fc2ブログ

大筋合意で「前進」か

 与党内の対立から先送りになってしまったこの問題、最終的には歩み寄りで何とか先に進むみたいです。

引用

集団自衛権の閣議決定最終案、与党が大筋で了承

 政府は27日午前、集団的自衛権行使を限定的に容認する新たな憲法解釈の閣議決定の概要の最終案を、自民、公明両党の「安全保障法制整備に関する与党協議会」(座長・高村正彦自民党副総裁)に提示した。

 公明党から大きな異論は出ず、両党は大筋で了承した。公明党内の意見集約を経て、1日の同協議会で正式合意する見通しとなった。

 最終案は、24日に示された概要のうち、高村座長の試案とされていた集団的自衛権関連の部分に、〈1〉紛争が生じた場合にはこれを平和的に解決するために最大限の外交努力を尽くす〈2〉既存の国内法令による対応や当該憲法解釈の枠内で可能な法整備等あらゆる必要な対応を取る――などの公明党が要望していた点を加筆し、政府案とした。国民の生命・権利が根底から覆される「明白な危険」がある場合に武力行使を限定するという自衛権発動の新3要件の修正案はそのまま盛り込まれた。

 2014年06月27日 13時43分 読売新聞
 集団的自衛権行使容認に関する憲法解釈の閣議決定最終案について、これまで反対していた公明党が異論を出さなかったことから、自民・公明両党で大筋合意となり、来月1日の協議会にて正式合意することが濃厚みたいです。

 ついこの前、与党内で意見がまとまらず「先送り」になってしまった集団的自衛権行使容認を巡る動き、ここにきて与党内で大筋合意と言うことは、公明党が「自民党に歩み寄ろう」と妥協して合意したのか、それとも自民党が公明党案を受け入れる形で合意したのか。これはお互いが歩み寄ったように映る。
 自衛隊の派遣がこれ以上に積極的になるとして難色を示してきた公明党、憲法解釈の範囲内で出来ることなら必要な対応で臨むと言ってますが、憲法改正阻止が狙いか・・・!?

 自民党も自民党で「公明党に妥協したのか」って言われそうですが、どうなんでしょうかねェ・・・!!

 とりあえず、安倍晋三総理にとって正式合意を前提とした与党合意は「良かった、これで前進した」と胸をなで下ろしているのでは・・・。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード