あァ、パルマ

 ピッチ内外において最後まで悪い流れは変わりませんでした・・・。

引用

かつての名門パルマが破産 名称を変えアマチュアからの再出発

 現地時間22日(以下現地時間)、パルマ(イタリア)の破産が決定した。期限内に買い手が見つからなかったことで、1990年代に一時代を築いた同クラブは、新シーズンは名前を変え、4部のアマチュアリーグからの再出発を余儀なくされることとなった。

 今シーズン中に経営危機から2度のクラブ売却を行なったパルマは3月、2億ユーロ(約256億円)以上の負債により破産通告を受けた。財政面の問題により、合計で勝ち点9の剥奪処分も受けており、2014-15シーズンのセリエAは最下位でフィニッシュ。これにより降格はすでに決定していたが、借金が完済に至れば、来季はセリエB(2部相当)からのスタートが可能だった。しかし、期限内に新たなオーナーは見つからなかった。

 新オーナーの候補だった、地元の実業家ジュゼッペ・コッラード氏のグループは21日に撤退。さらに、元メジャーリーガーのマイク・ピアッツァ氏も22日の期限直前に撤退。アマチュアリーグへの降格を避けたいというパルマの希望は叶わなかった。

 パルマはGKジャンルイージ・ブッフォン(現ユヴェントス)や、ファビオ・カンナヴァーロ氏、リリアン・テュラム氏といったビッグネームが頭角を現したクラブ。1990年代にはUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝2回、カップ・ウィナーズ・カップ制覇と欧州の舞台でもタイトルを獲得し、1997年にはセリエAで2位に入るなど栄華を誇っていた。

 なお、イタリアではフィオレンティーナやナポリといったクラブが、破産を経験しながらもセリエAへの復活を遂げている。

 最終更新:6月23日(火)12時13分 「ISM」より
 新しい買い手が見つからず破産と言う憂き目に遭ったパルマ、1990年に栄華を誇ったけど2000年代に入り経営危機に陥ってセリエB降格まで味わうなど、栄枯盛衰を絵に描いたようなものだったが、その決定打となった破産と言う結果には、やっぱりなと言うか来るべき時が来てしまったと言うか、何とも儚いものです。

 最後まで負債は解消できず、新しいオーナーも見つからずで、泣きっ面にスズメバチもいいところだよ。

 名前を変えてアマチュアクラブからの再出発を余儀なくされるパルマ、過去にもフィオレンティーナやナポリが味わった地獄をパルマも味わう羽目になっちゃったことは間違いないです。

 これはクラブの将来予想図がいい加減だったことも原因だと思うね。いい加減なマネジメントでクラブ財政を火の車状態にして、選手たちのやる気を削いだのだから、当然ながらフロントの責任はかくも大きいと思う。

 フロントが後先考えずに大掛かりな補強ばかりしたことで結果クラブ財政は火の車、負債解消の為に選手を高値で売りさばいて食いつないだもののクラブの戦力低下と選手たちの士気低下を招いて2部に降格したリーズ・ユナイテッドとは違うが、フロントがいい加減だからこうなったのは同じなんじゃないかな!!

 関連記事としてこちらも見て下さいませ。 →  パルマはどうなっちゃうのか・・・。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード