2015年の締めくくり

本日を持ちましてこの2015年もお終いですが、考えて見れば本年もいろいろありました。

今年も当ブログを見ていただいた皆様には感謝しますし、皆様のご多幸をお祈りしたい次第でもあります。
来年は「安」心「安」全な社会になるよう願いたいですし、今年よりもま「申」年となるように。

本年もこの「アジシオ次郎の時事原論」を見て下さいまして誠にありがとうございます。
それでは良いお年を。

theme : 年末年始のご挨拶
genre : ブログ

アジシオ次郎が選ぶ2015年10大ニュース(スポーツ・エンタメ)

今年もまたスポーツやエンタメ界もいろいろあったけど、その中から今年印象に残ったものを挙げろとすればなんでしょうね・・・。
そんなわけでスポーツ・エンタメ編です。

第1位・大丈夫か? 東京オリンピック。競技場といいエンブレムといい、ケチがつきまくっている東京オリンピック及びパラリンピック、ハッキリ言って開催地決定の喜びをえらくふっ飛ばすようなものでオリンピックへの興味・関心が低下するんじゃないかとすら思います。来年もこの調子だとオリンピック反対デモや集会が起こってもおかしくないよ。
第2位・ラグビーブーム。イギリスで行われたラグビー・ワールドカップ、初戦で強豪・南アフリカに逆転勝利と言うビッグサプライズを起こし、その後も健闘したけど惜しくも決勝トーナメントには進めず・・・、でも日本ラグビーを世界に強くアピールしたことは特筆すべきことです。五郎丸歩選手の人気が上昇したし。
第3位・球界を牽引したレジェンドたちが次々と。山本昌、西口、谷繁、小笠原、斎藤隆、中嶋など一時代を築いたベテラン選手の引退がこれほどまでに多かった年は例年以上だけど、昭和を知る現役選手が全員引退したと言うのは一時代の終わりと言っていいでしょうね。
第4位・良くも悪くも目立った白鵬。大鵬の持つ歴代優勝記録を更新するも「子供でも分かる」発言や逸ノ城へののど輪、さらに猫だましと問題行為も目立ったが、どうも朝青龍とかぶりつつあるような気がします。朝青龍と違ってワルそうな面は見られなかったのにこの変貌ぶりには何があったのか・・・。
第5位・ましゃロス。福山雅治と吹石一恵の婚約発表で全国に衝撃を与えたけど、最後の独身大物歌手と言うか俳優でもある福山の結婚に世の女性達は落胆し、ましゃロスなんて言葉も出たけど、この話題で最もショックだったのは同日に結婚発表した千原ジュニアだと思うね。
第6位・腐ったFIFA。今年サッカー界を大きく騒がせたFIFA一連の不祥事、いわゆる「サッカーとカネ」の問題を大きく晒すものとなったけど、FIFAがいかに拝金主義に毒されているかってところを見せつけたものではないでしょうか。IOC同様過渡の商業主義は組織の腐敗しかもたらさないです。
第7位・アギーレからハリルホジッチ。今年日本代表は最も騒がしかった方だが、アジアカップでの惨敗、当時率いていたハビエル・アギーレ監督に八百長疑惑が出て社会的影響力を考えて解任、その後ヴァヒド・ハリルホジッチ氏が就任するも今一つ波に乗り切れないのは2018年に不安を残しそうです。
第8位・川島なお美死去。最後まで女優魂を持ったまま今年帰らぬ人となった川島さん、最後の姿は痛々しい物があったけどおしどり夫婦ぶりとワイン好きキャラだけは忘れない。
第9位・信用低下? 「クローズアップ現代」。昨年5月に放送されたものがいわゆる「やらせ」だったことが発覚し、BPOで審議入りするまでになった「クローズアップ現代」、いい番組なだけにこう言う不祥事で番組のイメージが悪くなることは極めて遺憾です。
第10位・ウインブルドンは無念。今年もテニス界はもとより日本中の関心を集めた錦織圭、全仏ではベスト8に終わり、その雪辱として挑んだ聖地・ウインブルドンでは1回戦を突破するも2回戦では左足の故障の影響で無念の棄権・・・、体力がついていかなかったことだけが悔やまれます・・・。

ランク外として、オランダ、まさかユーロ2016予選で敗退。阿藤快さん死去。ロシア陸上界はダーク過ぎる。人気上昇・柳ゆり菜、厚切りジェイソン、トレンディエンジェル。田中裕二、山口もえと再婚。浅田真央復帰。東北勢また甲子園を制覇できず。などを挙げておきます。
以上!!(厚切りジェイソン調で)

theme : 雑記
genre : ブログ

アジシオ次郎が選ぶ2015年10大ニュース(海外)

前の記事で国内を取り上げたので、次は海外編です。
くどいようだが、海外ニュースを結構取り上げる当ブログのこと、選考はあくまで独断と偏見に基づいてますがそこはご了承を。

第1位・パリ同時多発テロ。フランスはイザ知らず国際社会を震撼させた無差別テロ「9・11」の惨劇を蒸し返すレベルだけに、衝撃ものです。ベルギーに潜伏していた実行犯がフランスで起こすなんて、国境を自由に行き来できる問題点も浮き彫りになったが、移民社会の暗部をも浮き彫りとしたことは間違いない。このテロで極右が支持を拡大したのだから、フランス社会を2分するものになったのは何とも皮肉だ。
第2位・ISILの暗躍は続く。日本人ジャーナリスト・後藤健二さん殺害もだし、ISIL掃討への空爆に参加した国をターゲットにするなど各地でテロを展開し国際社会を今年も震撼させたISIL、シリア内戦がここまで深刻化し、新たなテロ組織を生み出したのはアラブの春は正しかったのかと言う疑問もそうだし、空爆に参加した国同士の足並みが乱れたりで一筋縄では行かないです。
第3位・シリア内戦激化で難民殺到。今年ヨーロッパに大勢殺到したシリア難民、内戦の長期化がもたらした副産物でもあるが、来るもの拒まずですすんで受け入れたドイツや北欧では限界が来ている上に、中欧諸国やギリシャではこの問題をモロに被った感もするけど、西欧と違ってイスラムが身近でないせいか受け入れインフラが進んでないことも露呈したし、さらに難民に対するぞんざいな行為までクローズアップされたのは記憶に新しい。
第4位・とんでもない大統領候補! 来年大統領選を控えるアメリカ、バラク・オバマ大統領の求心力と言うか影響力が低下したせいで民主党は逆風にあるが、それで共和党の逆襲もあるけど、そんな中共和党候補の一人ドナルド・トランプ氏がクローズアップされてるけど、過激な言動や問題発言で注目を集めるなど、行き過ぎたポピュリストにしか映らないが、こんな人間が大統領になったらアメリカは終わってるわ。
第5位・独裁体制の終焉? ビルマ。今年総選挙が実施され、軍系与党から政権を奪取した民主化勢力系野党、これにより長年の軍事独裁政権から脱却しそうなビルマ、ただ憲法でアウンサン・スー・チー女史は大統領になれないが、憲法を改正するかそれに代わる有力な人間が民主化勢力にいるのだろうか、譲歩した軍とも駆け引きは続きそうだ。
第6位・半世紀に渡る対立の終焉。今年7月に国交回復に着手したアメリカとキューバ、キューバ革命以降敵対関係が続いたものの、ようやく対立から雪解けとなったことは国際社会を大きく動かすものとなったけど、アメリカ国内では反発もあり完全なる和解には程遠い、これにはオバマ大統領の実績残し感もありそうだが。過去のわだかまりを水に流して未来志向で行こう、これが普通なのだが、それすら理解しない特定アジアはみっともないね。
第7位・理解不能だったツィプラス首相。予断を許さないギリシャ危機、にも関わらず緊縮を求めるEUに食ってかかるわ、緊縮しないと言いながら突然緊縮策を打ち出したり、鳩山由紀夫以上のブレブレを晒したギリシャのアレクシス・ツィプラス首相、ギリシャ人はいい加減だと言うところを強調した一人ではないでしょうか。
第8位・ドイツ車のイメージを揺るがしたVW。排ガス規制を不正に逃れたとして槍玉に挙げられたVW(フォルクスワーゲン)、ドイツ車=安心安全。と言うイメージがえらくぐらついただけに、してはいけないことをしたとはこのことです。世界的なブランドだけに影響は大きい。
第9位・ハッジで大惨事。イスラム教の聖地・メッカで行われるハッジ(大巡礼)、大勢のイスラム教徒が詰めかける神聖な行事だがそのせいで大勢が圧死すると言う悲惨なものになったが、サウジアラビアはこの事実を隠蔽、他のイスラム諸国から大ブーイングを浴びたが、とりわけイランはもっと怒っている。これには宗派対立も関係してますけど・・・。
第10位・バンコクテロ。タイの首都・バンコクで今年8月起こった無差別爆弾テロ、観光業でも収入を得ているタイ経済に打撃を加えただけでなく、容疑者がウイグル系だったことからタイ軍事政権が中国と親しい関係でその報復的な感じがするけど、真相がわからぬまま捜査打ち切り、玉虫色の決着でしかない。

ランク外、ブルンジ情勢悪化。強硬化しつつあるイスラエル。ヨガの日で賛否両論? 黒人の怒りが治まらないアメリカ社会。カタルーニャの反逆? などを挙げたいです。

混沌化しつつあり複雑怪奇な様相になりつつある国際社会、過激な思想が過激な思想をまた生むと言う悪循環を繰り返してはならないけども・・・。いわゆる「反知性主義」が跋扈しつつあるだけに、その思想に乗っからない意識を持つべきでしょう。

次はスポーツ・エンタメ編です。

theme : 雑記
genre : ブログ

アジシオ次郎が選ぶ2015年10大ニュース(国内)

2015年も残りあと僅かとなりましたが、毎年のようにこの年を振り返ると言う時季でもあるだけに、毎度のことながら私の独断と偏見で振り返ってみたいと思います。
まず国内から。

第1位・盤石な安倍政権。この年の政局も安倍晋三総理が主役でしたが、安保法制を巡る内外の雑音もあったけど着実に憲法改正への足がかりを掴んでいると思いますが、今一つ狡猾さと言うか強かさが足りないのはつい最近の日韓外相会談を提案したことにありますね。盤石と言ったけど与党が強すぎるのかそれとも野党があまりにも弱すぎるのか、一強支配にだけはしたくない、国民が厳しく見守ったほうが良いです。
第2位・日本でもテロの危険。今年日本中を震撼させたシリアで日本人ジャーナリスト殺害、ISILによって殺害された後藤健二さんの話題もだが、つい最近また日本人ジャーナリストが拘束されたように、日本の危機管理能力が問われます。フランスでのテロが日本でも起こり得ることを考えた方がいいです。日本も対テロ政策を進めてますが。
第3位・橋下劇場、終幕。8年間大阪の政治を担ってきた橋下徹氏、今年5月の大阪都構想の是非をめぐる住民投票で惜しくも否決されたことで年内の政界引退を発表、その後残り僅かな期間で積極的な政治活動に終始したことで引退はウソなんじゃと世論は思ったが、公言通り引退したみたいです。今後について変にメディアは質問攻めしてたけど、マスコミが決めるんじゃない。本人が決めることです!!
第4位・建物の安全を揺るがす事態再び・・・!! 横浜市都筑区のマンションでの傾斜問題を発端に出まくったこの問題、旭化成建材の杭打ちデータ改ざんや使い回しが相次いだことで問題が深刻化したけど、利益の為に手抜きに染めた行為は言語道断を通り越してます。東芝の粉飾決算問題もだが、利益優先主義の弊害がこのような問題につながったと思うと、企業の倫理観を問いたくもなります。
第5位・再婚禁止が違憲で夫婦別姓が合憲。これは日本の民法のあり方もそうだし、家族のあり方を問う論争になったけど、女性の再婚禁止は違憲判決が出ても夫婦別姓が合憲判決と最高裁で下ったのは、曖昧な感もするけど、女性の再婚禁止はあまりにも今の時代男尊女卑に等しい、だったら男性にも再婚禁止期間を設けたほうがいいと思うね!! 夫婦別姓問題に関してはイロイロと・・・。とにかく「女性が輝く社会」と謳うならば日本社会はいい加減女性の権利を尊重してはどうか。
第6位・不安要素大ありな状況で導入。来年から施行されるマイナンバー制度、賛否あるだけに課題も山積みでしたが、案の定問題が相次いで発覚するなど懸念が現実のものとなったんだから、新たな利権の温床になれば国民をバカにするようなものだ。国民にしっかり説明してから導入すべきだよ。
第7位・「絶歌」の波紋。18年前の神戸連続児童殺傷事件の当事者である元少年の手記が賛否巻き起こったが、犯罪者の手記は出版するべきかとの論争にも発展したけど、遺族に断りもない上に本にして出版したコト自体被害者遺族はイザ知らず全国の犯罪被害者をえらく傷つけるようなものだ。
第8位・北里大・大村教授に「あっぱれ!」。今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した北里大・大村智教授、地道な努力の結果オンコセルカ症に効くワクチン・イベルメクチンを開発し、その病気に苦しむ人達を大勢救ったことは平和賞にも値すると思うね。
第9位・少年犯罪の陰湿さと残酷さは相変わらず。今年1月に川崎市で起こった中1少年殺害事件といい、今年も少年犯罪が相次いだ年もないが、ここまで残酷性と言うか陰湿性が強いと、深刻化の一途を辿るよね・・・。いじめ問題もしかりで、いい加減少年法を改正または廃止すべき状況だと思うよ。
第10位・ドローン問題。首相官邸内に落下した事件をきっかけに小型無人機・ドローンの扱いを巡る論争が起こったのもこの年、使い方を間違えばとんでもないことになると言うこともまた当てはまったものです。いっそ免許制にするか購入時に誓約書を書かせるか(犯罪や違法行為に使わないとか)、難しい問題です。

ランク外・噴火、大雨洪水、と今年も異常気象ばかり。子供を巡る問題は相変わらず、児童虐待や子供の貧困が深刻化。福祉施設のあり方を問う、宇都宮市の無認可保育園といい川崎市のとある老人ホームなどといい、どうも福祉施設の質を問いたくなる事件も起こったが、弱い者いじめは人として最低最悪のことだ!! 大阪・高槻少年少女殺害事件、容疑者のふざけた態度には腹立たしくなるが、被害者の少年少女にも非はある、夜遅くに繁華街をぶらつくなんて何を考えてるのか。

今年もいろいろ国内はあったけど、どう思いましたか?
続いては海外編です。

theme : 雑記
genre : ブログ

独善的過ぎるアメリカの「正義」は批判されて当然

戦後70年の「節目」の年も残りあと少なくなったこの頃、あれから70年、世界はどう変わったのかと問いたくなるけど、特にアメリカ、この70年にあらゆる戦争に介入しまくったけども、ハッキリ言ってアメリカが介入したことでキチンと解決したのかと思うんだよね。

ベトナム戦争では枯葉剤使用や現地の住民に対する残虐行為がクローズアップされたり、湾岸戦争やコソボ紛争などでは劣化ウラン弾使用が問題視されたり、記憶に新しいアフガニスタンへの軍事侵攻やイラク戦争についても、あの戦争は正しい戦争だったのかと疑問を投げかけたくもなる。
ハッキリ言って、ここまで来ればアメリカって戦争大好き国家もいいところなんじゃねェのかと言いたくなるし、アメリカって戦争を何だと思っているのかと問いたくなります。

第2次大戦後、アメリカは覇権国家として歩き出したけども、ソ連(当時)との冷戦もあってか軍事力を誇示する為にやれ「反共」だ「自由」を傘に各地の紛争に首を突っ込んだり、冷戦が終わって唯一の大国となってからも「自由」「テロとの戦い」を名目にイラクやアフガンなどに軍事介入したけども、結果として正しかったのか。
ベトナムやイラクの例を挙げるまでもないが、アメリカが介入したことで良くなったとは到底思えない。結局他国の戦争を自分たちの大義を掲げる目的で首突っ込んだ感がするけども、勝手に土足で踏み込んではやりたい放題してるってところを露呈してるに過ぎないし、大義もあったもんじゃない。
「ここがヘンだよ日本人」においてイラク人出演者が「アメリカは戦争を商売としか見ていない」と痛烈に批判したけど、アメリカにとって戦争は自国の軍需産業を儲けさせる為の道具と見なしてるってことだが、イラクは半ばアメリカの正義による被害者だってことだよね。あとは自分たちは正義だと言うプロパガンダに利用してるとしか思えないが、戦争を自国の正義を正当化する道具にする国は世界広しと言えどアメリカだけです。自分たちは善だから悪く言われる謂れなどないって開き直る態度も気に入らない。いわゆる「勝てば官軍」的な価値観が強いから「喧嘩両成敗」「一寸の虫にも五分の魂」って言葉すら知らないんでしょう。戦時中の日本各地への空襲や広島・長崎への原爆投下も有色人種はいくら殺害したっていいって考えに基づいてるが、白人至上主義と言う「奇病」でしかない、優生学に基づく考えで大量虐殺を正当化するのはナチスと全く同じだよ。
悪い奴や自分たちに楯突く奴は殺して構わない。って理屈もあるが、善悪二元論に基づく単純思考もいいところ。それがまかり通るのがアメリカだから、倫理観がえらくゆがんでると言うか乖離してるとしか言い様がない。

大体アメリカは自分たちは正義だと振る舞い、自分たちに楯突く、そぐわない相手を排除しようと他国に勝手な干渉を続けたケースが戦後70年で多かったが、アメリカ建国以来から全く変わってないんだよね。自分たちは正義だと理屈を掲げ善悪二元論に基づく価値観を掲げて戦争をおっ始めたり軍事介入したり、内政干渉したりで独善的もいいところだ。
自分たちは正義だと一方的に振るまうアメリカの姿勢は、当然一部で反発が起こり反米を掲げる国家まで出る始末だが、他国に対して一方的に自分たちの考えや価値観を押し付けたりするもんだから嫌われて当然だし、西欧列強による植民地政策と転で変わらない。相手を理解せず物事を自分の思うようにしたくてワガママ放題に振る舞う、自分たちは常に善だと言う一方的な見方しか持てない風潮もまた近視眼的って言うか。
あとはキリスト教原理主義に基づく考えも影響しているけど。
だからホメイニやチャベスと言った「反米」を強調する指導者が出てくるのも当然だと思うよ。言うなればアメリカは自分たちの考えや価値観を押し付けて自分たちに都合のいいものにしようとしているとしか見られない。軍事力に限らずアメリカは経済でも自分たちに都合のいいやり方やルールを押し付けたりするから、アメリカに対する反発だって起こって当然だと思う。

今のイラク情勢悪化、ISILやアルカイダも結局はアメリカの一方的な正義がもたらした「副産物」でしかなく、こう見ると戦争を商売と自国の正義を強調する為の道具にしたアメリカの罪は重いよね。結局アメリカは火に油ばっかり注いで事態をややこしくした上に自国の尊厳を脅かす危険分子を作り出したと言うと、自業自得もいいところだよ。混迷する国際情勢の理由の一つとして挙げられるものとして、アメリカの行き過ぎた正義にもあるってことだ。正義も懲悪も行き過ぎは毒でしかない。アメリカはそこら辺を分かってるんだかねェ・・・!!

theme : ここがヘンだよアメリカ
genre : 政治・経済

「大事」ことを「どうでもいい」と見なし「どうでもいい」ことを「大事」と見なす風潮

考えてみれば、日本社会ってどこか特異性があり過ぎるって言うか、どこかおかしいって感じがするよ。
その最もたるのが「大事なこと」と「どうでもいいこと」が真逆なところにあるけども、だから日本社会はどこかおかしいと思われるんだよね・・・。

特に子供や教育に関するものこそそれが躊躇に現れている。
現代の日本では子供の貧困や無戸籍者の問題が社会問題になっているけども、本来なら子供はこれから社会を担う世代として大事にしなきゃいけないのに、社会が子供により良い環境を作っているとはどうも言い難い。
社会が子供に対して全く投資してないと言うか、子供の権利を大事にしてないとしか思えないが、本来それは大事なことなんだけど、日本では情けないことにそう言う意識が薄いとしか思えないです。これには日本社会において子供は未熟だから大人が管理せねばならない。って意識が強いが、対等な目で見るって考えがなさ過ぎるとしか思えない。

さらに世論は子供を取り巻く問題について関心が薄く、結果無関心が問題を放置して深刻化させるって言うけど、そう言う懸念を持っているのだろうか。
自分に関係ないからと言う理由で無関心を装うのは、一種の「逃げ」でしかないが、そんな考えは利己的もいいところだ。ワーキングプアだ非正規雇用問題だって大人も貧困問題があるのだから、もし自分がそうなったらって意識を持たねばいけない。

教育は最もそうだ。自国に誇りを持たせる、責任ある人間を育てる、と言う意識をもたせるのが普通なのに、教育現場ときたら知識偏重・競争重視路線に走り、テストや受験を重視する偏差値至上主義がまかり通っているが、テストや受験の為の勉強なんて長い人生においてどうでもいいを通り越してると思う。そんなもんテストや受験が終わったらそれまでだし、目標設定が低い。
教育とは何か、ただ勉強させてテストで競わせるのが教育ではないのだ、競争ばっかじゃ利己的な人間しか生まれない。一人ひとりに平等な機会を与えることもまた教育だ!!
にも関わらずテストや受験を重視する傾向が強い日本の教育現場、教育の意味を履き違えてるんじゃねェのかと思うし、偏差値を重視し道徳や倫理を軽視する教育の弊害が日本人そのものの劣化を招いてると思うよ。テストで競わせて偏差値を伸ばすよりも人間性を育てて社会で通用する人間を作り、より良い社会を作ると言うのが教育のあるべき姿だ!! そう言う点では北欧諸国を見習え!!

需要が全然ないに等しいハコモノやダム、道路、さらにパチンコなどもまた「どうでもいい」ものでしかないが、それら結局国民の税金から出来てるけども、そんな金があるならなぜ福祉や子供たち、一人親の支援にでもに充てろと言いたくなります。結果としてどうでもいいようなものは税金のムダ以外の何物でもない。大事なこととどうでもいいことの線引と言うか区別が全然分かってないとしか思えない。下らない・どうでもいい自己満足に浸っていることもまた人間の「劣化」なのだ。

つい最近新国立競技場のデザインが発表されたと言うけども、また下らない論争にでもなれば溜まったもんじゃないし、国民も国民で「オリンピックなんてどうでもいい!! んな金あるなら教育と福祉に回せ!!」って抗議が起こしてもおかしくない。

どうでもいいことばかりに熱心になって本来大事なことを放置することは、社会の為にならないことを理解すべきです。いい加減日本社会はそう言う風潮を正さねばなりません。

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

「ぎりぎりの調整」ってねェ・・・!! 岸田外相

突然日韓外相会談と言う展開になったこの頃、正直言って首を傾げざるを得ないです。

引用

日韓外相会談前に岸田氏「ぎりぎりの調整行う」

【ソウル=森藤千恵、豊浦潤一】岸田外相は28日午後、尹炳世外相とソウルの韓国外交省で会談し、慰安婦問題の妥結に向けた最終調整を行う。

 岸田氏は会談で、尹氏が問題の最終的な決着を確約すれば、元慰安婦への人道的支援のための新たな基金の創設に応じ、基金の規模や枠組みを詰める方針だ。両外相は会談後、共同記者発表を行う予定だ。

 岸田氏は28日午前、韓国に出発前、羽田空港で記者団に「重要な会談になると考えており、全力で取り組む。大変難しい問題だが、何ができるのか、ぎりぎりの調整を行いたい」と語った。日本政府関係者は「共同文書や共同記者発表の表現を巡り、韓国政府との協議は最終段階に入っている」と述べた。

 日本政府は慰安婦問題について、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決された」として、新たな賠償や法的責任の認定には応じない立場を堅持する考えだ。ただ、慰安婦問題の「最終かつ不可逆」的な妥結に韓国側が応じ、蒸し返さないことで合意できれば、人道的な見地から新たな基金を通じ、元慰安婦への支援を拡大する。基金は韓国内に設置する方向だ。

2015年12月28日 10時50分 読売新聞
韓国のユン・ビョンセ外相との会談に臨む岸田文雄外務相、従軍慰安婦問題の最終的な妥結を目指すとしてますが、出発前岸田外相は「重要な会談になると考えており、全力で取り組む。大変難しい問題だが、何ができるのか、ぎりぎりの調整を行いたい」と述べてるけど、ぎりぎりの調整も何もまだこの問題に固執してるのかと言いたくなるし、韓国の思う壺になったらどうするのかと言いたくなる。

かねてから言うけど、1965年の日韓請求権協定で慰安婦問題は「完全かつ最終的に解決された」と解決済みの立場を取っていることを理解してないとしか言い様がないし、終わった問題を蒸し返そうとするのは本末転倒も甚だしい。
また元慰安婦への基金を立ち上げると言うが、何考えてんだと思うし、韓国をつけ上がらせ日本の立場に悪影響が出ると言うリスクを重く見てないんでしょうか、これは薬物中毒者に薬物を与えるようなもので「百害あって一利なし」です。しいては日本国民を怒らせることにもなる。
「我々の税金をムダ遣いするな!!」「これ以上韓国に援助なんてとんでもない!!」って外務省や国会前でデモが起こってもおかしくないけどね。

さらに韓国は1億円の予定を10億に引き上げたのだから、これは明らかにボッタクリであり悪質なタカリもいいところ、そうやって被害者ぶって騒ぎまくって自分たちに都合のいい状況を作ろうとする、いわゆる「反知性主義」もいいところで客観性もあったもんじゃないから、日本政府は韓国に対して厳しい態度を取ればいいのになぜそれが出来ない!?
言っても聞かないビッグチャイルドであり「品」じゃなく「顰」しかないようなロクでもない国など相手にすることはない。慰安婦問題を蒸し返さないと言うけれど、いい加減終わった問題にまた関わること自体「蒸し返し」でもあるのだ。岸田外相よ。

theme : 従軍慰安婦性奴隷制問題
genre : 政治・経済

イラク軍の逆襲は続く

ISIL(イスラム国)から領土を取り戻そうと必死です。

引用

中西部州都で勝利宣言=対ISで最大の戦果―イラク

【カイロ時事】イラク治安部隊報道官は27日、中西部アンバル州の州都ラマディで過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いに勝利したと宣言した。
 ロイター通信などが伝えた。実際に制圧したとなれば、ISがイラクとシリアにまたがる地域で国家樹立を宣言した昨年6月以降、失地回復を目指してきたイラク政府にとって最大の戦果となる。
 治安部隊はこの日、ラマディ中心部の制圧作戦で焦点となっていた政府庁舎の敷地を包囲して攻勢を強め、ISは敷地内から完全に姿を消した。同報道官は「ラマディでISを打ち負かしたことを意味する」と強調した。
 ラマディは首都バグダッドの西方約100キロに位置する要衝で、ISが今年5月に支配下に置いた。治安部隊は奪還作戦を進め、12月上旬の段階で80%以上の地域を掌握。ISの戦闘員300人前後が残っていたとされる中心部の支配権回復を目指し、22日から詰めの攻撃を開始していた。

 最終更新:12月28日(月)6時31分 「時事ドットコム」より
ISILの支配下に置かれているイラク北西部、首都バグダッドから西にあるラマディも同じ支配下にあるけど、自国の領土を過激派に乗っ取られて面子を潰されたイラク軍としてはISILから領土を取り戻すと躍起になっており、ISILと交戦を展開してますが、27日になってラマディでの衝突の末にISILに勝利したと治安部隊報道官はコメントしており、事実ならイラク軍もなかなかやるなと言いたくなります。

欧米は当てにならん! 自分たちの国は自分たちで守る! 一度奪われた領土は必至で取り返す! ってイラク軍は決起してISILを倒そうと動いたが、バグダッドに近いラマディが支配下に置かれたことでこのままではイラクはおしまいだ! って懸念もあるでしょう。

治安部隊が総力でISILをラマディから追い出す結果となりそうな今回の衝突、シリアと違ってイラクは軍が正しく機能しているからISIL打倒も進むってことです。
イラク軍の逆襲は始まったばかりと言うべきか、ただでさえ混乱しているイラクのこと、敵はISILだけではない。

theme : 軍事・安全保障・国防・戦争
genre : 政治・経済

制服ドロの常習犯だったキングオブコメディ・高橋容疑者

芸能人として以前に人として最低もいいところですよ・・・!! 年末のこの時季に不祥事を起こすなんて、とんでもないったらありゃしない!!

引用

女子高生の制服盗んだキンコメ・高橋「20年くらい前からやっていた」

 東京都内の高校に忍び込んで女子生徒の制服などを盗んだとして、警視庁捜査3課は26日、窃盗と建造物侵入の疑いで人気お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一容疑者(44)=東京都大田区東馬込=を逮捕した。

 捜査3課によると「20年くらい前からやっていた。性的欲求を満たすためだった」と供述している。同課は高橋容疑者の自宅を家宅捜索し、室内から制服などが入った大型のポリ袋約70袋を押収。都内や埼玉、神奈川県の学校の制服とみて、被害の確認を進める。

 逮捕容疑は4月25日午後、世田谷区の都立高校に侵入し、体育館の更衣室から女子生徒3人のブレザーやスカートなど計24点を盗んだ疑い。

 昨年12月に江東区の都立高校で女子生徒の制服が盗まれた事件で、周辺の防犯カメラに、軽トラックで走り去る不審な男が写っていた。捜査で高橋容疑者が使っている軽トラックと判明し、裏付けを進めていた。

 2015.12.26 17:21 「サンケイスポーツ」より
都内の高校に侵入して女子生徒の制服を盗むと言うハレンチ極まりない行為をして警視庁に窃盗と建造物侵入罪で逮捕されたお笑いコンビ・キングオブコメディ高橋健一容疑者、一体なぜこんな大それたと言うかハレンチな行為に及んだのか、考えられないし信じられないです・・・!!
今年4月に世田谷区内の高校に忍び込んで、体育館の更衣室から女子生徒の制服などを盗んだ容疑での逮捕だが、学校周辺の防犯カメラに高橋容疑者と見られる人物が写っていたことが手がかりとなって警察にタレコミがあって逮捕に至ったが、芸人にとって最も忙しい時期にとんでもない事件を起こしてくれたなと思うよね。

調べに対して「20年くらい前からやっていた。性的欲求を満たすためだった」って供述している高橋容疑者、性的欲求を満たす目的でやってたことは相当精神的な病気も甚だしいし、まして20年前からやってたって、余計相当な常習犯も甚だしい上に、初犯でも許されないが、かなり前からやってたって事実だとこいつ相当頭が病んでるわって言いたくなる。

実力派芸人の裏の顔は制服ドロの常習犯って、ファンはもとより世論を大きく呆れさせたのだから、もうダメだね。まして相方・今野浩喜はかわいそうだ。
相方だけじゃなく所属事務所(プロダクション人力舎)にまでえらい迷惑をかけた高橋容疑者、芸能界追放は免れないでしょう。ハッキリ言って人として最低も最低だ!!

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

部活の現場は相変わらずです・・・!!

未だ体罰が横行するその最もたる場がクラブ活動にあるけど、一昨年のあの事件から全然反省に立ってないとしか言い様がないよね・・・。

引用

部活中の体罰処分198人、根絶に遠い教育現場

 2014年度に体罰で処分された公立校教員数は952人で、13年度より激減した。

 大阪・桜宮高校の体罰による自殺問題をきっかけに大量に発覚した体罰の処分が一段落した形だが、根絶には遠い現場の実態も浮き彫りになった。

 宮崎県日南市の中学校では13年10月、運動部の顧問を務める40代の男性教諭が、部員の男子生徒の顔を平手で約20回殴る体罰を加えた。男性教諭は昨年9月と10月にも同じ生徒の顔を殴ったり、腹をけったりする暴行を加え、戒告処分を受けた。「生徒のリーダーシップを高めたかった」と理由を話したという。

 桜宮高校の問題では、運動部主将の男子生徒が顧問の教諭から暴行を受け、翌日自殺に追い込まれたが、14年度の処分でも、部活動中の体罰で処分を受けた教員は198人に上る。

2015年12月26日 13時04分 読売新聞
昨年度体罰で処分を受けた教員の数は前年度より減少したって言うけど、一昨年大阪・桜宮高校バスケ部における体罰問題がクローズアップされてから教育現場において体罰=許されない行為。って意識が出てきたけども、未だ体罰体質が残っていると言う事実を浮き彫りにしたことは、極めて遺憾もいいところだよ。

なぜ体罰に走るのか? これには未だに体罰=愛のムチ。と言う意識が強いこともそうだし、特に部活動の現場では上下関係を重視するきらいがあるせいか、ボスは俺だと言わんばかりに威圧的に振舞っている感があるけど、軍隊的な縦社会の考えを未だ有難がっている傾向にあると思うが、そんな考えは時代遅れも甚だしいです。
自分の学生時代許されていた行為も、時代の流れに伴い許されない行為になると言う現実を全く見てないようで、周りが見えてないとはこのことを言うよ。

「生徒のリーダーシップを高めたかった」って、そんな理由で殴って良いわけがないし、体罰で生徒はむしろ萎縮してやる気が低下するだけで何のメリットもない。やってることは一方的なパワハラでしかなく、傷害罪・暴行罪にも当たることを考えたら、許される行為じゃないだろ!!

これらが部活動のマイナスイメージを助長して、部活動の存在意義が問われる事態にもなるんだから、これでは子供を安心して学校に通わせることも出来ないから、体罰と言うものは教育現場そのものの品位を貶める行為なのです。

この事実について、なぜ日本PTA全国協議会は非難しないんだかねェ・・・!? ホントに子供たちの健全な育成を掲げるならば、テレビやサブカルに対して感情的になって非難するよりも未だ教育現場に残る体罰体質を非難した方がいいです!!

theme : 教育問題について考える
genre : 学校・教育

プロフィール

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード