今度はインドネシア機が

マレーシア機の事故の真相究明が本格的に始まった矢先、今度は・・・!!

引用

54人搭乗のインドネシア機が消息絶つ 「住民が残骸発見」

【8月17日 AFP】インドネシア東部のパプア(Papua)州で16日午後、乗客乗員54人を乗せた旅客機が消息を絶った。当局によると、険しい山岳地帯で同機の残骸が地元住民によって発見され、救助隊が現場に派遣された。

 捜索救難当局によると、この旅客機はインドネシアのトリガナ航空(Trigana Air)が運航していたATR42-300ターボプロップ双発機。子ども5人を含む乗客49人、乗員5人を乗せ、パプア州都ジャヤプラ(Jayapura)から離陸し、山岳地帯にあるオクシビル(Oksibil)までの約45分間のフライトを開始したが、着陸予定時刻の約10分前の16日午後3時(日本時間同)ごろ、着陸降下開始の許可を求めた直後に航空管制との連絡が途絶えた。

 当局は当初、Okbape地区の住民から航空機墜落の目撃情報が寄せられたと発表。運輸省はその後の発表で、山中に墜落した航空機の残骸が村人によって発見されたとの情報があり、真偽の確認を進めていることを明らかにした。生存者の有無についての情報は今のところない。

「国際ニュース『AFPニュース』」より
インドネシア・パプア州東部で乗客乗員54人を載せたインドネシア・トリガナ航空の旅客機が突如消息を絶つと言う事態に陥り、その後山岳地帯でその旅客機の残骸が見つかったって言うけど、いわゆる「テロか? 事故か? 旅客機は謎の空中爆発を遂げた」(by「たけしの挑戦状」)的な感じがします。

住民が残骸を見つけた、だとしたら旅客機は出発してすぐトラブルに巻き込まれたって感がするけど、これがテロなのか事故なのか、真偽は分からないが生存者についても確認が取れず、去年のマレーシア機消息不明事故に続き、またも東南アジア系航空の旅客機が不可解なミステリーに巻き込まれたってことは、何か呪われてるのだろうかと勘ぐりたくなります。

インドネシア当局が直ちに真相究明に動くようだが、この事故も謎が多そうです。
マレーシア機のケースみたいに、ロシアが絡んでそうなんてことは・・・!?

インドネシア国内で暗躍するイスラム過激派勢力によるテロか? それとも エンジントラブルによる事故か? いち早い真相究明が望まれます。

theme : 謎だらけ
genre :

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード