FC2ブログ

荒っぽい「一人相撲」でバルサに負け

 いくら荒っぽいハードワークがウリとは言え、その荒っぽさを別のところで出しまくっちゃ勝てるわけないがな!!

引用

Aマドリード 退場者相次ぐ…判定に泣き準々決勝で敗退

 アトレチコ・マドリードがバルセロナに逆転負けし、2戦合計2―4で敗退した。

 2―2の前半41分にFWネイマールに勝ち越し点を決められたが、直前のプレーで相手DFジョルディ・アルバがハンドを犯したように見え、ハーフタイムに抗議したMFガビが退場。後半2分には自身へのファウルを見逃したとして激怒して副審へスパイクを投げつけたMFアルダが警告、同39分にはMFスアレスも2枚目の警告で退場と後味の悪い敗戦となった。シメオネ監督は「ガビはPKを主張して退場させられた」と話した。

 [ 2015年1月30日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
 国王杯でレアル・マドリーを下し、準々決勝でバルセロナと当たったアトレティコ・マドリー、初戦で0-1で負けてる為、ホーム、ビセンテ・カルデロンでの2戦目は是が非でも勝ちたいところだったのだが・・・!!

 前半から点の取り合いになり、2-2で迎えた前半終了間際の41分、ネイマールに勝ち越しゴールを決められるがそのゴールを決められる前にジョルディ・アルバが右肘でブロックしたように見えて、ハンドだと見なしてガビがハーフタイム中に主審に抗議したところで退場、そこからアトレティコにとって悪い流れへと行くのだった・・・!!

 後半開始早々の2分には、アルダ・トゥラランがファウルなのに主審が笛を吹かなかったことを不服として、何と! 自身のスパイクを副審に投げつけると言う暴挙を犯し警告を受けると、終盤の39分にはマリオ・スアレスがこの試合2枚目のイエローカードで退場、そのまま試合に敗れたアトレティコ、後味が悪すぎて何も言えません。

 試合後ディエゴ・シメオネ監督は「ガビはPKを主張して退場させられた」とコメントしたが、荒っぽい一人相撲のオンパレードでみっともない試合をしたと反省してるのだろうか。
 アルダの行為は許されるもんじゃない、サッカー選手にとって大事なスパイクを投げつけるなんて言語道断の行為であり、やってはいけない行為をしでかした以上、リーガからキツイお灸を据えられそうです。

 積極的なハードワークはいい、だがここまで来るとただのケンカにしか映りません。
 あと、この判定をいつまでも引きずらないと言うか根に持たないことを願う。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード