FC2ブログ

慰安婦は「人身売買」

 日本なりの立場を訴えてかねば、韓国の思うツボでしかないからね、積極的に動かねば!

引用

慰安婦問題で「人身売買」明言=安倍首相、衆院予算委で

 安倍晋三首相は30日午前の衆院予算委員会で、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる米紙ワシントン・ポストのインタビュー記事に関し、「さまざまな議論がなされている中で、人身売買についての議論も指摘されてきたのは事実だ」と述べ、「人身売買」という言葉を用いたことを明らかにした。民主党の後藤祐一氏への答弁。
 同紙は27日付の記事で、「人身売買(human trafficking)の犠牲になり、筆舌に尽くしがたい痛みと苦しみを経験した人々を思うとき、私の心は痛む」との首相発言を報じているが、どのような日本語で説明したかは不明だった。
 首相の発言は、民間業者による人身売買が行われた可能性に言及したものだが、韓国政府当局者は「責任を民間業者に転嫁し、政府の関与と責任を否認しようとする狙いなら、問題の本質をごまかすことだ」と反発している。

 最終更新:3月30日(月)12時19分 「時事ドットコム」より
 30日の衆議院予算委員会にて、従軍慰安婦問題についてワシントン・ポストからのインタビューに触れた安倍晋三総理、ここで人身売買だと供述しましたが、慰安婦問題について「人身売買だった」と言ったところで、キチンとした説明になるんでしょうか。

 民間業者によるもので政府が関与したわけではないと言う安倍総理のこの主張、内外の世論に訴えるつもりでこう述べたかも知れないが、ここでまた韓国が騒ぎ立てそうです。

 人身売買だと指摘されたのは事実だが、そうだとしたら人身売買と表現したほうが正しいかも知れません。
 この問題では欧米メディアから批判されてる安倍総理、誤解をとき日本の名誉を回復させる為なら積極的に主張してかねばダメだと思います。欧米は慰安婦問題で日本を非難する前に、奴隷貿易、奴隷制と言う最悪の人身売買行為について改めて向き合うべきなんじゃないのか!?

theme : 従軍慰安婦性奴隷制問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

全て戦勝国の勝手都合です。
自分たちが一番知っているでしょうに。
それでも日本が悪いと言い逃れる厚顔無恥。

もうね、ハッキリ言ってやればいいんです。
今でもオランダには飾り窓があるんですから。
民主党は米国でも出来が悪いので、日本に慰安婦と南京大虐殺を盛り込めと言ってきているようですね。
安陪さんには負けずにハッキリとアメリカのしたことも盛り込んでほしいものです。

残念ながら自立していない日本国だから無理なんでしょうけど。
アングロサクソンには勝てません。

Re: No title

 Orenge様

 コメントありがとうございます。

 戦勝国はそうやって自分たちは正義だと高圧的な態度を取る、それに対し毅然とした姿勢を見せれない日本も情けないと言うか、それに風穴を開けようとする安倍総理の姿勢は評価できます。

 アメリカと言う国は「勝てば官軍・負ければ賊軍」的な考えもだし、いわゆる「いい人」「悪い人」的な考えを有難がる姿勢がそうであるように、常に自分たちは正しい、何言われようが悪いなんて意識などこれっぽっちもないと言う独善的かつ行き過ぎた正義を振りかざす国民性があると思うんです。ベトナムやイラクなどで起こした行為にも平気で目を瞑り、それに加担した者は無罪放免、この傾向もまた独善的と言わざるを得ません。自分たちの起こした行為を反省せず謝罪もしない、謝罪と言う習慣がないからでしょう。

 歴史問題において最もな原因は、未だに白人、特にアングロサクソン優越主義がまかり通っていることだと思います。アングロサクソンは歴史において最も残酷な行為(奴隷貿易・植民地支配・異民族に対する差別及び虐殺)を重ねておきながらそれが非難されたり糾弾されたことがないと言うのもそれを物語っているとしか言い様がないです。アングロサクソンはそうやって自分たちの勝手な都合で歴史観を作り上げたことが日本が歴史問題において悪く言われる要因ではないかと思います。
 日本は未だ欧米、特にアングロサクソンコンプレックスが残っているせいか、毅然とした反論もできない主張もできないで、結果として日本の立場と言うか尊厳が脅かされることになり、特定アジアがつけ上げる一因になったと思うんだ。

 連合国主体の国際秩序なんてもう古臭い「遺物」でしかもうないです。東西冷戦だってとっくの昔に終わったって言うのに・・・。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード