fc2ブログ

イランでもバレンタインに「嫌悪感」?

 文化の違いはなかなか理解されないのが問題ですが、これが宗教がらみとなると・・・!!

引用

バレンタイン「西洋の陰謀」…チョコ禁輸した国

【テヘラン=酒井圭吾】イランの中央税関は、2月14日の「バレンタインデー」に関する全製品の輸入を禁じるとの通達を出した。

 バレンタインデーの風習は、イスラム教国のイランでも近年浸透し、異性にチョコレートや人形、花などを贈って「愛情」を表す若者が急増している。店頭に特設コーナーを設ける店も多くなっていた。しかし、核開発を巡り米欧と対立を深めるイラン指導部は1月上旬、バレンタインデーを「イスラム教文化を侵害する西洋のたくらみ」とする見解を示し、「販売や輸入を禁じるべきだ」とする方針を打ち出した。

 中央税関の通達は26日に出されたが、禁輸となる品目が具体的にどこまで及ぶかは不明確だ。テヘラン市内の菓子店経営の男性(35)は「チョコレートの原料もダメなのか? それでは商売ができない」と首をかしげていた。

 (2013年1月29日08時09分 読売新聞)
 元々キリスト教圏の文化だったバレンタインデーですが、キリスト教国でない国にもその風潮が広がっているみたいです。当然日本でも普及してますし。

 当然イスラム国家であるイランでも近年浸透しており、若年層がバレンタインの定番であるチョコレートを贈るのはもちろん、花などを贈る若者が急増してますが、そんな中でイラン当局が「バレンタインデーに関する全製品の輸入は認めない!」と全面禁輸を打ち出したみたいです。

 なぜこのような措置に踏み切ったのか? 背景にあるのは核開発問題で欧米と対立しているイラン政府指導部が今月になって「イスラム教文化を侵害する西洋のたくらみ」とバレンタインデーを文化侵略だと見なし、チョコレートの販売や輸入を禁止すると言う行為に及んだのです。
 イスラム文化を侵害する欧米の仕業。と言う根拠で全面禁止に乗り出したイラン、正直なところ宗教的な理由でしょうが、これはサウジアラビアと同じ理屈にも見えますよ(サウジアラビアではバレンタインデーを「偶像崇拝を行うキリスト教の文化と言うか価値観であり、イスラムの教えに反するもの」と見なし、全面禁止としただけでなく非合法化している)イランにせよサウジアラビアにせよ厳格イスラム国家だから、キリスト教的なものへの嫌悪感が相当強いことなんでしょう、イランに関しては核開発で対立していることでその欧米への「報復」的なものもあるが。

 やっぱりアジアでは一部で欧米、もといキリスト教の文化や価値観に対する反発が根強く、これが宗教的な理由だと「我々の伝統を破壊しようとする文化侵略だ」と考える人も少なくないです。これはイスラム世界で躊躇に現れてますし。

 ただ今回の措置に反発する声もあり、禁輸となる品目がどこまであるのかと言う線引きも分からない為、チョコの原材料であるカカオはもとより、牛乳や砂糖なども輸入を禁じられれば死活問題にもなりかねないから「なぜ?」って思う人も少なくありません。

 イスラムにそぐわないとの理由でバレンタイン禁止を打ち出したイラン、イスラムを利用して排他主義に走りそうな感じです。政治的にいくら欧米と対立してるからと言って、文化にまで矛先を向けるのはどうなのか。遅れたナショナリズムの助長でしかない。

 関連記事としてこちらも見て下さいませ。 →  バレンタインデーは伝統を破壊する風習って、なんでしょこれ!?

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード