FC2ブログ

小沢ショックはこんなところにも、その一方で政権交代支持は高い

公設秘書の逮捕で批判の矢面に立たされている民主党・小沢一郎代表ですが、この波紋はこんなところにも及んでおります。

引用

「民主に失望」拡大60%、政権交代容認なお58%

 読売新聞社と早稲田大学の共同世論調査(面接方式)で、民主党に対する有権者のイメージが悪化していることがわかった。

 小沢代表の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件が影響したとみられるが、与野党の政権交代を容認する世論そのものは依然として多数を占めている。

 読売・早大共同調査は、自民、民主両党に対する有権者の意識の変化が、次期衆院選の投票行動にどう影響するかを探ることが狙いだ。昨年10月から継続実施し、今回(3月14~15日実施)は4回目となる。

 民主に対する印象の変化を見ると、「期待している」と答えた人は47%で前回の55%を下回った。「失望している」は前回は50%だったが今回は60%に増えた。民主の政権担当能力についても「ある」が45%で前回の51%を下回り、さらに今回は「ない」の48%が多数となった。

 ただ、「民主に一度、政権を任せてもよいと思うか」を聞くと、「そう思う」は58%だった。前回の64%より下がったものの、昨年10月(58%)と同じで、「そうは思わない」39%を大きく上回っている。

 自民の政権担当能力については「ある」は61%(前回54%)に増えた。しかし、有権者の自民に対する印象は、「失望している」は73%(同75%)で高止まりし、「期待している」は37%(同36%)で横ばいだった。

 今回の調査は全国の有権者3000人を対象に実施し、1755人から回答を得た(回収率58・5%)。

(2009年3月22日03時05分 読売新聞)
 資金管理団体を巡る政治献金規正法違反で公設秘書が逮捕され「代表を辞めるべきだ」「今のままでは選挙で勝てない」と身内である民主党から批判もある小沢代表、この事件の影響は有権者の民主党に対するイメージ悪化につながってしまったようです(読売新聞と早稲田大学の共同世論調査でのものだが)。

 民主党に対する印象として「期待している」と答えたのは47パーセントで、前回の数字を下回り一方で「失望した」と答えたのが60パーセントで前回を上回り、また民主党の政権担当能力についても「ある」と答えたのが45パーセントで前回を下回り、今回は「ない」と答えたのが48パーセントでいかに小沢献金授受問題がダメージになっているかが分かるようですね。

 逆に自民党に対しては、政権担当能力に対し「ある」と答えたのが61パーセントで前回を上回ったものの「失望している」と答えたのは73パーセントと前回とほぼ変わらずで、また「期待している」と答えたのは37パーセントでこれもほぼ変わらずで自民下がれば民主上がり、逆に民主下がれば自民上がる。なんかどっちもどっちかも知れません・・・。

 それでいて、政権交代容認について「そう思う」と答えたのは58パーセントで、前回より下がったものの相変わらず「そう思わない」を上回っていることですが、これは小沢代表以外の人に期待すると言いたいのでしょうか?

 小沢ショックで民主党は支持率を落としたものの、相変わらず政権交代容認論が半分以上ある。自民党(麻生内閣)に期待できないのか、民主党の方がそれでもマシなのか、この調査はよく分かりませんね。民主党に関しては小沢代表以外に期待したいんでしょうかね?コレは。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード