イランにとってこの合意は「勝利」?

 イランの核開発疑惑を巡る協議がウイーンにて行われましたが、最終的に合意にこぎ着けたことでイラン国内は歓喜してるみたいです。

引用

イラン最高指導者ハメネイ師、核協議合意を支持

【テヘラン=久保健一】イランの最高指導者ハメネイ師は14日、ロハニ大統領や閣僚との夕食会で演説し、核問題をめぐる同国と6か国の交渉が合意に達したことについて、交渉団の「誠実かつ勤勉な努力」をたたえ、合意への支持を表明した。国営テレビが伝えた。

 同国の最高意思決定者が合意を容認したことを明確に示すことで、合意に反対する国内の反米強硬派勢力を抑え込む狙いがあるとみられる。

 2015年07月15日 10時02分 読売新聞
 核問題を巡るイランとアメリカなど6カ国との交渉は、合意と言う結果になったことで「これは我々の勝利だ」と言わんばかりにイラン国民は歓喜してますが、当然の如く最高指導者アリー・ハメネイも合意を支持する声明を出したみたいです。

「誠実かつ勤勉な努力」と交渉団の努力を称えましたが、合意をよく思わない反米強硬派勢力を封じ込む狙いもあるかも知れません。今のハッサン・ロウハニ政権が保守穏健派だったからよかったものの。
 今回合意した核関連措置をイラン側が履行したと言うことをIAEA(国際原子力機関)が確認することを認める前提で経済制裁の全面解除に踏み切る狙いはありますが、どっちみちイランの出方次第で前進か逆戻りかってことでしょう。

 イランの勝利に等しいこの協議、政府にとっても国民一般にとってもイランにとって喜ばしい日になったのではないですかね。イラン国民の大半が経済制裁を解除してほしいって言ってるんだから、その解除につながる合意にはなお更ですけど。
 ハメネイ師もだが、ロウハニ大統領が一番喜んでるのでは。

 まァイランを危険分子と見なしているアメリカの保守派及びイスラエルは歯ぎしりしてますけども。あとはスンニ派国家であるサウジアラビアもだ。

theme : 国際問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード