FC2ブログ

大統領選候補者がヘリ事故に・・・!!

 不思議な事件です。

引用

パラグアイ大統領選のオビエド候補、ヘリ墜落事故で死亡

パラグアイ・アスンシオン(CNN)パラグアイの大統領選に立候補していた元軍人のリノ・セサル・オビエド氏が、選挙運動中にヘリコプターの墜落事故で死亡した。69歳だった。当局が3日に明らかにした。

 航空当局によると、ヘリコプターは2日夜に同国西部に墜落し、3日午前、焼け焦げた機体の残骸が見つかった。この事故でオビエド氏とボディーガード、同機のパイロットの死亡が確認された。

 大統領選まで3カ月を切った時点での候補者の突然の死に、国内では衝撃が広がった。墜落原因は現時点で不明だが、支持者からは、状況に不審な点があると指摘する声も出ている。フランコ大統領は、国際航空専門家に依頼して事故原因の究明に当たると表明した。

 大統領はオビエド氏の功績について、軍事独裁政権を終わらせた1989年2月3日のクーデターで活躍した「軍の英雄」だったと称賛。追悼のため国として3日間の喪に服すと宣言した。

 同氏は熱狂的な支持者をもつ一方で、反対陣営からの批判も根強かった。初めて立候補した1998年の大統領選では、96年のクーデター未遂にかかわったとして軍事法廷で10年の禁錮を言い渡され、出馬を取り消されている。しかし2007年に最高裁でこの判決が覆されたことを受けて2008年に再度立候補し、3位に終わっていた。

 最終更新:2月4日(月)12時35分 「CNN.co.jp」より
 南米・パラグアイで、3ヶ月後に大統領選挙が行われる中、大統領選に立候補する予定の候補者が不慮の死を遂げると言うショッキングな出来事があったみたいです・・・。

 死亡したのはかつて軍事独裁政権を終わらせた元軍人リノ・セサル・オビエド氏で、有力な候補者の一人と言いますから、国民に与えた衝撃は相当なものです。
 この事故を受けフェデリコ・フランコ大統領は専門家などに捜査を依頼し、なぜ事故が起こったのかの究明に乗り出したみたいですが、どうなりますかね。

 長年パラグアイで権力を握ってきた時の政権をクーデターで打倒して民政に移管させた功績から「英雄」視されているオビエド氏、ただ軍部の影響力を高めようとクーデターを起こして政界から抹殺されるも、その後もパラグアイ政界を引っかき回し、何と名誉回復して大統領選に出馬するも惜しくも落選すると言う憂き目に遭っており、評価について賛否両論あるみたいです。

 一部で敵もいるくらいですから、おそらくこれはオビエド氏に反発する勢力関与説が強いかも知れませんね。オビエド氏支持者からは今回の事故を訝しがる声もありますから。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード