1年以上経って見つかったあのマレーシア機

消息不明となって1年以上経ちますが、ここに来て大きな進展が見られたみたいです。

引用

不明マレーシア機の残骸と確認=謎解明に前進―ナジブ首相

【クアラルンプール時事】インド洋のフランス海外県レユニオン島の海岸で7月に見つかった航空機の残骸に関し、マレーシアのナジブ首相は6日、2014年3月に行方不明になったマレーシア航空機のものと確認されたと発表した。
 不明機の機体が確認されたのは初めて。残骸を詳細に分析することで真相究明につながる可能性もあり、発生から500日以上経過した「航空史上最大級のミステリー」は解明に向けて一歩前進した。
 ナジブ首相は「とても気が重い発表だが、専門家による国際チームは残骸が不明機のものだと最終的に確認した」と語った。
 発見されたのは「フラッペロン」と呼ばれる主翼の一部。仏当局は5日、南部トゥールーズの研究施設で残骸の本格的な分析に着手した。検察当局は初日の作業終了後に記者会見し、塗装などの特徴がマレーシア航空の機体と一致したと説明、「残骸が不明機の一部である可能性が極めて高い」と述べた。

最終更新:8月6日(木)8時26分 「時事ドットコム」より
昨年3月に消息不明となったマレーシア航空の航空機について、先月にインド洋にあるフランス自治県であるレユニオン島の海岸で航空機の残骸が発見され、調査した結果消息不明となっていたマレーシア機のものであることが確認されたみたいです。

てことは、あれから謎ばかり深まっていたマレーシア機不明事件の真相究明につながる可能性が出てきたってことですか。

ナジブ・ラザク首相は発見を受け「とても気が重い発表だが、専門家による国際チームは残骸が不明機のものだと最終的に確認した」と会見でこう述べたけど、1年以上経って動きが出たことにはちょっとした安堵感もあるのでは・・・?
この航空機の残骸を分析することで真相究明に繋げたいが、残骸が見つかったってことは墜落した可能性が大きいし、まず墜落した原因を調査することも重要な課題なんじゃないだろうか。

航空最大のミステリーの謎がちょっと解けたような気がしますが、この事故で犠牲となった方々に改めて冥福を祈りたいです。

theme : 未解決事件・迷宮入り事件
genre :

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード