FC2ブログ

「郷に入りては郷に従え」?

 文化や習慣の違いは摩擦を生みやすいと言いますが、これが背景に宗教的な理由だと躊躇に出やすいのが当然でしょうかね。

引用

ドバイ観光で短パンはダメ? 「現地の文化尊重を」と地元女性

アブダビ(CNN)イスラム教国のアラブ首長国連邦(UAE)で、短パンやノースリーブなど肌を露出する服装で訪れる外国人観光客に対して服装規定を強要すべきかどうかをめぐる論議が持ち上がっている。

 きっかけは、ドバイのショッピングモールに出かけた地元女性のアスマ・ムハイリさん(23)が、短い短パンをはいた若い女性を見かけてショックを受けたことだった。周囲の人たちは見て見ぬふりをしていたため、ムハイリさんは警備員を見つけて警察を呼ぶと訴えたという。

 日頃から若い世代の服装に対する意識の変化が気になっていたというムハイリさんは、短文投稿サイトのツイッターに「私たちの規範に反してみだらな服装をした人たちを、一体いつまで見続けなければならないの?」と書き込んだ。

 このツイートがきっかけとなって、同国を訪れる外国人がどの程度現地の風習に従うべきか、どのような服装なら受け入れられるかをめぐる論議に発展。新聞や有名人も巻き込んで、国やショッピングセンターは観光客らに対して服装規定をもっと強く打ち出すべきだと求める声が強まった。
 UAEは人口の80%強を外国人が占め、外国人労働者が経済を支えている。外国人に対しては基本的に寛容だが、政府は外国からの訪問者に対し、地元の文化を尊重して公共の場では「過度に肌を露出する」服装を慎んでほしいと呼びかけている。地元の女性はほとんどが長いローブで全身を覆っている。

 ムハイリさんは、観光客に注意を促すパンフレットを配り、服装規定を守らない人にはモールへの立ち入りを禁止したり、罰金を科したりすべきだと主張、「地元の人たちが気分を害していることを知って欲しい」と訴える。

 ドバイに住む外国人からも対策の強化に賛同する声は多い。英国は以前から、UAEを訪れる観光客に対して現地にふさわしい服装をするよう呼び掛けており、ジェレミー駐UAE英国大使は「駐在員や観光客が滞在先の国の社会常識を理解することは極めて重要」との認識を示している。

 最終更新:5月25日(金)12時3分 「CNN.co.jp」より
 イスラム教国でもあるUAE(アラブ首長国連邦)では、当然社会においてイスラムの教えが浸透していますが、最近になって外国人観光客が短パンやノースリーブと言った露出度の高い服で来ることに、現地のアラブ人が不快感を示していることを受け、外国人観光客に対し服装の規定を設けるべきかどうかの議論になっているようです。

 関連記事としてはこちらも見てくださいませ。 →  キスで禁固刑だって!?

 平然と露出度の高い服を着た外国人観光客に対し不満の意を示した地元の女性アスマ・ムハイリさんからの告発で、UAEを訪れる(ほとんどはドバイに行きがちだが)外国人観光客に対し服装規定を適用するべきかと言う議論は、マスコミなどを巻き込んで論争となってますが、ここはイスラムの国だから、イスラムを尊重するような言動を取ってほしい。と訴えたくてムハイリさんは告発したかも知れませんが、言うなれば「郷に入りては郷に従え」と言うことでしょう。
 ムハイリさんは若者の服装の乱れについてツイッターなどで批判してますが、イスラム教国においてこんな露出の高い服を着るなんて、イスラムそのものを軽視していると憤ったんでしょうね。

 現にドバイ在住の外国人からも賛同の声が上がってますが、やはりその国の風習や習慣、常識などを尊重し、服装もまた現地での活動に相応しいものにするようにと言うことですね。とりわけアラブ・イスラム国家においては露出度の激しい服装は嫌われがちですが、露出の激しい服装はイスラムの信仰を妨げがちなイメージが強い為に、女性はローブやヒジャブなどの着用が義務付けられているのも無理はない。国によって規制の強弱はありますが。

 やはり現地の人間に不快感を与えるような服装は、どこの国においてもNGなのが常識だと思います。旅行など海外に行く際は、やはり現地の社会常識を理解することが重要だと言うことですね。

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「郷に入りては郷に従え」?】

 文化や習慣の違いは摩擦を生みやすいと言いますが、これが背景に宗教的な理由だと躊躇に出やすいのが当然でしょうかね。引用ドバイ観光で短パンはダメ? 「現地の文化尊重を」と地元女性アブダビ(CNN)イスラム教国のアラブ首長国連邦(UAE)で、短パンやノースリーブ...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード