fc2ブログ

ますますSTAP細胞の信憑性が・・・!!

 最初が肝心のはずなのに、これでは「ほら見ろ、やっぱりあるわけないよ」って風潮が強まりそうです・・・。

引用

STAP検証実験、万能性確認難航 序盤でつまずく

 STAP細胞が存在するかを確かめる理化学研究所の検証実験は、初期段階で大きくつまずいた。27日に公表された中間報告では、開始から約4カ月たっても細胞を作製できず、存在を肯定する成果は出なかった。理研は「白黒つける」として来春まで実験を続けるが、存在の証明は現時点では難しい状況だ。

 STAP細胞は、マウスの体の細胞を弱酸性の溶液に浸すだけで作製できる新型の万能細胞とされた。小保方(おぼかた)晴子氏らが発表したSTAP論文(撤回済み)の作製法では、まず酸性溶液に浸した細胞で、万能性の指標となる遺伝子が働いているかを調べた。

 検証チームはこれに沿って、万能性の遺伝子が機能すると細胞が緑色に光るよう遺伝子操作したマウスを用意。生後約1週間のマウスの脾臓(ひぞう)からリンパ球を取り出し、酸性溶液に浸して細胞が光るか観察した。

 22回の実験の結果、発光現象はあったが、万能性遺伝子の働きによるものとは確認できなかった。緑色だけでなく、遺伝子の働きでは見られない赤色の光もあり、細胞が自然に光る別の現象だった可能性が高い。

 万能性遺伝子の働きが確認できなければ、その先の実験に進めない。研究費1300万円の半分以上をすでに費やしたが、検証は序盤から難航。細胞の存在は不透明さを増している。

 STAP細胞は作製過程で細胞が集まって塊になるとされたが、この現象も全実験の半数以下でしか観察できなかったという。

 論文では、今回の検証で用いたマウス系統だけでなく、別系統を掛け合わせたマウスも使っていた。検証では準備の容易な系統から実験を進めたが、責任者の丹羽仁史プロジェクトリーダーは「遺伝的な違いが結果に影響した可能性もある」と分析。今後は掛け合わせたマウスでも作製を試す方針だ。細胞が存在するかはまだ不明としている。

 今後の実験で万能性遺伝子の発光が確認されても、それだけでSTAP細胞が存在するとはいえない。万能性を証明するには、この細胞を別のマウスの胚(受精卵)に移植し、生まれた胎児の全身組織に分化していることも確認する必要がある。肝臓細胞などを使って、論文より厳密な手法でも調べなくてはならない。

                ×  ×  ×

 一方、小保方氏は検証チームとは独立して検証実験を行う。4月の会見で「作製にはこつがある」と話しており、論文の手法で自ら証明できるか注目される。現在は準備段階で、作製はまだ始まっていない。

 検証チームがこのままSTAP細胞を作製できなかった場合でも、科学的には「存在しない」と結論付けることはできない。「ある」ことは証明できても、「ない」ことの証明は難しいからだ。

 理研幹部は「小保方氏が作製できなければ、ないとの結論になる」と話す。理研が小保方氏の検証実験を6月末に急遽(きゅうきょ)、容認したのは、細胞が存在しないことを前提にした動きとの見方もある。

 最終更新:8月28日(木)8時34分 「産経新聞」より
 27日に理研(理化学研究所)が行ったSTAP細胞を巡る検証の結果、調査開始から4ヶ月経ってもSTAP細胞が作れなかったと言う結果に終わり、世論に信憑性をますます疑われそうな感じです・・・。

 肝心の小保方晴子氏は検証チームとは別に検証実験を行ってますが、疑惑発覚後も「STAP細胞はあります」と主張してるけど、今のところは作製に及んでないこともあり、どうなるのかが気になります。
 検証チームが22回もマウスを用いた実験したけど、でも作成できなかったと言うことは検証チームに問題があるのかそれとも小保方氏でなければ出来ないとか、ますます謎です。

 序盤でいきなり躓いたSTAP細胞を巡る検証実験、理研はあくまでも来年3月まで実験する方針だが、そこで真偽がハッキリするのだろうか。

 カッパやネッシー、ツチノコみたいに「そんなのあるわけない」「存在した試しがない」ものとなってしまうのか、STAP細胞は。

theme : テクノロジー・科学ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード