FC2ブログ

LINEから事件の手がかりをつかめるか、川崎・中1生徒殺害事件その2

 被害少年が使用していたスマホの通話アプリ「LINE」が容疑者特定のカギとなればいいのだが・・・!!

引用

中1殺害、LINE履歴を解析…通信相手特定へ

 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年上村遼太君(13)が遺体で発見された殺人・死体遺棄事件で、神奈川県警が、上村君が使っていたスマートフォン(スマホ)の無料通話アプリ「LINE」の通信履歴を運営会社から取り寄せ、解析を始めたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は、上村君がLINEで呼び出されて事件に巻き込まれた可能性があるとみており、履歴の解析で通信相手の特定などを進める。

 LINEは、無料で通話やメッセージ交換ができるスマホ用のアプリで、上村君は日頃から、友人らとの連絡に利用していた。通信履歴からは、事件前の上村君の行動や、誰と会ったかなどについての手がかりが得られる可能性がある。

 2015年02月26日 14時49分 読売新聞
 遺体発見現場となった河川敷を重点に捜査している神奈川県警、一刻も早い容疑者逮捕が求められますが、そんな中被害少年が使用していたスマホの通話アプリ「LINE」の通信履歴を運営会社から取り寄せて解析に乗り出したことが明らかとなったみたいです。

 おそらく、被害少年はLINEで呼び出されて殺害された可能性ま降りますが、履歴を解析することで通信相手が誰なのか? それがアリバイとされる少年グループの特定につながればいい話です。

 事件前の行動及び誰に会ったかなど、手がかりとなる可能性もありますから、LINEでやりとりしていた人物が重要参考人ってことですかね。
 容疑者とされる少年グループはスマホを証拠隠滅目的で捨てたかも知れないが、通話履歴を解析すればすぐに特定できますし、ネットなどの力を駆使して必ずや容疑者とされる少年グループ逮捕にこぎ着けやすくなったと言えます。

 河川敷を捜査するだけじゃなく、周辺の学校などで聞き込みをするとかして、被害少年及び少年グループに関する情報を少しでも得ないことには進展もないと思います。

theme : 社会問題
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード