ここに来て復活をアピール? 橋下氏

 ついこの前安倍晋三総理と会談したことをきっかけに、積極的に動きまくってるみたいです。

引用

発信強める橋下氏、復活の狼煙? 安保ツイッターやパーティー“劇場”さながら

 橋下徹大阪市長が12月の任期満了まで半年となった18日、維新の党最高顧問として国政課題についても「自由に発言していく」と述べた。安倍晋三首相と14日に会談して以降、衆院で審議中の安全保障関連法案に対する持論をツイッターに頻繁に投稿。政界引退の意向は変わらないとするが、19日開催の政治資金パーティーは約千人の来客を見込んでおり、“橋下劇場”と呼ばれた存在感を取り戻しつつある。

 ■「発言の自由」を確約

 「自由な身になりたかったので最高顧問を辞めたいと伝えたら、松野さんから『発言は自由だ』と言われた。安全保障は見直しの時期に来ているので、自由に言わせてもらっている」

 橋下氏は18日の定例記者会見で、安倍首相と菅義偉官房長官との会談前、約2時間半にわたり維新の松野頼久代表や柿沢未途幹事長と面談した際、「発言の自由」を確約されたことを明かした。

 5月の住民投票で「大阪都構想」が頓挫(とんざ)した後、橋下氏は登退庁時の取材対応をやめ、動向が報じられる機会は激減した。ツイッターも途絶えていたが、松野氏らとの面談をきっかけに本格的に再開。「民主党とは一線を画すべき」と書き込み、維新の是々非々路線を堅持させた。

 また国民的な関心が高い安保関連法案に対する持論を連日のように発信。橋下氏は「執行部でもなんでもない一党員の書き込みなんか放っておいてくれたら良い」と笑う。修正協議についても「党の責任者ではなく、何の権限もない。決まったことに従う」と執行部に委ねる考えを示した。

 ■「引退」の真意測りかね…

 ただ、橋下氏の主張には、国会議員を自衛隊の艦船で最前線に送り込み、防衛出動の是非を判断させる-という持論が登場する。これに対し、維新の安全保障調査会の事務局長を務める丸山穂高衆院議員=大阪19区=がツイッターで「あまりに突飛。言うだけならただの評論家になってしまう」と苦言を呈した。

 31歳2期目の若手の意見が腹に据えかねたのか、橋下氏はツイッターで「国会へ行って勘違いしているのでは」と強く反論。記者会見でも「(国会議員を艦船に乗せたいと)本気で思っている。それ以外に(防衛出動に関する)判断の適正性を担保できるのか」と述べた。20日に松野氏らを大阪に呼んで開く勉強会でも伝える意向だ。

 19日には約千人の支援者を集め、後援会主催の政治資金パーティーを大阪市内で開く。記者会見で「早く一般人に戻りたい」と任期満了での政界引退の意思を繰り返したが、発信を強める橋下氏の真意を周囲は測りかねているようだ。他党のある議員は疑心暗鬼になっている。

 「橋下さんの動向だけは先が読めない。首相との会談で、政治を続けたくなるような閣僚ポストの話でもあったのか…」

 最終更新:6月19日(金)8時5分 「産経新聞」より
「民主党とは一線を画すべき」とツイッターで書き込んだのを境に、国政について積極的な意見を出している維新の党最高顧問・橋下徹氏、安保を筆頭にジャンジャン自分の意見を訴えてますが、残りの任期で何か存在感をアピールしたいのか、それとも実績残しなのか・・・。

 大阪都構想が頓挫したことで政界引退を表明したものの「自由な身になりたかったので最高顧問を辞めたいと伝えたら、松野さんから『発言は自由だ』と言われた。安全保障は見直しの時期に来ているので、自由に言わせてもらっている」と発言の自由が確約されたことをいいことに持論をジャンジャン展開しており、発信力を強めてますが、一度失った影響力を取り戻す為の行動にも映ります。だったら売名行為なんじゃないかと思われるが。

 ただ一度引退表明をしているだけに、一部の議員からは疑いの目を向けられてるからなァ・・・。

「橋下さんの動向だけは先が読めない。首相との会談で、政治を続けたくなるような閣僚ポストの話でもあったのか…」何とも意味深なコメントだが、政界引退を表明しておいて突然「国政に進出します」なんて言ったらば問題にもなります。
 維新の党内部でも橋下氏の一連の行動は慎重論が起こっているだけに、橋下氏の動向には目が離せないように見えます。

theme : 橋下徹
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード