これにより実現した「18歳から選挙権」

 参議院でもスンナリといったみたいです。

引用

18歳選挙権、来夏参院選から…改正公選法成立

 選挙権年齢を「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる改正公職選挙法は、17日午前の参院本会議で全会一致で可決、成立した。

 選挙権年齢の引き下げは、1945年の終戦直後に「25歳以上」から現行の「20歳以上」となって以来、70年ぶりとなる。週内にも公布され、1年後に施行される。来年夏の参院選から適用される見通しだ。

 新たに加わる18、19歳の有権者は約240万人で、全有権者数の約2%にあたる。衆院選と参院選のほか、地方自治体の首長や議会の選挙などに適用される。18歳以上の未成年者であっても、買収などの重大な選挙違反があった場合は、少年法の特例措置として成人と同様の処罰を受ける。

 2015年06月17日 11時56分 読売新聞
 2週間前に衆議院で可決したのに続き、17日に行われた参議院本会議で選挙権年齢を18歳に引き下げる改正公職選挙法が全会一致で可決したことで、改正公職選挙法が成立しましたが、衆参ともにスンナリと行きましたね。

 来年夏の参議院選挙から事実上実施される「18歳から選挙権」、これにより有権者が増えると言うけれど、若年層の投票率が低いことは懸念材料だし、18歳までに政治や選挙の仕組みをどう理解するのかと言う課題も大いにあります。
 国政選挙はイザ知らず、地方自治体首長や議会選挙にも適用されますし、また選挙違反が見つかった場合は成人と同じ処罰を受けると言いますから、未成年だろうが大人と同じ罰を受けてもらうと言うことですね。

 若年層の投票率が低い理由として、若者が政治に興味・関心が極めて薄いことにあるけども、教育現場などで政治教育をすすんでやることが必要なんじゃないのとかねてから思うし、あとは政治は自分のことに関わるものだと言う意識を持たせることも大事です。18歳から選挙権、言うなれば高校生にも選挙権と言うから、高校生にも選挙権を適用するのかどうか、ここも難しい問題ですね。
 さらに高校を卒業すれば進学や就職で親元を離れて転居する人だっているし、場合によっては転居先で選挙権がもらえないなんて不条理も出てくるだろうから、この課題についてはどうなのか。

 18歳から選挙権、いいことだがそれまでに政治や選挙とは何かを身に付けることが大事です。若年層の投票率が低いから若年層の意見が反映されないことを重く見たほうがいいです!! あとは権利ではなく義務であると言う意識を持たせることも大事。政治に対する知識が全くないようでは有権者の質が低下する一方です。日本の若年層よ、春香クリスティーンの爪の垢でも飲め!!
 余談だが、少年法改正・法律で成人と見なす年齢及び児童と見なす年齢の引き下げもセットでやってくれ!!

 関連記事としてこちらも見て下さいませ。 →  「18歳から選挙権」の実現が着実と  「18歳から選挙権」が現実味を

theme : これからの日本
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード