にはプチ断食や腹筋を100回してくびれを作るなど努力しているそうで、「多くの人々に手に取ってもらえるような、私らしい笑顔のパワーを出せていたらうれしい」と笑みを浮かべた。

「『ZAKZAK』2015.08.17付記事」より
「週刊プレイボーイ」など主要週刊誌において行われる「グラビアアイドル表紙登場回数ランキング」、今年上半期のトップにグラビアアイドル・柳ゆり菜が1位になったけど、一昨年のデビュー以来グラドル界で高い人気を誇っており、去年のNHK連続テレビ小説「マッサン」ではヌードポスターのモデルとなったことで知名度を上げるなど活躍してますが、今回今年の上半期における週刊誌の表紙を飾った回数が多かったことは、人気と知名度が結構出てきたことの表れと取れます。

「多くの人々に手に取ってもらえるような、私らしい笑顔のパワーを出せていたらうれしい」と笑みを浮かべた柳、柳の人気は留まることを知らずバラエティ番組でも頻繁に見るくらいだから、今度はテレビのレギュラーでしょうね。

48グループを抑えて1位になった柳「アイドル雑誌のみならず週刊誌でもAKBなど48グループばかりが注目されるけど、本家グラドルだって負けちゃいない」ってことでしょう。
グラドル界ではまだ若手の部類に入る柳、磯山さやかや川村ゆきえ、杉原杏璃と言ったベテランにどれだけ追いつけるのか、見ものです。

今勢いのあるグラビアアイドルと言うより、女性タレントの1人に挙げてもいいかも知れません。

theme : グラビアアイドル
genre : アイドル・芸能

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード