FC2ブログ

33年かかって容疑者を逮捕

 日本なら未解決の凶悪事件について何年かすればほとんどが放置されがちですが、やはりこの国における未解決事件への捜査に対する姿勢は見習うべきだと思います。

引用

米の6歳男児不明:33年前の事件、殺害の容疑者逮捕

【ニューヨーク草野和彦】米ニューヨーク市で79年5月25日、通学途中の6歳の男児が行方不明になる事件があり、ニューヨーク市警は24日、51歳の男を殺人容疑で逮捕したと発表した。事件発生から丸33年を迎える直前の逮捕で、米メディアは大きく報じている。

 児童はイータン・パッツ君で、マンハッタン・ソーホー地区の自宅からスクールバスの乗り場に1人で向かう途中で行方不明になった。逮捕されたのは、当時近くの雑貨店で働いていたペドロ・エルナンデス容疑者。市警によると、炭酸飲料水をあげるといってイータン君を店の地下室に誘い込み首を絞めて殺害した疑い。遺体は袋に入れ、近くの路上に他のゴミと一緒に遺棄したという。動機は明らかになっていない。

 捜査当局は23日夜、ニュージャージー州の自宅にいたエルナンデス容疑者の身柄を拘束し、聴取していた。きっかけは身内からの通報だったという。

 事件発生後、イータン君の顔写真が印刷された牛乳の紙パックが販売され、他の児童の行方不明事案も全米で関心を集めるようになった。当時のレーガン大統領は5月25日を「行方不明の児童の日」と名付けた。

 毎日新聞 2012年05月25日 07時29分
 33年前の今日1979年5月25日、ニューヨークで通学途中の男児が行方不明となってその後殺害されると言う痛ましい事件が起こり、惨劇を忘れてはならないとアメリカ政府はこの日を「行方不明の児童の日」が制定されましたが、その25日にこの事件に関わったとされる51歳の男を殺人容疑で逮捕したとニューヨーク市警が発表し、事件発生から33年を迎える日での逮捕に全米中が関心を集めているみたいです。

 事件の経緯は、当時6歳だった男児が近所の雑貨屋で働いていたヒスパニック系の男に「ジュースをあげるから」と言われて突然連れ込まれて殺害されると言うものですが、6歳の男児はスクールバス乗り場に一人で行ったと言いますから、何で親がついていなかったのかと言う疑問すらある。

 この事件がきっかけで児童の行方不明事案が関心を集めましたが、実際アメリカでは今でも行方不明の児童が絶えない現状がそうであるように、なぜ子供が狙われやすいのかと言う環境はやはり性犯罪をはじめ子供が巻き込まれやすい犯罪が日本以上に頻繁に発生しているからなんでしょう。それに銃社会だし。

 容疑者逮捕に33年、ここまで執念の捜査をした警察にはあっぱれかも知れないです。
 もう一つ、アメリカではコールドケースと呼ばれる未解決事件に対して捜査をし直すケースが多く、殺人事件など凶悪事件には時効なんてものがないから捜査を続けてたとも考えられます。

 日本でも最近になって時効を廃止したようですが、やはり未解決事件への対応はアメリカを見習うべきだと思います!!

theme : 海外ニュース
genre : ニュース

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【33年かかって容疑者を逮捕】

 日本なら未解決の凶悪事件について何年かすればほとんどが放置されがちですが、やはりこの国における未解決事件への捜査に対する姿勢は見習うべきだと思います。引用米の6歳男児不明:33年前の事件、殺害の容疑者逮捕【ニューヨーク草野和彦】米ニューヨーク市で79?...

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード