キューバと半世紀ぶりに「和解」

 対立から融和、そして国交正常化、大いなる前進と言っていいでしょう!! 過去のわだかまりを水に流して未来志向の関係に舵を切ったことは有意義なことです。

引用

米キューバ:国交正常化、大使館再開で合意

【ワシントン西田進一郎】米国とキューバは6月30日、双方の大使館再開と外交関係正常化で合意した。米主要メディアが同日、米政府高官の話として一斉に報じた。オバマ米大統領が7月1日午前11時(日本時間2日午前0時)に合意内容を盛り込んだ声明を発表する。両国はキューバ革命後の1961年に国交を断絶しており、54年ぶりの国交正常化となる。

 米国がハバナに、キューバがワシントンにそれぞれ置いている利益代表部を大使館に昇格させる。米政府は、大使館再開について少なくとも15日前に議会に通告しなければならない。ロイター通信は、ケリー米国務長官が7月下旬にハバナを訪問し、大使館再開の式典に出席する可能性があると報じた。

 オバマ大統領とキューバのラウル・カストロ国家評議会議長は昨年12月、国交正常化交渉の開始を発表。今年1月からワシントンとハバナで断続的に交渉を行ってきた。交渉開始と並行し、米国は旅行や送金などの規制を一部緩和した。

 4月には、パナマで開かれた米州首脳会議で59年ぶりに両国の首脳会談が行われ、関係改善を加速させることに合意。米国務省は5月、キューバに対するテロ支援国家指定を33年ぶりに解除するなど、急速に改善に向かっている。しかし、キューバの民主化や人権など、米国が重要視している分野で双方の立場が大きく異なる問題も残っている。

 毎日新聞 2015年07月01日 11時25分
 お互いの大使館再開及び外交関係回復で合意したアメリカキューバキューバ革命以降キューバと断交してきたアメリカが、54年ぶりに国交正常化に踏み切ったみたいです。
 バラク・オバマ大統領いわく「もうキューバを敵視する政策を止めよう、キューバとは未来志向の関係で行こう」ってことで動いてから、半年以上も費やしたと言えます。

 半世紀以上ぶりに首脳会談、テロ支援国家解除、そして今回の大使館再開及び国交正常化とキューバとの関係改善に踏み切ったアメリカですが、民主化や人権問題と言った課題もあるし、またキューバは経済制裁の全面解除なども訴えてますから、それらの課題をクリアしないことにはホントの国交正常化はないと思います。

 キューバとの関係改善に踏み切ったオバマ大統領、これには自身の実績残しにも映るけど、国内の反応も気になります。
 賛否両論ありそうだし、政府内では特に共和党が反発しそうで、キューバを巡る動きは神経質な感じがしますね。

 半世紀以上経って対立から和解へと踏み切ったアメリカとキューバ、隣国にも関わらずいつまでも対立してばかりではお互い未来志向などヘッタクレもない、過去のわだかまりは水に流して未来志向で行こう。ってことだけど、それを全く理解しようとしない国が日本の隣にいるんだけどねェ・・・!! 全く困ったもんだ。

 キューバと国交正常化、キューバがそれに伴い民主化すれば、ベネズエラやボリビアなどの左派政権に及ぼす影響もある。って目論見をアメリカは考えてるのでは・・・!? それは考え過ぎですかね。

theme : 国際政治
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード