FC2ブログ

川口春奈にサプライズ

「麒麟がくる」の帰蝶役が当たりだったあの女優に・・・。

引用

川口春奈、サプライズ特大ケーキに大はしゃぎ「見たことない」10日に26歳の誕生日

 女優、川口春奈(26)が9日、オンラインで行われたカルビーの「シンポテト発売1周年記念新キャラクターお披露目会」に出席した。

 7日に最終回を迎えたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で織田信長の妻・帰蝶役を好演した川口は、10日が26歳の誕生日。この日は前日ということで、サプライズで似顔絵が描かれた特大ケーキを贈られ「こんなに大きいケーキ見たことない!」と大はしゃぎした。

 26歳の抱負については「決まっているお仕事を、最後まで健康でできたら。まだ(コロナ禍で)難しいかもしれないけど、皆さんに会える機会があればいいなと思います」と力を込めた。

 2021.2.10 05:01 「サンケイスポーツ」より
9日にオンラインにて行われたカルビー「シンポテト発売1周年記念新キャラクターお披露目会」に出席した女優の川口春奈、そこで何と似顔絵入りの特大ケーキが贈られたけど、今月10日が自身の26歳の誕生日ということでサプライズとして特大ケーキを用意したと思うが、まさかこのイベントでサプライズが来るとは思ってなかったんでしょうね。
「こんなに大きいケーキ見たことない!」と大はしゃぎな川口、イベント主催側の粋な計らいというべきです。

「決まっているお仕事を、最後まで健康でできたら。まだ(コロナ禍で)難しいかもしれないけど、皆さんに会える機会があればいいなと思います」と26歳になるのを迎えて改めて女優としての活躍を誓ったけど、「麒麟がくる」の帰蝶は当たりだったから今後もドラマオファーは続くでしょう。ただ帰蝶役が当たりだったことから帰蝶のイメージはしばらくつくと思うけど。

theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

森七菜がソニー・ミュージック入り

今人気の若手女優だけに、事務所移籍は話題性はあります。
この女優のキャラってほっこりするんだよね。

引用

森七菜 大手事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」入りへ 二階堂ふみ、LiSAら所属

 女優の森七菜(19)が大手事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」へ移籍することが濃厚になっていることがスポニチ本紙の取材で15日、明らかになった。

 森はこれまで芸能事務所「ARBRE」に所属していたが、この日までに同事務所のサイトの所属タレントの一覧から森の姿が消え、自身のインスタグラムを削除していた。

 スポニチ本紙の取材に、SMA側は「現場をサポートさせていただいているのは事実です。今後の事は整い次第ご案内させていただきます」とコメントした。

 SMAはソニーグループに属する大手芸能事務所1つで、女優では二階堂ふみ(26)、土屋太鳳(25)、倉科カナ(33)などが所属。大ヒット中のアニメ映画「鬼滅の刃」の主題歌を歌う歌手のLiSA(33)も所属するなど、女優だけでなく、声優、歌手としても活躍している森にとってはさらに活動の場を広げることができる環境となりそうだ。

 森は14日、「第32回日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式出席。黒のドレスにダイヤのペンダントネックレスを身に着け、満面の笑顔を見せていた。

 [ 2021年1月15日 14:09「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
これまで所属していた事務所を離れて大手事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ」に移籍した女優の森七菜、これまで所属していた事務所のプロフィールや自身のインスタグラムを削除して新たな道を選ぶこととなった森、女優・声優・歌手として活躍する森のこと、ソニー・ミュージックアーティスツ入りはどうなりますかね。

ただこれまで所属していた事務所にすれば、自分たちがスカウトした子がそこからメキメキ頭角を現してこれからだってところで突然移籍されたもんだから、痛手以外の何物でもないとは思うが・・・。そして事務所のプロフィールや公式インスタから削除するというのは何かわだかまりが残った感じもしてなりません。

事務所移籍という森の判断、さらなる活躍かそれとも・・・!? ただでさえ芸能界は事務所移籍って点では少なからず事務所やタレント双方にわだかまりも出てくるからねェ・・・!?

とにかくソニー・ミュージックアーティスツ側にしても手厚いサポートしたほうがいいと思うけど。

theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

大竹しのぶ、苦渋のコメント

緊急事態宣言が発令されたことで、当然芸能界にも影響は出ています。

引用

大竹しのぶ 主演舞台「初日の幕は、やはり開けることが出来ませんでした」

 女優の大竹しのぶ(63)が8日、自身のインスタグラムを更新。1都3県の緊急事態宣言を受け、この日行われる予定だった主演舞台「フェードル」(東京・シアターコクーン)の初日と9日の公演が中止となったことを謝罪した。

 大竹は「報告が遅くなりました。8日の初日の幕は、やはり開けることが出来ませんでした」と報告。そして「チケットを購入して下さったお客様、本当に申し訳ありません。ごめんなさい」と謝罪。「払い戻しなどでお手数をおかけします」としたうえで「客席を半分にして、10日に幕を開ける予定です」と続けた。

 「今日も私達はお稽古をしました。今日できる事をして一日が終わります。ストレッチして発声して、お稽古してダメ出しを受けて、明日に備えます」と変わらぬ準備を続けていることを明かし、「明日が少しでも良い日になりますように」と願った。

 大竹は3日前の投稿で、同舞台の初稽古があったことを明かし、「久しぶりに会った仲間と不安ながらも初日目指してとにかく稽古をするのみです。遣都君が、絶対にやりたい、いつになってもいい、絶対に幕が開いて欲しいと呟くように、祈るように言っていた。うん、その日がきますように。一日、一日を、頑張るのみ」などと記していた。

 「フェードル」は8日の初日と9日の公演を中止。8~26日の全公演チケットは払い戻し。10日以降は上演スケジュールと販売座席を見直す。

 [ 2021年1月8日 10:37「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
「報告が遅くなりました。8日の初日の幕は、やはり開けることが出来ませんでした」と自身のインスタグラムで報告した女優の大竹しのぶ、8日に主演を務める舞台の公演の初日を迎える予定だったけど、緊急事態宣言が発令されたことで公演中止という事態となったことで、この舞台を楽しみにしていた人たちを裏切る形となって申し訳ないという責任感を強調したと思います。

8日の初日と9日の公演は中止、全公演チケットは払い戻し、10日以降の上演スケジュールや販売座席の見直しを余儀なくされてるけど、緊急事態宣言の余波が芸能界、演劇界などにも及んだと言えばそれまでだが、予定していた舞台が中止って演者・裏方にとっても見に行く人たちにとってもやりきれない思いしか残りません。

10日以降は規模を縮小して上演する予定だが、公演途中でトラブル(演者や裏方、見に来た人が感染したら)が起これば余計最悪です。それと劇場はクラスター感染の懸念も少なからずあるし、どうなりますか・・・。
「この非常時に演劇や舞台なんてやってる場合か」なんて批判も出てきそうだし、厳しい状況にあることに変わりはない。

theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

新潮社に賠償及び記事削除判決

裏口入学を巡る疑惑も少しは晴れるんでしょうか・・・!?

引用

太田光の訴訟判決、新潮社に損害賠償と記事削除命令

お笑いコンビ爆笑問題の太田光(55)が、日大芸術学部に裏口入学したと虚偽の記事を「週刊新潮」に掲載されたとし、新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告を求めて提訴していた、謝罪広告等請求訴訟(田中孝一裁判長)の判決公判が21日、東京地裁で開かれ、裁判所は、新潮社側に440万円の支払いと同社のインターネットサイトから当該記事を削除するよう命じた。一方で、太田側の謝罪広告の請求は棄却した。

10月1日の口頭弁論の際、初出廷した太田は、カメラを指さしたり「いいねポーズ」を作るボケを見せてから、約45分にわたって弁護士の質問に答えた。日大芸術学部入学について「幼い頃から映画、演劇の才能にたけていまして、言ってみれば天才ですよ。チャプリンに憧れて、日大芸術学部に入れればいいなと中学時代から思っていた。大学は人との出会いですよ。結局は田中(相方の田中裕二)くらいしか出会えなかったんですけど」と説明した。

12年に亡くなった父三郎さん(享年83)が裏口入学のために暴力団関係者に頭を下げ、金を渡したと報じられたことについて、三郎さんが裏金を渡していたことを否定できるか問われると「それは亡くなっているし、分からない」とした。その上で「何とも言えないけど、暴力が嫌いでプライドがある父親がヤクザにペコペコしてないと思う」。父の名刺が掲載されたことに「ああいう形でさらされたのは嫌だな。自分が有名なだけで、死んだおやじを傷つけて」などと語った。

そして「爆笑問題・太田光っていうタレントのイメージが分からないけど、何でも正直にやってきた。それをひきょうな手で入ったと言われた。田中とも出会って、やってきた道のりの重要なポイント。それがインチキで、ましてや暴力団に父親が頼んだと。悔しい思いがある」と口にしていた。

[2020年12月21日10時40分「nikkansports.com」]より
日大芸術学部に裏口入学したと「週刊新潮」に報じられ、名誉を傷つけられたとして「週刊新潮」を発行する新潮社を相手取って訴訟を起こした爆笑問題・太田光、その判決公判が21日に東京地裁で開かれ、新潮社側に440万円の損害賠償請求と同社のネットサイトから裏口入学を巡る疑惑記事を削除する判決を下したけど、これは太田の勝利と言っていいんでしょうかね? それと謝罪広告請求は棄却したみたいだけど。

今年10月1日の口頭弁論ではお決まりの「プシュー」などボケをかましたものの、その後は真面目に弁護士の質問に答えたけど、法廷でふざけてんじゃないと言いたくなります。

8年前の2012年に亡くなった父親が裏口入学の為に裏金を渡していた疑惑について「それは亡くなっているし、分からない」と既に亡くなってる為真相は有耶無耶だとしながら「ああいう形でさらされたのは嫌だな。自分が有名なだけで、死んだおやじを傷つけて」と父親が傷つけられたことに不快感を示したが、自分だけでなく親まで傷つけられて不快な想いをしたということでしょう。この記事で。

それと出版社について、有名人の過去の疑惑を報じて記事にすることは何を訴えたいのか疑問だし、典型的な粗探しもいいところでやってることは野党と全く変わらない。新潮社に対して太田に440万円の損害賠償請求。って正直名誉毀損について賠償金はアメリカみたいに億単位にしてもいいんじゃないかとすら思います。

関連記事としてこちらも見てくださいませ。→ 爆問・太田「『週刊新潮』、訴えてやる!!」

theme : 刑事事件・裁判関連ニュース
genre : ニュース

戸田恵梨香と松坂桃李がひっそりと

 マスコミに知られなかったってのはある意味スゴイ。
 芸能人の交際って大体マスコミに知られやすいもんなのだが。

引用

松坂と戸田、交際知られず電撃婚 挙式新婚旅行なし

 俳優松坂桃李(32)と女優戸田恵梨香(32)が10日、結婚を発表した。2人は13年にドラマ、15年に映画で共演歴があり、報道各社に連名で送ったファクスの中で「同世代の俳優仲間として、お互いに刺激し合いながら歩んでまいりました」と報告。関係者によると戸田は妊娠していない。挙式・披露宴の予定はなく、コロナ禍を受けて新婚旅行の予定もないという。

   ◇   ◇   ◇

 モデル出身の人気俳優から実力派へと成長を続ける松坂と、昨年のNHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロインなど旬を迎えた戸田が電撃結婚した。10日午後6時、ツイッターなどでファンに向け、文書で結婚を発表した。

松坂 生活環境が変わることにより、これまで以上の責任と覚悟を持ち、何事にも真摯(しんし)に向き合っていきたいと思っております。

戸田 これからも、皆様への感謝の気持ちを忘れることなく、役者として、より一層精進していきたいと考えております。

 同い年だが、出会いまでは違う道のりを歩んできた。戸田が00年のNHK連続テレビ小説「オードリー」に子役で出演し芸能活動を始めたのに対し、松坂は大学時代の08年に雑誌「FINEBOYS」のオーディションに合格してモデルデビュー。演技経験はなかったが、09年にテレビ朝日系「侍戦隊シンケンジャー」で主演。以降、俳優として徐々に頭角を現した。

 そして、13年9月のフジテレビ系ドラマ「花の鎖」で初共演。主演の戸田が松坂演じる先輩に、許されぬ恋をする女子大生を演じた。この翌年、松坂は日刊スポーツ映画大賞授賞式で結婚について聞かれると「ニュースを発表できるような感じでは…」。この段階では結婚する考えがないことを明かしていた。

 そして15年の映画「エイプリルフールズ」でダブル主演した。戸田が対人恐怖症の病院清掃員、松坂がセックス依存症の天才外科医役。このころから、2人はイベントなどで、互いを俳優として尊敬していると繰り返し語ってきた。ともに出演した同4月のフジテレビ系「スカッとジャパン」では、戸田が「意外とオタク。友達がいないんですって。1人焼き肉したり、おうちで漫画読んだり」と松坂の私生活を暴露した。

 ともに芸能人との交際報道はあったが、2人の交際は報じられることはなく公になっていなかった。そんな中、戸田は今年9月23日のフジテレビ系「小泉孝太郎&ムロツヨシ 自由気ままに2人旅」で「子どもが欲しいという夢があるから、結婚したい、家族を持ちたい」と強い結婚願望を語っていた。

 関係者によると、松坂は発表2時間前に仕事先に結婚の報告を済ませたという。「お互いに支え合い豊かな時間を共に積み重ねていきたいと思っております」。共演者から人生のパートナーとして歩み出した。

 [2020年12月11日5時0分「nikkansports.com」]より
 俳優の松坂桃李と女優の戸田恵梨香が10日に結婚を発表したというけど、2人とも付き合っているという噂がないにも関わらずの結婚発表、これには世間もマスコミもビックリと言わざるを得ません。

 そんな2人は過去にドラマや映画で共演したことから馴れ初めが始まって、2年前からは同じマンションに住んだことで距離を縮めたと思うけど、周囲に知られることなく愛を育んでゴールインとすれば、ある意味サプライズ。
「同世代の俳優仲間として、お互いに刺激し合いながら歩んでまいりました」とマスコミ各社に連名で送った文書にこう綴ったわけだが、共演者から人生のパートナーへと変わった松坂と戸田、今は披露宴も挙式の予定も立てておらず、また新婚旅行の予定も立てていないから、これは今のこのご時世を考えてのことでしょうか?

 とにかく、2人とも末永く幸せになってほしいものです。今年の芸能界はどうも暗い話題ばかりだったが、こういう明るい話題があることはいいことです。

theme : 芸能人の恋愛・結婚・離婚
genre : アイドル・芸能

「遅きに失した」たわけ者

 騒動を起こして今頃謝罪会見とは、呆れるわ!!

引用

アンジャ渡部アウト~ 復帰計画白紙…“文春砲”から6カ月、ようやく会見も火だるま100分間

 多目的トイレなどでの不倫騒動で6月から無期限活動自粛中のお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日、都内で謝罪会見を開いた。騒動発生から6カ月。復帰計画が取り沙汰される中、説明を避け続けていたことで世間の批判が高まったタイミングでの会見。不貞行為の事実を認め、復帰については「白紙」と発言。すでに年末特番の収録に参加後であることから、渡部は報道陣から責められた。

 渡部は黒いスーツで登場。「7、8キロ痩せた」と力ない様子で、激しい追及に汗だく。報道陣200人が集まる中、しどろもどろになりながら約1時間40分、質問に答えた。

 複数の女性との不倫に「本当にどうしようもないことをした」と認めた。なぜ多目的トイレを使用したのかという質問には具体的回答を避け「自分勝手な思いでそういう場所を選んでしまい、身勝手だったと思う」と話した。騒動後に使用したか聞かれ「使ってないですし、使う権利もない」と肩を落とした。

 佐々木希(32)という誰もがうらやむ妻を持つ中、結婚直後にも不貞行為をしたことも認めた。複数の女性相手に、常識に外れた多目的トイレでの情事。性癖や性行為依存症を疑う質問に「普通ではないと思う。そう思われても仕方ないと思う」と語った。

 歯切れの悪さが目立った会見。渡部の中の矛盾や卑怯(ひきょう)な面が露呈したのが「なぜ今会見を開いたのか」という追及に対する返答だった。

 渡部を巡っては先月20日、大みそかの日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで電撃復帰することをスポニチ本紙が報じた。同18日に極秘で収録に参加していたことも本紙報道で判明。復帰情報が先立ち、渡部への批判が過熱した。

 渡部側は会見実施を急きょ2日に発表。批判をかわし大みそかに復帰するための“後付け”会見ではないかと疑う質問に「これは謝罪会見」と主張した。

 渡部は「勝手に(自粛)期間を年内くらいかと判断してしまい、仕事復帰をする前に会見するつもりだった」と“後付け”の意図を否定。しかし、すでに収録に参加済みという状況から「仕事復帰の前というなら、収録前にすべきでは」と核心を突かれると「そうですね…」と繰り返すばかり。額から大粒の汗を流した。

 そもそも「ガキ使」はネタバレしては成立しない番組。「放送前に会見」という計画には疑問符がつく。この会見がうまくいけば、年末復帰の追い風になるというもくろみが一転し「復帰ありき」という“下心”を見透かされるようなやりとりとなった。

 復帰については「白紙」とし、自粛期間も「再度話し合う必要がある」としながらも芸能界に戻る意思は見せた。しかし、全ての釈明がうそのように見える、残念な会見になってしまった。

 [ 2020年12月4日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 今年6月に「多目的トイレ」不倫が報じられ、活動自粛を余儀なくされたアンジャッシュ・渡部建、その渡部が不倫発覚から半年経った今月3日に謝罪会見を開いたけど、正直言って「今頃か!?」「発覚後すぐにそれをやらずに雲隠れしやがって、恥の恥の恥を知れ!」って感じです。

 どうしようもないことをしたと不倫について認めた渡部だが、なぜ多目的トイレを使ったかを報道陣に聞かれると「自分勝手な思いでそういう場所を選んでしまい、身勝手だったと思う」と返したけど、いいわけになりません。
 あなたのせいで多目的トイレのイメージが悪くなったんだから、その責任は免れません。

 それと会見する前に「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」特番で電撃復帰することがスッパ抜かれたことで、批判の火に油を注いだことは事実だが、これでまた世間からのイメージを悪くしたことだけは確かだ。
 復帰については白紙とコメントした渡部だが、正直騒動発覚から半年近くが経っての謝罪会見には世間を怒らせるだけでしかないし、それと公開処刑まがいの執拗な追及をするマスコミの姿勢にはメディアリンチ的なものに映るし、だったらジャニーズ関係者がこのような不祥事を起こした際にそれと同じことをやるだろうかとすら思うんだよ。

 遅きに失するという言葉があるが、渡部のこの態度はまさにそうだ。
「勝手に(自粛)期間を年内くらいかと判断してしまい、仕事復帰をする前に会見するつもりだった」なんて理屈、そんな甘すぎる考えは世間をバカにしていることに気づかないのかと言いたくなる。

theme : 芸能界のニュース
genre : アイドル・芸能

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード