FC2ブログ

これがインド最大の問題の確たる証拠

 インドが抱える最大の問題の実態が、ここで明らかとなったようです。

引用

インドの児童就労を裏付ける確かな証拠が浮上

(CNN)英連邦に属する国と地域が参加する総合競技大会、コモンウェルスゲーム(英連邦競技大会)が10月3日からインドの首都ニューデリーで開催されるが、参加国から選手の安全を懸念する声が上がっており、インド当局は対応に苦慮している。そんな中、わずか7歳の子供が、大会会場の建設現場で働かされていることを示す新たな証拠が浮上した。

 ハーバード大学の研究員で人身売買問題の専門家でもあるシッダルタ・カラ氏は、CNNインターナショナルの独占インタビューの中で、ニューデリーでは児童就労は一般的な周知の問題だと指摘した。

 カラ氏は「わずか数日で、32件の強制労働と14件の児童就労を記録した。これらはすべてコモンウェルスゲーム関連の建設現場で行われていたものだ」と語った。カラ氏が記録した中には、開幕までに建設を完了するために急ピッチで作業が行われている現場で7歳、8歳、9歳、10歳の子供たちが家族とともに働いているケースもあったという。

 また子供たちが置かれている過酷な労働条件について、カラ氏は「まさに人間以下の扱いであり、それ以外の言葉は思い付かない」と述べ、さらに「子供たち、特に幼い子供たちは自分たちの置かれた状況を理解しておらず、言われるままに仕事をしている。本来なら学校に通ったり、友達と遊んだりしている時期だということも知らないようだ」と語った。

 この件について、ニューデリー州首相は、誰かが知らせてくれていれば何らかの対応策を講じていたとしている。これに対してカラ氏は、調査結果を知らせるために何度も連絡したが、まったく返事がなかったとしている。

 最終更新:9月25日(土)15時33分 「CNN.co.jp」より
 経済成長著しいインド、しかしその一方で、1日2ドル以下の厳しい生活を強いられている貧困層が人口の半分近くと中国同様貧富の差が激しいのが事実です。

 そんな中来月3日に首都ニューデリーで開催されるコモンウェルスゲーム(英連邦競技大会)ですが、その会場の建設現場で何と!? 7歳の子供が労働に駆り立てられていた事実が明るみとなったようです。

 ハーバード大学で研究員を務め、人身売買問題に詳しいシッダルタ・カラ氏がニューデリーでは児童労働問題が周知の問題と指摘したみたいです。
「わずか数日で、32件の強制労働と14件の児童就労を記録した。これらはすべてコモンウェルスゲーム関連の建設現場で行われていたものだ」とニューデリーで見た児童労働の実態をこう語ったカラ氏、これはニューデリーだけでなくインド全体の問題だと思うんですけどねェ・・・?

 本来なら学校に通って勉強し、友達と遊びたい盛りなのに大人に混じって労働を強いられている。そして駆り出されている子供たちは人間以下の扱いを受けているとも指摘したカラ氏、当然でしょう。こんな実態を見たら。

 カースト制度、宗教ナショナリズムと並んでインド最大の問題点である児童労働問題、その最大の原因は当然と言っちゃ当然ですが貧困です。1日2ドル以下で暮らす貧しい人たちが多く、親が稼いで得たお金だけで食べていけないから仕方なく子供を使っているということですが、年端もいかぬ子供を労働に使うなんて18世紀のイギリス産業革命と同じような・・・? 経済発展の陰でこんな実態があるインド社会、これはインドの国際的なイメージを悪化させる要因でもあります。

 この問題に対しニューデリーの州首相は誰かが知らせれば何らかの対策を講じる。と言ってますが、カラ氏は調査結果を州首相に何度も要求したが返事がなかったとしており、不透明です。

 貧困がもたらした児童労働の実態、児童労働問題は東南アジアや南アジア、ブラックアフリカなどに多いですが、その国の政府がこの問題に対して何も思っていないのか? です。インドの話ですから、マンモハン・シン首相以下インド政府にとって頭の痛い問題でもあると思うんですけどねェ・・・? 何も対策とっていないのだろうか? その解決なくして真の発展などありません。

 児童労働の実態を証拠付けた今回の話題、インドは国際社会から激しい反発をまた食らいそうな・・・?

theme : 痛いニュース
genre : ニュース

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード