「絶歌」するわ!!

 神戸連続児童殺傷事件の加害者とされる「酒鬼薔薇聖斗」が手記「絶歌」太田出版から発売したって言うけども、事件の遺族などからすれば「ふざけんな!!」「遺族感情を逆なでするものだ!!」って憤怒の声が出てるけど、手記を本にして出版すると言うのはどうかとすら思うし「言論の自由」を履き違えてるとしか思えない上に、本として出版した太田出版にすれば「金儲けをする自由」を理由に出したとしか思えない。

 犯罪者が手記を書いてそれを本にすると言うこと自体考えられないしあり得ないことだが、本にして印税で金儲けして何をしたいのか? これまた遺族感情をバカにするようなものでしかない。
 出版した太田出版には連日抗議が殺到してるけど、当の太田出版は「事件の根底には社会が抱える共通する問題点が潜んでいるはず」「加害者の考えをさらけ出すことには深刻な少年犯罪を考える上で大きな社会的意味があると考え、最終的に出版に踏み切りました」と出版の正当性をホームページにて発信したが、少年犯罪の深刻さを知る上で本にするのは当然のことって考えですかね。

 少年犯罪の深刻さ、少年犯罪が起こる背景には何があるのかと言うことを知る意味があると言う点ではまァ理解もするが、被害者遺族に対して許可もなく自分たちの判断だけで出版に踏み切ることが問題だと思います。
 さらに事件当時未成年だったことから「元少年A」なんて表記したことも大きな問題、これには少年法を傘にプライバシーを保護してるとしか思えないが、もう成人になっている以上実名を公開すべきなんじゃないのとも言いたくなります。実名公開に踏み切ればすぐに人権侵害だと騒ぐ一部の識者などもいるが、被害者及び遺族に対する一方的な取材の方が人権侵害なんじゃないかな!! あの事件当時被害者遺族に対して一方的なまでに取材攻めにしたことをお忘れか!? マスコミは。

 賛否起こしている「絶歌」がこれほどまでに問題になるのは、獄中で書いた手記を本にして出版することはどうなのかと言う疑問、それを遺族の許可もなく出版した出版社の姿勢はどうなのかと言う疑問もあります。
「言論の自由」「金儲けをする自由」が行き過ぎてるとしか正直思えないし、情けないことに「絶歌」は一部書店で売り切れるほどヒットしてますが、買った人間はどんな心境で買ったんだろうかって思います。

 被害者遺族は出版差し止めと回収を訴えてますが、だったら不買運動を起こすのも一つの手です。
 日本人は変に「金儲けをする自由」を有難がるせいか、金儲けはイザ知らず自分の利益の為なら明らかに「やり過ぎ」てることを厭わない風潮があるが、やり過ぎた言動には世論から顰蹙を買うだけである。いい例が「燃える! お兄さん」における「サイボーグ用務員さん」だが(用務員をバカにした表現で自治労やPTAをはじめ世論が激怒した)。
「絶歌」の出版だが、これはいわゆる「言論の自由」「出版の自由」なのかそれとも被害者及び遺族感情を傷つけかねない言動なのか・・・。

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

こんばんは。

先日この事件の事でお父さんがインタビューに答えているのを見ました。
その数日後にこのニュースが出ました。(はっきり記憶していないんですが当日か翌日くらいかな?)

ジュン君の話をするときと違って、とても怒りに満ちた表情でした。
遺族の感情を逆なでしていると。
本の出版停止、回収を強く望むと仰っている姿がとても印象的でした。

誰か云っていましたがあの本のタイトルのつけ方、内容から出版社の売らんかな!の意図が汲取れると。
話されていた方も本を出す時にタイトルから何から指示があったと話されていました。
勿論本人の意思もあったと思いますが、何故今更?と思う気持ちでいっぱいです。

亡くなったお二人の将来はもうありません。
当時のままです。命を大切になど笑止!

養護施設での強姦事件はどうしたの?謝らないのかいと。

生かしていることがおかしいと思う。
世の中甘すぎる!!

Re: こんばんは。

 Orenge様

 コメントありがとうございます。

 あれだけ世間を震撼させといて、今頃手記を出すなど虫が良すぎるとしか思えないし、遺族の許可もなく本にして出版した太田出版もどうかしてますね!! 結局は「金儲けをする自由」「出版の自由」を傘に出したとしか思えないけど、殺人事件を起こした人間の手記を本にすること自体おかしいことではないでしょうか。場合によっては今回のように遺族感情を逆撫でするようなものになりますから。
 凶悪犯罪を起こした人間に「人権」なんて必要なのかと言いたくなります。正直言って人権保護と言う言葉を履き違えてるんじゃないかって思うね。

初めまして

初めまして、うさぎ屋さんのところから来ました!

「絶歌」…私にとっては「舌禍」みたいな感じですね、そして「絶句」。

「言論の自由」「表現の自由」そして「人権擁護」を盾に取った被害者いじめに他ならないと思っています。
そしていつまでも「元少年A」でもないでしょう、30過ぎてるんですから、もうかばってやる必要も無いはず。自分の頭で自分がしでかした事の重大さも考えない輩なのだから、そもそも世間に出てくるのが異常です。
あの事件が世間に与えた衝撃の大きさを考えたとき、人権の美名のもとに護られている元少年Aなる男性に唾棄すべき嫌悪感を覚えます。

こんばんは!

見張り員さんと同じです。実名出版でもいいですよね。管理人さんの「金儲けの自由」もよかったです(笑)。何よりも管理人さんがおっしゃるように、被害者と遺族の人権にも配慮して欲しかったです。

Re: 初めまして

 見張り員様

 コメントありがとうございます。

 あれほど世間に衝撃を与えたのに、なぜ加害者の人権が保護されるのか? そしてその手記が「表現の自由」「言論の自由」そして「金儲けをする自由」の名の下に本にして出版することがまかり通りのは、どうも日本社会がおかしいと言わざるを得ないです。
 とりわけもうとっくに成人になってるのに「元少年A」って表記、開口一番「ふざけんな!!」って憤りたくなります。ハッキリ言って私は思うに人権保護を間違えてるとしか言い様がない。被害者の人権を一方的に無視するものであり、バカにするようなものでしかありませんね!! これが少年法の弊害でもあります。
 手記を本にして自分の存在感をアピールしたい動機、遺族や世論の一部をバカにするようなものだし下らない売名行為も甚だしいよ。日本はどうも「人権」の意味を間違えてるんじゃないかとすら思うし「自由」が行き過ぎてるとしか思えないです。自由には責任がつきものであることや限度と言うものがあることを知らないのだろうか、ホント・・・!!

Re: こんばんは!

 Gくん様

 コメントありがとうございます。

 日本はどうも「金儲けをする自由」が行き過ぎてるとしか思えないが、戦後の日本が金儲けしか考えなかったツケのなれの果てだと思います。金儲けの為なら相手の権利や立場を平気でバカにするようなことをする。歪んだ拝金主義も甚だしい上に、これが社会を腐敗させる要因だってことにも気づいてないのだろうか・・・。
 凶悪犯罪の被害者及びその遺族の人権を無視するような言動は、到底許し難いものでしかないです。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード