FC2ブログ

貧打は解消せず、最後はあっけない幕切れで「終戦」

 最後まで貧打に泣いたことを象徴するものでしょうか・・・、全く、どうしようもないヨ!(ラモス瑠偉口調で)

引用

西岡守備妨害で幕 猛抗議に胴上げお預け

 <SMBC日本シリーズ2014:ソフトバンク1-0阪神>◇第5戦◇30日◇ヤフオクドーム

 異様な光景だった。試合終了直後、グラウンドに飛び出したのは、日本一を決めたソフトバンクの選手たちだけではない。阪神ベンチから和田豊監督(52)、コーチ陣が鬼の形相で審判団に駆け寄った。西岡の守備妨害の判定を不服として、激しく詰め寄った。ソフトバンク秋山監督の胴上げも、抗議の間はお預けとなった。

 1点を追う9回、阪神にタナボタの絶好機が舞い込んだ。3四球で1死満塁。打順は、今シリーズ不調も、この日2安打を放っている西岡に回ってきた。カウント3-1から甘い直球をフルスイングではじき返したが、打球は無情にも一塁・明石の正面へ。「一→捕→一」の併殺におあつらえ向きなゴロだった。捕手の細川が本塁で送球を受け2アウトとなり、あとは一塁へ送球するだけとなった。

 ここから事態は急展開を見せた。細川の一塁送球が、西岡の体に当たり、ボールが外野へ転がる間に、二塁走者田上がホームインした。阪神が土壇場で同点に追いついたと思った場内は、悲鳴と歓声が入り交じる熱気に包まれた。しかし、一連のプレーを冷静に見ていた白井球審は、西岡の走塁を守備妨害と判定。併殺完成でゲームセットを宣告した。

 もちろん、判定は覆らなかった。毅然(きぜん)とした態度で抗議に対応した白井球審は、和田監督が引き下がった後に報道陣に詳細を説明した。西岡は両足とも走路を外れ、ラインの内側を走っていたとし「明らかに守備を妨害してやろうというものを感じた。(西岡の体にボールが)当たった、当たらないは関係ない。片足でも(走路を外れたら)ダメです」と話した。

 プロ野球誕生から80周年のメモリアルイヤー。長い歴史で、おそらくこんな日本シリーズの幕切れは初めてだろう。最後の最後に誰も予想できないドラマが待っていた。

 [2014年10月31日7時18分 紙面から 「nikkansports.com」]より
 ランディ・メッセンジャーの好投に応えられず、8回裏に1点を献上し、崖っぷちに追いやられた阪神、9回表に3つのフォアボールでつかんだ1アウト満塁のチャンス、一打出てほしいと言う願いで打席に立った西岡剛、カウント3-1から甘く入ったストレートを弾き返すも、力のないファーストゴロ・・・、3塁ランナー・上本博紀は本塁で憤死、この後だった!! ソフトバンク・細川亨の送球が西岡に当たり、ボールが転々とする中で2塁ランナーが生還、同点だ! と思いきやその後1塁塁審が下した判定は「アウト」、守備妨害と見なされまさかの幕切れ、何ともあっけなさ過ぎるとはこのことです・・・。

 当然和田豊監督以下コーチ陣が出てきて猛抗議! どこが守備妨害だ! と食って掛かるも判定覆らず・・・、9回満塁のチャンスをこんなあっけない形で逃すと言うのは、実にもったいなく1979年の近鉄と同じプロットを踏んだと思うね。これだけの落差が出ると言うのも。

 歓喜するソフトバンクナインとは対照的に、判定を不服として抗議する阪神、日本シリーズにおいてこんな風景は予想だにしないものです。

 良かったのは初戦だけで、あとは全然ダメだった阪神、兎にも角にも打てなさ過ぎる打線には「大喝」ものだ。
 ピッチャーがあれだけ頑張っておきながら、それに全く応えられない打線、気持ちの切り替えと言うか持ち直しが出来てないことを痛感するものだが、この試合でも拙攻続きで危機感と言うのが感じられなかったんだから、貧打に泣いて負けたようなものだ。
 これはブラジルでいいところを見せることなく、グループリーグ敗退で終わったイタリアと同じもいいところだよ。良かったのは初戦だけであとは全然手も足も出ないで負けた。ってことでは。

 残念ながら1勝4敗と言う結果で終わった阪神、この屈辱を糧に来年こそはリーグ優勝及び日本一だ!!

theme : 阪神タイガース
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード