カメルーンでもボコ・ハラムの魔の手が

 ISILと同様傍若無人の限りを尽くすあの組織の暗躍は留まることを知らない・・・!!

引用

少女2人の自爆攻撃などで50人以上死亡、ボコ・ハラムか

【7月23日 AFP】ナイジェリア北東部と隣国カメルーン北部で22日、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」によるものとみられる攻撃で、合わせて50人以上が死亡した。

 カメルーン北部のマルア(Maroua)では少女2人による連続自爆攻撃があり、11人が死亡した。地元の知事によると、2人は「15歳未満」の少女だという。現地のジャーナリストによれば、地元当局に近い情報筋は、「物乞いをしていた少女2人が自爆し」、現場は「完全なパニック状態」になったと話しているという。

 一方、ナイジェリア北東部ゴンベ(Gombe)では、2つのバス停で複数の爆発があり、42人が死亡した。

 これらの爆発が起きる前には、ボコ・ハラムがツイッター(Twitter)に新たな動画を公開し、「われわれは負けていない。おまえたちが予想もしないところから現れる。前よりも強くなって」と主張していた。

 ボコ・ハラムに対抗するため、ナイジェリア、ニジェール、チャド、カメルーン、ベニンの近隣5か国の軍の合同部隊が今月30日までに配備される予定になっている。この6年程で勢力を拡大しているボコ・ハラムは、これまでに少なくとも1万5000人を殺害し、地域の安全を脅かしている。

 「国際ニュース 『AFPニュース』」より
 ナイジェリアを中心にテロなどを起こすイスラム過激派組織ボコ・ハラム、その傍若無人はナイジェリア国内に留まらず隣国カメルーン、チャドなどでも起こしてますが、22日にナイジェリア北東部にあるゴンベで爆弾テロが起こり、同日カメルーン北部でも爆弾テロが起こったと言うことで同時多発的なものに見えます。
 この爆弾テロで50人以上が死亡と、相変わらずボコ・ハラムの残酷さを物語るものだが、以前にも増して凶悪になっているような気がします。

 カメルーンでの爆弾テロでは、何と!! 少女2人による自爆テロだったと言いますから、これには女性を平気に利用したとしか思えないし、惨たらしいにも程がありますね。
 もしかしてその少女はボコ・ハラムが拉致した少女なのかと思うとゾッとする。

 ナイジェリア政府はカメルーンなど近隣諸国と合同で部隊を編成するみたいだが、国境を超えて傍若無人に振る舞うボコ・ハラムにはナイジェリア政府だけでは手に負えないくらいのレベルになったように見えます。
 ムハンマド・ブハリ大統領はボコ・ハラム掃討を公約に掲げているものの・・・!! ボコ・ハラムの暗躍はナイジェリアだけの問題でないことは確かです。

「われわれは負けていない。おまえたちが予想もしないところから現れる。前よりも強くなって」と意味深な声明を出してきたが、これはナイジェリア社会に対する”脅迫”か。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード