FC2ブログ

今井雅之、末期がんを宣告されても

 病気なんかに負けないってメッセージに取れます。

引用

今井雅之 末期がん告白…復帰諦めず「秋までは生きさせて」

 大腸がんを公表した俳優今井雅之(54)が30日、東京・初台の新国立劇場で記者会見し、医師から「末期がん」と告知されていたことを明かした。5月1日、同所で開幕の主演舞台「THE WINDS OF GOD」は降板、代役を立てた。

 頬は、「体重が20キロ減った」と話した2月23日の会見時からさらに痩せ細り、声を出すのも「精いっぱい」。着席したまま約35分間、マイクを通して経過を説明した。

 昨年11月、「風邪かと思って」訪れた都内の病院でがんが見つかり、「ステージ4」と告げられた。横浜の病院でも同様の宣告を受け、姉が看護師として勤務する大阪の病院では「あと1日しか持たない」と診断され開腹手術。「大きい腫瘍が2つ3つできていました」「腸をこれぐらい切りました」と両手で25センチほどの長さを示した。

 その後も都内の別の病院に移り、抗がん剤治療を始めたが、1月下旬に医師から「どうも合わない」と言われ1クールの投与で中止。免疫療法や食事療法に切り替えた。「そのうち歩けなくなり声も出なくなった」ためさらに別の病院で抗がん剤投与を再開。6つ目の病院に入院中で「今は30分ずつ休み休みしないと動ける状態にない」。抗がん剤の影響で食事しても嘔吐(おうと)し、その度に夫人が「私が代わってあげられたら」と涙をこぼし、遠出の際は車椅子を使う。「まだ大腸の周りやほかのところにも怪しい影が複数ある。それが悪性(の腫瘍)なのかどうなのか…」と不安も口にした。

 「生きる」をテーマに原作、脚本まで手がけた同舞台は88年からのライフワーク。それだけに「生きていることがこんなにつらいと思うことはありません。役者が舞台を降りるなんて。払い戻しもあったと聞き悔しいです」。ただ、復帰は諦めず、「(20日からの)関西公演か(31日の)沖縄での最終公演には」と参加したい構え。秋には映画の仕事も控えており「運命は受け入れる。ただ、秋までは生きさせて」と話した。

 [ 2015年5月1日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
 元自衛官で俳優の今井雅之が医師から「末期がん」を宣告され、出演予定だった舞台を降板したみたいですが、大腸がんであることを告白したことに続いて、医師からそれが末期と言われたんじゃ、相当キツイでしょう。

 昨年11月に病院に赴いた際にそこでがんが見つかったことから、開腹手術をしたりあらゆる療法を施したけど、当初やってたものの医師から合わないと指摘された抗がん剤治療もやるなど、闘病生活を余儀なくされた今井「まだ大腸の周りやほかのところにも怪しい影が複数ある。それが悪性(の腫瘍)なのかどうなのか…」と不安にも駆られるなど、心身ともに切羽詰まった感もするけど、今秋には映画の仕事もありそれまでに復帰したいと強気なところを見せたようです。

 早期発見だったことから大事に至らなかったけども、がんと言うのは知らず知らずのうちに体内を蝕むくらいのタチの悪い病気ですから、今井がそれに打ち克つことを願いたいです。

 早いうちに公表して治療に専念することが正しい選択である以上、とりあえずは療養に専念して欲しいです。早い復帰を願うファンの為にも。

theme : 頑張って生きる。
genre : 心と身体

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード