御巣鷹を忘れるな

今から30年前の今日1985年8月12日は、日航機が群馬県の御巣鷹山に墜落し、520人が死亡すると言う未曾有の飛行機事故が起こった日です。この日は日本の航空史において忘れてはならない日でもあります。
毎年のようにこの日は犠牲者の遺族らが御巣鷹山に慰霊登山するのが恒例ですが、あれから30年、遺族らの高齢化が進む一方だけども、事故を知らない世代が多くなっている今日この頃、私は思うにあの事故を風化させてはならないと願います。私は当時5歳でこの事故のことは後年になって知ったけど、凄まじい飛行機事故だったって印象があります。

あれから30年、飛行機業界を取り巻く環境は変わりつつあるけど、LCCなど格安航空の台頭もあるこの頃、コスト削減などに重みをおいて肝心の安全性が疎かになったらどうするのかと私は懸念だってします。
あの事故を知らない世代が多い今、後世に伝えねばならないのもメディアの役割だから、事件や事故を風化させない為に関連した報道をやってほしいものだ。

公共交通機関は今一度安全とは? あの事故から学ぶべき教訓は何か? 改めて考えていかねばなりません。
事故を風化させない為にも社会が率先して伝えねばならないです。

御巣鷹を忘れることは、あの事故を風化させるに等しいものです。改めてあの事故で犠牲となった方々へご冥福をお祈りします。

theme : 思うことをつれづれに
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード