FC2ブログ

張本氏、古巣復帰の広島・黒田を高評価

 高額オファーを断って古巣に復帰した姿勢に、メジャー嫌いで有名なあのお方もいい顔をしたみたいです。

引用

張本氏 黒田に「ありがとう」生きざまが若い選手にいい教訓

 よくぞ、広島へ帰ってきた。スポニチ本紙評論家の張本勲氏(74)が19日、広島の沖縄キャンプを訪れ、ヤンキースから復帰した黒田博樹投手(40)を熱烈に激励。高額オファーを断ってまで古巣に帰ってきた男気を「大あっぱれ!」と絶賛し、ローテーションの柱として2桁勝利を確約した。

 ありがとう。その言葉を伝えたくて沖縄キャンプまで来た。室内練習場への移動のとき、黒田に言った。「よくぞ、広島に帰ってきてくれた。ありがとう。応援させてもらうぞ」。握手したら一流投手特有の指の厚さと力強さを感じた。

 プロだから条件のいい球団へ、という考え方もあるだろう。まだまだローテーション投手として十分にやれる状態だ。しかし、黒田はメジャーの高額オファーを蹴って日本へ、それも広島に復帰した。育ててくれた古巣への恩と義理。日本人の美徳、大あっぱれだ。多くの日本人選手がメジャー挑戦する時代。日本復帰の仕方に、一石を投じてくれた。この黒田の生きざまは若い選手たちへもいい教訓となる。

 黒田の最大の武器ツーシームに疑問の声もあるようだが、日本でも間違いなく通用する。ボールになるその決め球をメジャーの打者はことごとく空振りした。日本の打者は見極めてくる。それは黒田も承知済みで、ストライクゾーンへ入れてくるはずだ。それでも威力があるから、つかまえられないだろう。2桁勝利は確実。その生きざまをしっかり見届けたい。

 [ 2015年2月20日 10:10 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 メジャー各球団から高額オファーがあったものの、広島カープに復帰することを選んだ黒田博樹、なぜ広島に復帰したかと言うと自分を育ててくれた広島への感謝と義理から、また広島でプレーしたいとの思いがあったと言えます。

 これに素晴らしい! と太鼓判を押したのが張本勲氏、かねてからメジャー帰りには手厳しい姿勢ですが、結局ダメで日本に復帰した松坂大輔や中島裕之などと違って、高額オファーを蹴ってまで古巣に復帰したことに若手へのいい見本になるって張本氏は言ってるんでしょうね。

「よくぞ、広島に帰ってきてくれた。ありがとう。応援させてもらうぞ」と黒田と握手を交わした張本氏、自身広島出身だからか最近では広島びいきな姿勢だけど。

 まだバリバリ頑張れると世間から評価されてる中で帰国したことも、黒田への高評価につながってるのでは?
 これが松坂とはえらい違いだって思うんです。ケガもあって近年は成績が振るわなかったとは言え。

 逆に阪神、これ以上メジャーでダメだった奴ばかり獲ってくるような姿勢は改めろ!! 金の無駄でしかないし長続きだってしてないんだから。

theme : 広島カープ
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード