FC2ブログ

相変わらず「合意の上」ってねェ!!

 昨年世間を震撼させたあの事件の公判が行われたみたいです。何たって事件を起こしたのはオリンピック金メダリストですから。

引用

内柴正人被告:初公判で無罪主張…準強姦事件、東京地裁

 九州看護福祉大(熊本県玉名市)の女子柔道部員に性的暴行をしたとして、準強姦(ごうかん)罪に問われた元同大コーチでアテネ・北京両五輪の柔道男子66キロ級金メダリスト、内柴正人被告(34)は12日、東京地裁(鬼沢友直裁判長)の初公判で「性的関係を持ったのは事実だが、合意の上だった」と起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 起訴状では、被告は昨年9月20日未明、合宿先の東京都八王子市のホテルで、酒に酔って熟睡していた10代の女子部員に性的暴行をしたとされる。

 検察側冒頭陳述によると、被告は部員ら数人と焼き肉店などで飲酒後、酔った部員を背負って部屋まで送った。ベッドで眠っていた部員が下半身に異変を感じて目を覚ますと、被告が覆いかぶさっており、「何をしているんですか。やめて」と声を出すと、テレビの音量を上げるなどしたという。一方、弁護側も冒頭陳述を行い、「部員がしがみついてきて離れなかった」などと反論した。

 準強姦罪は、判断能力がなかったり抵抗できない状態の女性に性的暴行をした場合に適用され、強姦罪と同じ3年以上の懲役。

 被告は10年に同大でコーチとなり、客員教授も務めたが、昨年11月に懲戒解雇された。

 東京地裁で最大規模の104号法廷には、被害者保護のために遮蔽(しゃへい)板も設置された。白いポロシャツ姿でがっしりとした被告は、起訴内容の認否で「合意の上でも社会的に許されることではなく関係者にご迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪しながらも、「被害者は間違いなく起きていた」と、用意した書面を淡々と読み上げた。閉廷後は弁護団を通じて「名誉のために最後まで闘い抜く」とのコメントを出した。公判は12月に結審する見通し。

 毎日新聞 2012年09月12日 11時35分
 昨年9月に教え子の女子柔道部員に対し、泥酔状態にも関わらず性的暴行を犯したとして準強姦容疑で逮捕されたアテネ・北京オリンピック男子柔道66キロ級金メダリスト内柴正人被告の初公判が12日に行われましたが、内柴被告は「性的関係を持ったのは事実だが、合意の上だった」と容疑を否認し無罪を主張したようですが、私に言わせれば犯罪に合意の上もヘッタクレもあるか!! ですよ。

 検察側の主張によれば、内柴被告は教え子らと焼肉店でを飲食をした後、ホテルの部屋に連れて行って酒に酔った部員を介抱すると言いながらベッドに眠っていた部員に対し一方的に乱暴したと言いますから、ヒドイと言うより女性に対する悪質な乱暴行為でしかない。泥酔状態で倒れ無防備の女性にこのような行為をしでかす、やっていることはかつてのスーパーフリーのようなもので断じて許されるものではない!!

 女性部員が「やめて」と叫んでいるのを無視し、テレビの音量を上げるなどして隠蔽しようとする手口もまた悪質で、正直「あいつは人間じゃない!!」だよ。

 起訴内容の認否で謝罪しながらも、容疑を否認する態度は曖昧と言うより反省の態度すら感じないね!!
 閉廷後に「名誉のために最後まで闘い抜く」とも語ったのだから、無抵抗の女性に対し乱暴を働いて逮捕された強姦魔に名誉もヘッタクレもあるものか!! 元オリンピック選手、それも金メダリストだけに社会に与えた影響だって軽くないんだからな!! ただ準強姦罪が強姦罪と同じ懲役3年以上って、強姦罪で懲役3年以上も軽いような気がします。せめて禁錮10年ぐらいにするとか・・・。

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード