FC2ブログ

世紀の大型トレードが成立!!

 インテルのズラタン・イブラヒモビッチとバルセロナのサミュエル・エトーの交換トレードが成立したようです。

 参考までにこちらの記事も見て頂ければエトーとイブラヒモビッチの交換トレード!?

引用

イブラとエトー、90億円の大型トレードがついに実現!

 現地時間27日(以下現地時間)、バルセロナ(スペイン)とインテル(イタリア)は、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとカメルーン代表FWサミュエル・エトーのトレードが正式に決定したことを発表した。両選手とも契約期間は5年となっている。このトレードの総額は約6600万ユーロ(約89億1000万円)を越える額となった。ロイター通信が報じている。

 バルセロナの発表によると、同クラブはイブラヒモヴィッチ獲得のため、4600万ユーロ(約62億1000万円)をインテルに支払い、市場価格2000万ユーロ(約27億0000万円)のエトーもインテルへ移籍させる。これにベラルーシ代表MFアレクサンドル・フレブのインテルへの期限付き移籍が加わる。インテルはフレブの獲得をまだ正式発表していないが、バルサによると、1年後に1000万ユーロ(約13億5000万円)にボーナスを加えた金額での買い取りオプションが付けられているという。

 イブラヒモヴィッチは記者会見で、「僕はエトーの代わりで来るんじゃない。彼とは違う選手だからだ。新しい何かをもたらすために加わったんだよ」とコメント。意気込みを示すとともに、「誰も知らないけど、数カ月前にモラッティ(インテル会長)にバルサでプレーしたいと言ったんだ。僕を買えるクラブはひとつしかないってね。偉大なクラブはたくさんあるけど、それはバルセロナだけだったんだ」と、以前からバルセロナへの移籍を望んでいたことを明らかにした。

 なお背番号が「9」に決まり、バルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」で5万人を超えるファンにお披露目されたイブラヒモヴィッチだが、同日に行なわれたメディカル・チェックの結果、先日のチェルシー(イングランド)との親善試合で負傷した左手が骨折していることが分かった。バルセロナが発表したもので、同選手は28日に手術を受ける予定になっている。

 一方、27日にミラノ入りしたエトーは、メディカル・チェックをパスし、28日に入団会見に臨む予定。同選手はクラブの公式HPで、「僕はバルセロナで歴史を作ったけど、今それは終わりを迎えた。インテルで新しい物語が始まる。ゼロからのスタートだ。僕は新しい冒険を望んでおり、すべてがうまくいくことを願っている」と意気込みを露にした。

 2009年7月28日(火) 11時55分 「ISM」より
 バルセロナ・インテル両クラブの間で正式に決定したイブラヒモビッチとエトーの交換トレード、両者とも5年契約の上移籍金の総額は何と約6600万ユーロ(約89億1000万円)という額ですから、レアル・マドリーに移籍したカカの移籍金と同じくらいだから、凄いですね。

 さらにインテル、エトーだけでなくバルセロナからアレクサンドル・フレブ(ベラルーシ代表)を期限付きで獲得まで付いて、ある意味インテルは得をしたと言っていいでしょう。

 紆余曲折あったもののやっと成立したイブラヒモビッチとエトー(フレブも入れて)の交換トレードこれは欧州サッカーの歴史における“世紀のトレード”と言っていいでしょう。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード