fc2ブログ

最後の「南海ホークス」、大道典嘉

 一つの球団の歴史が終わりを告げた感じがします・・・。

引用

最後の「南海戦士」大道涙の引退

 巨人大道典嘉内野手(41)が29日、東京・大手町の球団事務所で会見し現役引退を表明した。「南海」を経験した最後の現役選手は「振り返ればあっという間。波瀾(はらん)万丈だったが、すがすがしい気持ちで、まったく悔いなく野球人生をまっとうできた」と23年の選手生活に終止符を打った。

 会見では、さまざまな思い出がよみがえった。ホークス時代は地獄と天国を見た。「ダイエーの時に(ファンの怒りが爆発した)“生卵事件”があって、そこから強くなって優勝して…」。巨人では移籍直後からリーグ3連覇。代打で何度もチームを救い「古巣ソフトバンクの杉内から打った本塁打、そして去年の日本シリーズで打ったヒットが思い出に残ってますね」と感慨深げに振り返った。

 プライベートでも仲の良かった故木村拓也さんの話題になると笑顔が消え、大粒の涙がこぼれた。「タクのためにも今年1年は頑張ろうと思ったが、活躍できず残念。速いストレートに空振りしたり、詰まったりすることが多くなり、バットを置こうと決めた」と、声を震わせた。

 電話で引退を報告した原監督からは「お前の打席での執念は忘れないぞ」とねぎらいの言葉をかけられた。大道は「1度外に出て、野球を一から勉強して、いつかタクみたいにコーチになりたい」と、新たな夢に思いをはせた。【広瀬雷太】

 [2010年10月30日8時11分 紙面から「nikkansports.com」より]
 2010年現在南海ホークス出身唯一の現役選手として活躍した巨人・大道典嘉、その大道が29日、巨人の球団事務所にて現役引退を表明したようです。

「振り返ればあっという間。波瀾(はらん)万丈だったが、すがすがしい気持ちで、まったく悔いなく野球人生をまっとうできた」と23年間の現役生活をこう語った大道、ここまでプロでやれたことに感謝していると言えます。

 1988年に南海ホークスにドラフト4位指名され入団し、入団当初はしばらくは1軍と2軍を行ったり来たりする「エレベーター選手」でしたが、勝負強い打撃スタイルを覚えてからは準レギュラーとして活躍しホークスになくてはならない選手として君臨しました。しかし2006年オフに突如戦力外通告を受け、巨人に無償トレードされるも巨人でも「代打の切り札」として活躍してきましたが、今年は5試合の出場の止まったことで衰えを隠せず、引退となったようです・・・。2007年に吉田豊彦が引退してから「最後の南海ホークス戦士」として君臨してきた大道も、やはり衰えに勝てなかったのでしょう・・・。

 大道の引退で南海ホークス出身の現役選手が全員ユニフォームを脱ぎ、これにより南海ホークスというチームが完全になくなったようにも見えます・・・。球団をダイエーに譲渡し(後にソフトバンク)福岡に移転してから22年、今や南海ホークスは歴史の1ページとなってますが、いつまでも野球ファンの記憶に残るでしょう。

「最後の南海ホークス戦士」大道典嘉、23年間ホントにお疲れ様でした。これがホントの「さよなら南海ホークス」だと思います。

theme : プロ野球
genre : スポーツ

comment

管理者にだけメッセージを送る

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

アジシオ次郎さん、こんにちは。

大道さん、残念ですねー。

去年のキムタクだし、ベテランが居なくなりましたねー。

来シーズンはどうなるか?見守りましょう。
ぽちぽち。

Re: No title

 重箱石様

 コメントありがとうございます。

 仰る通りですね。毎年この時期は一時代を築いたベテラン選手の引退の時期でもありますからねェ・・・、阪神の矢野もだし、残念としか言えないです。

 でもそうやって「世代交代」していきますから、ここから新しい時代が築かれると思いますね。
プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード