FC2ブログ

教育現場にも業務改善ないしは停止命令というペナルティが必要

兵庫県神戸市のとある小学校で、教員が教員に対していじめを行うという信じられない事件が発覚して世間を騒がせていることは承知の事実だけど、これだけテレビや新聞においていじめの実態や学校側の対応の不手際さが連日報道されてるわけだが、問題が発覚して世間を騒がせているのに、この学校の対応は何なのかと改めて憤りたくなります。

ハッキリ言ってこの学校は組織としての体などあったもんじゃないし、他の教員もいじめを見ながらそれを止めようとせず解決しようともしないその姿勢には問題解決能力が全くないとしか思えないし、子供たちに示しがつかないを通り越したくなるものです。
神戸市の教育委員会は加害教諭を全員謹慎処分としたけど、謹慎だけで済ませるのはあまりにも大甘でしかないし、ほとぼりが冷めたらまた何食わぬ顔で教壇に立たせるんだろうが、こんな人間として腐っている奴を教員という子供を教育する職種に就かせてはいけないと思う。懲戒免職にして教員免許も取り上げねばいけないレベルなのは当然でしょうよ。

この学校はとにかく組織として腐っているとしか思えないってのを世間にえらく発信したわけだが、組織として体などあったもんじゃないこんな学校は教育機関として失格を通り越してます。保護者も保護者でこんな学校に我が子を通わせたくないでしょう。
これが一般企業であれば、業務改善ないしは停止命令が下ってもおかしくないが、学校だと児童生徒間または教員によるいじめや体罰などの不祥事が起こっても何もペナルティがないんだから、ハッキリ言って考えられないったらありゃしない。学校って一般企業とは違うのかとすら思います。これは警察にも言える話だが。問題を起こした企業や組織には罰を与えるのは当然でしょうよ!!

今回の事件、神戸市の学校で起こったんだから神戸市が市の教育委員会及びこの学校に対して業務改善命令を下すとか、文部科学省は神戸市及び神戸市教育委員会に対して業務改善命令を下すとか、何かしらの処分を下さなければいけないと思うけど、それを下さない文部科学省は一体何を考えているんでしょうか? いじめや体罰など教育問題が絶えないこの昨今、教育現場を正すって意識がないんじゃ全く変わりません。

業務状態が改善されない限り校長以下現在の教員体制での学校運営は認めない、即ち学校運営を剥奪って措置を与えねばこの学校は何年経っても変わりません。組織として一から改善しなければダメなのだ。

こんな歪んだっていうか腐った体制を問題視せず容認同然にしてきたこの学校の罪は大きい。私は思うに、文部科学省はいじめなどの問題が起こりながらその対処と解決を怠った学校に対しては一般企業みたいに業務改善ないしは停止命令を下すって方法を考えたほうがいいです。こうでもしなければ学校そのものが良くなりません!!
それと教育委員会、自分の保身第一のお役所仕事体質を見直せ!!
この学校はもう一つ、地域住民から「神戸の恥」とでも非難されたほうがいいわ。かつて牛ミンチ偽装事件を皮切りに、いい加減な運営かつ社長のワンマン体質も明るみとなって、社長はその後不正競争防止法及び詐欺罪で逮捕されるという顛末にもなったミートホープに匹敵するよ。ミートホープはこの事件で世間からの信用を失って社長に逮捕を経て廃業、一時期苫小牧市民から「苫小牧の恥」ってビラを会社だった場所に貼られたけどね。即ちそれだけ町のイメージ低下をもたらした事件ってこと。

theme : 教育問題
genre : 政治・経済

教員が教員に対して❝いじめ❞、その背景にあるものは

兵庫県神戸市のとある小学校で、教員が同僚の教員4人から陰湿ないじめを行うという言語道断極まりない事件が起こったけど、これまでは児童生徒間で起こっていたいじめが教員の間でも行われていたなんて、教員同士でいじめが起こるなんて教育現場はここまで腐ってしまったのかと憂いたくなるし、これだからいじめが無くならないんじゃないのかと皮肉りたくもなった。

罵倒は序の口、激辛カレーを食べさせられたり顔に当てられたり、LINEで女性教員にわいせつなメッセージを送るよう強要するなど、いじめというより傷害罪であり暴行罪、そして強要罪に当たることをやってたんだから、こいつら人間として腐っているを通り越したくなるし、典型的なクズ教師もいいところだ。こんな人間に教わっている子供たちが将来ロクでもない人間になるんじゃないのかと懸念だってしたくなる。
被害を受けた教員は休職に追い込まれたけど、加害側の教員に対して刑事告訴も厭わない姿勢だが、そいつらのしたことは完全なる犯罪、刑事告訴しなければならないレベルです。

情けないのは市の教育委員会、いじめ加害側の教員に対して懲戒免職などの厳罰に処さないんだから、バカじゃないのか? と言いたくなるし、一般社会ならすぐに逮捕されるような行為をしておいてお咎めなしじゃ世間をバカにしてるよ。この学校の校長はそいつらに対して口頭注意だけで何もしなかったんだから情けなさ過ぎる。
変にこいつらを市の教育委員会が庇っている要因として、日教組の息がかかってるから日教組の支配されている教育委員会のこと、日教組に甘い体質は相変わらずもいいところだが、こんな腐りきった組織に毒されているような組織がまともじゃないことは確かです。

今回の同僚教員いじめ事件は、日教組の活動家による非日教組教員に対する凄惨なリンチ事件もそうだが、2015年に大阪市北区北新地の飲食店で「レイシストしばき隊」のメンバー間で起こしたリンチ事件を彷彿させるよ。
共産主義思想に染まってしまうと、従来の価値観や文化や歴史を否定するようになって、自分と敵対する者を暴力をもって抹殺も厭わない過激な考えを抱くようになるわけだが、今回のいじめ加害側教員らも共産主義思想に毒されてまともじゃなくなったと思うと、共産主義思想は危険思想だってのを痛感するよ。こんな過激な考えに染まった人間が教育者をやってるんじゃ日本社会が腐るのも当然です。
今日の日本社会の堕落は、間違った教育のせいだとかねてから指摘している私だけど、その原因として知識偏重・偏差値重視教育、学歴主義のせいだが、それ以上に教育現場を日教組が支配していることにもあります。革マル派・中核派系左翼勢力がキレイごとを抜かして教育現場を牛耳って教育現場を腐敗させたから、いじめや差別が平気で蔓延る退廃して腐ったものになってしまったと憂いたくなります。教育現場においていじめが無くならない要因の一つに、共産主義思想丸出しの日教組主導の教育のせいなのは一目瞭然なり。日教組思想に染まった人間が教員になると最悪だよね。

今回同僚教員に対して陰湿で過激ないじめを平然と行った教員らの罪は極めて悪質で断固として許し難いに価します。こんなロクでもなさ過ぎる人間が教員やってるような社会でいいものか? 答えは否だ。共産主義思想という危険思想に染まった人間を教員という職種に就かせてはならない、これからの世代がまともな人間にならなくなって社会が退廃するだけだ。一刻も早く共産主義思想を教育界はもとより、社会全体から排除しなければ日本社会が破滅するよ。
「日教組をぶっ壊す!!」と高らかに発言できるような動きが拡大してほしいよ。

theme : 教育問題
genre : ニュース

職権及び権威濫用という病

福井県高浜町の元助役だった男性が、関西電力の社長や会長らに対して金品を贈っていた問題は、原発利権を巡るトラブルっていうか一自治体と電力会社のズブズブ過ぎる関係を表面化させたけど、関西電力の社長や会長らは元助役から賄賂と知りながら金品を平気で受け取っていたことは大問題だけど、その元助役はもっと大問題だと思うよ。
助役の地位を利用して他者に対して権威丸出しな態度に出て、意に沿わないことにはヤクザまがいの脅しを行ってたっていうから、職権濫用であり権威を濫用した傍若無人な行為もいいところです。自分が上の立場にいることをいいことに他者に対してこうような態度に出る。そして周りもそいつに異を唱えられないもんだから、典型的な同調圧力の手口だし、権威主義的でまともじゃなくなるのは確かだ。

この元助役のやりたい放題に対して何も言わなかった高浜町も問題、いくら高浜原発のお膝元だからって原発利権にからむ問題について目を向けなかったのって、原発利権に甘えているとしか思えないし、こう見ると原発がある自治体って変に影響力を持ってしまうのではとすら思います。これでは産油国と同じに見えてくる。

原発を抱える自治体なのをいいことにそれを管轄する電力会社に対して不当な干渉を繰り返すのは、職権濫用に等しいものだし、簡単に言えば行き過ぎたお節介です。
関西電力については、賄賂と知りながら平気で受け取り、またその事実を問題視しなかったのって組織としての体がなっていないとしか思えないが、これには首脳陣の日和見っていうか利益至上主義体質なせいでこうなったと思うと、ダラケているを通り越したくもなります。

自分が特別な地位にいたり上の立場にいることをいいことに、やたらと他者に干渉して金品を贈ったりして自分に同調するよう圧力をかけ、異を唱えようとする者に対して脅しをするというこの元助役の行為は職権濫用罪に当たると思うが、既に死んでしまった為起訴できないんだから、今までやりたい放題をもみ消し同然に黙認してきた高浜町の責任は相当なものだし、不当で不正なやり取りを圧力を持ってしてもみ消そうとするのは権威主義的な考えで不公平にもほどがあります。
日本のどうしようもない欠点の一つに、相手が名士だからってだけで周りが持ち上げて特別扱いするような風潮が横行しているってところもあるけど、目上を敬う。言ってることや考えは絶対で異論は許されない。なんて儒教的な考えが社会に根付いてるもんだからこうなったと思うんだよね。儒教的な価値観は権威主義の塊でしかないわ。同調体質がまかり通るのも儒教的な考えに基づくものだと思うと、日本人が自立性に欠けて権威及び同調主義を重んじるのも結局儒教的な価値観のせいだろうか。

権威主義の横行は、社会の腐敗しかもたらさない。そいつが周りから持ち上げられて変に自分は特別な存在だと思いこむようになり、ましてや上の立場にいれば余計そうなって自分のやることは正しいと勝手に思い込んでその立場に甘えて好き勝手に振る舞うようになれば、私利私欲に溺れて周りが見えなくなってしまうのだ。即ちタチの悪いナルシストになってしまうのです。この元助役の言動を見て思うことはこうだと思うね。

theme : これでいいのか日本人
genre : 心と身体

教育現場に弁護士を置く、賛成!!

文部科学省スクールロイヤーなる専門の弁護士を全国の教育現場に置くって方針を決めたけど、これにはいじめや虐待といった事件が相次いでいることを受け、教育現場や児童相談所などでは不十分過ぎることを痛感してか、だったら専門の弁護士をおけば問題が深刻化する前に解決出来るってことだけど、かねてから教育現場や児童相談所に専門の弁護士を置くべきと私も訴えており、この方針には大いに賛成です。

今まで学校や児童相談所って治外法権的なところがあって、いじめや虐待が起こっても第三者が干渉できるような環境ではなく、これが教員や児童相談所の職員の事なかれ体質を横行させたというか問題解決能力の無さも露呈したけど、これではいじめや虐待はなくならないし、教育委員会もまた自治体ベースで学校側の言い分をどうも信用してしまうせいか問題を有耶無耶にしがちだけど、法律の専門家である弁護士を教育現場に置くことで教員や児相の職員も変に自分の立場を利用できないでしょう。

スクールロイヤーを学校などに置くことも大事だが、いじめや虐待被害者側の弁護士制度を導入することも必要だと思います。スクールロイヤー制度のデメリットである弁護士が学校や教育委員会、児童相談所を守る側にならないかって懸念もあるし、いじめや児童虐待は立派な犯罪、その被害者を救済する側の人間がいなければ不条理でしかありません。それと警察とも連携をとって問題を早期解決するような対策も必要だ。ましてや裁判沙汰にでもなれば最悪だからな。

いじめについて法的な解決は必要だが、学校及び保護者、生徒との関係について法的に解決しても互いの信頼関係が崩れては後味が悪いし、弁護士が関わることで学校と保護者、生徒、そして地域社会との関係にいい影響を与えるかも注視しなければ別の問題を生むだけなんだよね・・・。それと学校、教員に対して当事者意識っていうか問題解決能力をしっかり持たせることが大事なんじゃないかな? 何事もなくとのほほんと日和見体質が蔓延っているようでは組織が腐敗する一方だし、地域社会に与える信用も低下します。

学校や児童相談所、教育委員会を変える為にはこのような方針は必要ではないでしょうか。法律の専門家である弁護士を置くことでもう一つ、体罰についても対処できると思います。

theme : 教育問題
genre : ニュース

災害を悪用する奴ら

千葉県を襲った台風被害は、その後停電やまだ残る暑さの影響で熱中症で倒れる人達がいるわ、倒木のせいで交通網が麻痺している地域もあって復旧が進まない状況が続くわで多大な被害をもたらしているけど、政府の初動の遅れもあってかそれに拍車をかけてるし、さらに森田健作県知事の「予測がつかない」と言う発言には正直呆れるしかないけど、台風は予め来るのが想定できるのに予測がつかないなんて発言は他人事過ぎて全く危機感がないとしか思えないんだよね。来るのが分かっていたらすぐに対策本部を作って対策を練るのが得策だと思う。

さて今回千葉を襲った台風被害は、多くの家屋が被害を受けたけど、中には屋根が飛ばされたものもあるが、その修復には当然リフォーム会社を当てにするけども、中にはまともじゃない業者もいるんだから困ったもんだ。
適当に修理して後で高い予算を要求するロクでもない業者もいるわけだが、こいつらは災害を利用して金儲けをしようとしか思えないんだよね。典型的な「人の不幸は蜜の味」体質であり拝金主義丸出しもいいところ。

いい加減な修理しかしてもらえず後で高い金をふんだくられる人もいるが、詐欺に遭ったとしか思えないし、藁にもすがる思いでリフォームしてもらおうという気持ちでこんな業者に依頼したほうも悪いと思うんだよ。普通屋根の修理を業者に依頼する場合は見積書や契約内容を充分に確認することって自治体では言ってるけど、それが市民に十分認識されていないことにもつけ込んでるかも知れない。

中には屋根にブルーシートをかぶせただけで18万円を請求するなんて手口もあったし、市の職員を騙って義援金詐欺をやらかす者もいたりするんだから、こいつらは金の為なら人を平然と食い物にするのかと思うし、悪質な詐欺師もいいところだ。
災害を悪用した詐欺行為である以上、極めて容認できないもいいところです。
「悪銭身につかず」と言うことわざを知らないのかこいつらは!!

市民も市民で、まともなリフォーム業者かとか市の職員が義援金を募るなんてあり得ないとかの認識を持つべきだとは思います。振り込め詐欺において警察や自治体の職員が銀行口座などを聞くわけがないのと同じ感覚を持つべきです。

災害を利用して自分たちの私利私欲をもたそうとするのは極めてふざけているし言語道断、こういう奴らには天誅でも下ってほしいわ。

theme : このたわけ者ッ!!
genre : ニュース

ポーランドも過去を「蒸し返す」!?

今月1日にポーランドにおいて第2次世界大戦勃発の発端であるナチス・ドイツ(ソ連も)によるポーランド侵攻から今年で80年になることから、ドイツに対して戦後賠償を要求するというとんでもない姿勢を表明したけど、戦後補償は解決済みとの立場を取っているドイツにとって「寝耳に水」もいいところだし、ここに来て突然ドイツに戦後賠償という徴用工問題を持ち出す韓国よろしく過去を蒸し返すようになったポーランド、何が原因なのだろうか?

戦後ソ連によって共産主義国家にされたポーランド、他方東西に分断されたドイツ、その間ドイツ(当時は西ドイツ)はフランスなど西欧諸国と戦後補償問題を解決したけど、ポーランドについてはソ連によって賠償請求を阻止されたことで両国との間にしこりが残ったが、ソ連による干渉で戦後補償問題が解決できなかったのってソ連は自分たちに矛先が向けられることを恐れて当時のポーランド政府にソ連が圧力をかけたとしか思えない。
1990年になってやっとドイツとポーランドは戦後の国境条約に署名して戦後補償問題は解決したけど、遡ること1953年に東ドイツ(当時)とポーランドの間で第2次大戦中の補償請求権を放棄しており、この時点で解決積みであるというのがドイツの主張だという根拠を示してもいる。また1970年に西ドイツのヴィリー・ブラント首相がワルシャワを訪問して、ワルシャワ・ゲットー跡地にあるユダヤ人慰霊碑の前で跪いたことでポーランドはドイツを赦したという根拠も上げているが。

しかしポーランドではその合意は曖昧で受け入れられないと批判する意見もあり、前述の1953年に東ドイツとの合意はソ連の圧力で仕方なくやったものだとしてこれが戦後補償問題を蒸し返す要因とも言える。ソ連による干渉で請求権協定合意を余儀なくされた。ソ連にすればポーランド侵攻の責任を負いたくない、あれは全部ドイツの仕業だとしてドイツに全責任を押しつけたとしか思えない。即ち戦勝国による歴史の捏造だわ。
今月1日にポーランド各地で行われた式典、ナチスが初めて空襲したビエルンでの式典に出席したドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー大統領は「ドイツの残虐行為の犠牲者の前に頭を垂れ、赦しを乞います」と改めてナチスによる行為を断罪してポーランドに謝罪したが、同日グダニスクで行われた式典ではポーランドのマテウシュ・モラビエツキ首相が「我々は未だにドイツから公式な謝罪も賠償も受け取っていない」と未だドイツは国家として謝罪及び賠償していないことを批判したが、これには未だドイツが戦時中の残虐行為についてナチスに全責任をかぶせて国家として真摯に反省していないという姿勢への批判と言える。
ドイツはナチスによる残虐行為については責任を感じている一方、周辺国に対する補償については要求を拒否する姿勢を崩しておらず、解決済みの立場も崩してないけど、これには戦後補償問題についてナチスに全責任をかぶせ続けてきたツケが一気に回ってきた感もするんだよね。国家として謝罪及び賠償した相手は未だユダヤ人だけなことも影響していると思う。
「ドイツはユダヤ人には謝ったのに我々には謝っていない、これって不公平だし差別だ!」って不満がどこかにあったんでしょうね。

戦後補償問題は全部解決済み、戦時中の残虐行為についてはナチスがしたことだとしてやり過ごしてきたドイツ、フランスなど西欧にはその理屈が通用してもポーランドにそれが通用しなかったのってある意味皮肉も皮肉です。
ポーランドについては西欧と比べてドイツから充分な補償を受けていない。賠償請求権を放棄せざるを得なかったのはソ連の圧力だとして1953年の東ドイツとの合意を認めない意見が多くなった背景にある理由に、2015年に「法と正義」が政権第一党となったことで戦後補償問題を蒸し返すようになったけど、今頃になってドイツに対して過去の問題を蒸し返すのって、やってることは韓国と変わらないんだよねェ・・・。フランスなど西欧は豊かだけどポーランドはそんなでもないからドイツに対して賠償要求って、徴用工訴訟にも当てはまるもので露骨なタカリにしか見えない。ギリシャも国家が貧しいもんだからドイツに対して賠償要求するというとんでもない姿勢に及んでるのもそれが言えてる。
ドイツもドイツで「解決済みの問題を蒸し返されて心外だ!! ポーランドとはあらゆる関係を見直す!!」ってポーランドに対して不信感を抱きそうな気がします。

日韓と違ってことあるごとに歴史問題でこじれることがないドイツとポーランド、戦後のドイツとポーランドの関係改善を巡る歴史認識のズレがそうなったと思うと、ドイツとポーランドの間にも歴史認識問題がくすぶっていると思います。ポーランドって韓国と違って「大人」なのに「実は」とも思うわ。

theme : 歴史認識
genre : 政治・経済

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード