FC2ブログ

メッシ、バルセロナ在籍を振り返る

2004年にデビューしてからずっとバルセロナに居続けたもんだから、今までを振り返りたくもなる?

引用

メッシが考えるキャリア最高のゴールや難敵は?宿敵C・ロナウドには「スペインで続けてほしかった」

バルセロナのリオネル・メッシは、これまでのキャリアの中で最も印象的だったシーンやクリスティアーノ・ロナウドについて語った。

2004年にバルセロナのファーストチームデビューを飾って以降、フットボール界の頂点に君臨し続けるメッシ。通算600ゴール以上を記録し、数々のタイトルをバルセロナにもたらしたアルゼンチン代表FWは、『RAC1』で15年間にわたるキャリアを振り返った。

最も気に入っているゴールについて問われたメッシは、「何度も言っているけど、ローマであったマンチェスター・ユナイテッドとのファイナルでのゴールだ」と2-0で勝利した2009年チャンピオンズリーグ(CL)決勝のチーム2点目となるゴールをピックアップした。

また、対戦した中で手強いディフェンスについて「特定した名前は言いたくないけど、フィジカルで戦うイングランドのチームはハードだ。彼らとのフットボールはより戦術的で難しいものになる」と昨シーズンのCL準決勝でリヴァプールに大逆転負けを喫するなど、プレミアリーグのチームにはあまり良い印象を持っていないようだ。

最も印象に残っている試合について「僕たちが2-0で勝ったレアル・マドリーとの(2011年CL)準決勝」と回答したメッシは、ライバルであるクリスティアーノ・ロナウドに関する質問にも口を開いている。

「クリスティアーノには、スペインのリーグで、マドリーで続けてほしかった。彼は僕とのライバル関係、エル・クラシコ、リーグ自体に本当に多くをもたらしたと思っている」

さらに、メッシは2008年から2012年までバルセロナを率いたジョゼップ・グアルディオラ監督に関しても言及。「グアルディオラはベストだ。ルイス・エンリケは彼に近い存在だと思う」と称賛し、「グアルディオラの時代が、キャリアで最高の時期の1つだった」と明かしている。

最終更新:10/10(木) 11:50 「GOAL.com」より
2004年にバルセロナのトップチームでプレーしてからずっとバルセロナ一筋なリオネル・メッシ、クラブ在籍15年を迎えた今年になって今までのバルセロナでのサッカー人生を振り返ったけど、最も至福だった時代、ライバルでもあるクリスティアーノ・ロナウド、手強かった相手、印象に残る試合。きりがなかったです。

最も気に入っているゴールシーンに「何度も言っているけど、ローマであったマンチェスター・ユナイテッドとのファイナルでのゴールだ」2009年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・ユナイテッド戦で2-0で勝利して、決勝ゴールとなる2点目を上げたことがバルセロナ在籍中に上げたゴールで最も気に入っていると言うけど、過去には本家ディエゴ・マラドーナの5人抜きゴールを再現したものもあったけど・・・?

最も記憶に残った試合に2011年のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝のレアル・マドリー戦を上げ、続けてライバル、レアルのエースだったクリスティアーノ・ロナウドにも触れて「クリスティアーノには、スペインのリーグで、マドリーで続けてほしかった。彼は僕とのライバル関係、エル・クラシコ、リーグ自体に本当に多くをもたらしたと思っている」とロナウドがいたからお互いにいい勝負を繰り広げてサッカーファンを魅了して、エル・クラシコも盛り上がったと語ってるけど、ロナウドの存在はメッシにとって特別なものですかね? そのロナウドはユベントスに移籍してしまったことで残念さも語ったけど・・・。お互い全盛期にライバルクラブで活躍したのって、よくある話かも知れないが。

また最も私服の時だったのはジョゼップ・グアルディオラ監督時代(2008年から2012年)で、自身もサッカー選手のキャリアとして最もいい時期だったってことだけど、奇しくも世界的スターへと登り始めた時期と重なったことも影響してます。
クラブに数々のタイトルをもたらしたメッシ、まさにバルセロナの伝説になりつつあります。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

やっぱ「パワハラ」よ

湘南ベルマーレやサッカー界のみならず、日本スポーツ界でこの問題を重く見て教訓にしなければいけないのは確かだ。

引用

「行き過ぎた指導存在」Jが曹監督のパワハラ認定

Jリーグは4日、湘南ベルマーレの曹貴裁監督(50)にパワハラ行為があったとして、公式戦5試合の出場停止とけん責の処分を科した。パワハラの具体的事例を含む調査報告書も公表した。クラブには制裁金200万円とけん責の処分を下した。これを受けた湘南は平塚市内で会見し、曹監督が騒動後初めて公の場に登場。6日の川崎フロンターレ戦から復帰が可能だが、処遇は保留と発表した。

Jリーグが断を下した。3日の裁定委員会で、活動自粛中の曹監督には「けん責」と「公式試合5試合の出場資格停止」、湘南には「けん責」と「制裁金200万円」の処分を決めたことを発表した。クラブでのパワハラ行為をリーグ主導で調査し、裁定を下したのは初めて。村井チェアマンは「監督はいきすぎた指導が存在したと認定し、そうした事実をもとに判断した。指導者としての力量も高い監督でもあるので反省をして再起してほしい。湘南は管理監督責任は重いという認識」と説明した。

公表された18ページの調査報告書にはパワハラの詳細が記載された。第一報は7月のJFAへの匿名の電話通報。村井チェアマンは「臆測とか伝聞とか風評というより具体性があり信ぴょう性が高く調査が必要」と判断し、弁護士4人による調査チームを結成。約60人の関係者へのヒアリング調査を実施した。

8月14日から9月6日までの調査で実態が明らかになった。「(お前は)チームのがんだ。他にうつるから出ていけ!」などの暴言や、法的には暴行罪となりうる不適切な行為、曹監督による告発者の探索行為なども確認された。「怖かった」「朝、吐き気を感じる」などの訴えは少なくなかった。会見に出席した芝弁護士は「監督自身が主張するようにチーム、相手のためを思ってしたものでも適正な範囲を超えている」と話した。

村井チェアマンは会見前に湘南の真壁会長と水谷社長に内容を伝え「クラブとして再発防止に向けて動きだします」との返事を聞いたという。今後は全クラブへの周知徹底を図りながら「各クラブに人事系のコンプライアンス対応するヒューマンオフィサーの設置を準備する。Jリーグとクラブで手を携えながら、こうしたことがないように取り組んでいきたい」と誓った。

[2019年10月5日7時35分「nikkansports.com」]より
選手やスタッフに対してパワハラ行為を繰り返したとして活動休止処分を受けた湘南のチョウ・キジェ監督、この問題についてJリーグはチョウ監督に対してパワハラがあったと認定して、公式戦5試合出場停止及びけん責処分、湘南に対してけん責及び200万円の制裁金を下したけど、パワハラ行為をしといて処分がこれだけ? って言いたくなります。

リーグ主導でクラブ内でパワハラがあったかを調査し、裁定を下したのは初めてのケースだが、選手やスタッフに対して暴言、中には人格否定に当たるようなものまであったのに、5試合出場停止及びけん責処分って甘すぎるし、それでいて「指導者としての力量も高い監督でもあるので反省をして再起してほしい」なんてバカじゃないのか? こんな人間に指導者としての力量が高いだなんて、Jリーグ首脳陣の頭ン中は昭和のまんまだわ。

ハッキリ言って、選手を怒鳴ったり手を上げることも厭わない昭和の根性論丸出しでしかないチョウ監督の姿勢、まだ古臭い精神論をありがたがる指導者がいるのかとすら思うし、クラブの首脳陣もこのせいでサポーターどころか世間に多大な迷惑をかけているのにチョウ監督を擁護して厳しい姿勢に出れないのは情けないし、自浄能力などあったもんじゃありません。
問答無用で解任したほうがクラブの為です。厳しい処分をくださなかったJリーグ及び湘南のフロントに対してサッカーファンは怒るべきだ。
「こんなパワハラ指導者なんか要らない!」「湘南のフロントはバカか!?」「こんな指導者をかばうようなJリーグは倫理観が遅れてる!」ってね。

それとチョウ監督について解任だけでなく、指導者資格永久剥奪、即ちサッカー界から永久追放にでもしたほうがいいと思います。こんな指導者がまだいるようではサッカー界のみならず日本のスポーツ界の品格にだってかかわります。

theme : 考えさせるニュース
genre : ニュース

久保建英、リーガ初アシストも

途中出場とはいえ、結果を残したけど・・・!?

引用

マジョルカ監督、久保建英のアシストも敗戦に落胆「彼が試合の流れを変えたわけじゃない」

 22日のリーガ・エスパニョーラ第5節、マジョルカは敵地コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ戦を2-4で落とした。ビセンテ・モレノ監督は、チームの敗戦に大きな落胆を感じている様子だ。

ヘタフェの3得点を許した後、FW久保建英のアシストなどからFWアンテ・ブディミルが2得点を決めるなどして、一時1点差に詰め寄ったマジョルカ。しかし、その後にはFWアンヘル・ロドリゲスに追加点を決められ、結局2-4で敗れている。

ビセンテ・モレノ監督は試合後、この試合の前半19分に負傷したMFサルバ・セビージャとの交代で出場した久保、またブディミルの活躍について言及。スペインメディアでも、マジョルカにおける最大のスターとして扱われる久保が試合の流れを変えたとの見解に対して、否定的な見解をしめしている。

「アウェーで2得点を決めて役立たないというのは悲しい。ブディ(ミル)については喜ばしいよ。私たちはゴールを決められるようになったが、しかし4失点を喫してしまった」

「久保については、ほかのチームメートと同じだ。私たちはチームとして良い試合をできなかったし、彼が試合の流れを大きく変えたわけではない。それは全員の問題だ。一人の選手を例外としては扱えない」

マジョルカはリーガ第5節までの成績が1勝1分け3敗で、17位に位置している。

 最終更新:9/23(月) 7:16 「GOAL.com」より
マジョルカにレンタル移籍したもののレギュラーをつかめていない久保建英、22日に行われたリーガ第5節のヘタフェ戦(アウェー)、この日もベンチスタートだったけど出番はいきなりやってきました!!

前半19分にこの試合先発出場したミッドフィルダー、サルバ・セビリアが負傷したことにより、その代わりとして久保が投入されたけど、試合開始前半での途中出場にも並々ならぬ意気込みが出たようです。

いきなりフリーキックを任されたり(相手ディフェンスに阻まれたが)、中央から直接シュートを放つなど得点への貪欲さを見せると、後半25分には右サイドからボールをキープしてクロスを放ち、中央にいたフォワード、アンテ・プディミールがこれを頭で合わせてゴール!! リーガ移籍後初となるアシストを記録したようです。
貪欲にゴールを奪おうとする姿勢、そして攻撃の起点にもなったその姿勢、これにはスペインのメディアからも好評価を受けたけど、途中出場でこれだけ存在感を示したことで驚くのも無理はありません。

とはいえ試合は2-4で敗れたことで、いいようでそうでもないとも思います。
久保が初アシストを決める前まで0-3とリードされてたし、プディミールが久保の初アシストからのゴールを含む2ゴールを決めても、その直後にヘタフェにダメ押し点を奪われたことから、チームとしてよろしくない内容だったんだから、久保投入でチームが活性化したとは思えない。それと日本のマスコミはあまり騒がないほうがいいと思うよ。マジョルカのビセンテ・モレノ監督は久保について「特別扱いはしない」と言ってるんだし。

リーガ初アシストを決めたもののチームの勝利を呼び込むことは出来ず、久保にとってもチームにとっても苦い試合となったことは間違いないです。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

岡崎慎司、マラガに加入したのに突然

移籍内定が突然解消って、選手にとっちゃ溜まったもんじゃありません。
所属先が決まらないジレンマは選手にとって悪影響でしかないです。

引用

岡崎慎司マラガと契約解除、年俸ネック選手登録できず

W杯3大会連続日本代表FW岡崎慎司(33)がスペイン2部リーグマラガと契約解除したことが3日分かった。移籍市場終了直後の3日午前0時1分にクラブから公式サイトを通じて正式発表した。

マラガの地元紙スルは移籍市場終了1時間前に、岡崎がホームスタジアム、ラ・ロサレダのオフィスで契約解除に向けた話し合いを行っていたことをすでに伝えていた。

サラリーキャップ制(移籍金の減価償却費及び選手年俸)の問題で選手放出が必要だったマラガで、岡崎が選手登録できない理由は高額な年俸にあった。実際、2部リーグ開幕から3試合連続でベンチ入りすることもできなかった。今後の移籍先については未定となっている。

[2019年9月3日8時27分「nikkansports.com」]より
長年所属したレスター・シティを退団し新たな所属先を探していた岡崎慎司、今シーズンはスペインのリーガ・エスパニョーラ2部のマラガに移籍したものの当初選手登録が遅れて試合に出場できず立ち位置が不透明だったものの、さらに今月3日になってマラガから突然契約解除というハメになり、加入したのにフロントの不手際で登録できず何とか登録したものの突然契約解除というのは立て続けにトラブルに見舞われているとしか思えません。

なぜマラガから突然「残念ですがあなたと契約できません」なんて言われたんだろうか・・・?
それはマラガはサラリーキャップ制の問題で、岡崎を獲得しながら選手登録が遅れたのは高額な年俸が原因で登録できず、クラブとしては財政的に厳しい為か放出せざるを得ない状況だったことで突然の契約解除に至ったわけだが、それにしてもマラガのフロントに問題があるんじゃねェのかと言いたくなる。経済的に問題を抱えているのに背伸びして獲得してこうなったと思うと、フロントの状況判断の甘さが招いたと思います。

一点無所属となった岡崎、移籍マーケットは閉まっているけどただ無所属選手には適用していない為、まだ加入のチャンスはあるけど、フロントがしっかりしているクラブに行ってほしいものです。マラガは正直フロントがダメ過ぎる。

theme : まぢかよ!?
genre : ニュース

久保、バリャドリードではなくマジョルカ?

バリャドリード行きが確実になったと思いきや・・・!?

引用

レアル久保 マジョルカ移籍が急浮上 今季1部に昇格

 RマドリードのMF久保建英(18)が、今季スペイン1部に昇格したマジョルカに期限付き移籍する可能性が急浮上した。21日、地元テレビ局セクスタ(電子版)が「クボは当初、カスティーリャ(RマドリードB=3部)でプレーすることを望んでいたが、ついにスペイン1部でプレーすることに合意した。複数のオファーから、バリャドリードではなくマジョルカでプレーすることを選んだ」と伝えた。

 これまで地元メディアでは、スペイン1部バリャドリードへの期限付き移籍でクラブ間では基本合意したが、久保側が残留を希望していると報じられていた。またジダン監督も16日の会見で「私は久保が残ることを期待している」と残留を熱望。20日と21日はバリャドリード戦(24日)に向けたトップチームの練習に参加した。

 マジョルカは昨季スペイン2部5位で、昇格プレーオフを勝ち抜いて7季ぶりに1部に復帰。かつてFW大久保嘉人(磐田)、MF家長昭博(川崎F)がプレーした。

 [ 2019年8月22日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
レアル・マドリーから今シーズンはバリャドリードへレンタル移籍することで合意したものの、残留を希望したことで動向が不透明な久保建英、その久保が新たに選んだのは今シーズンリーガ1部に昇格したマジョルカみたいです。

バリャドリードとはほぼ合意して今シーズンはバリャドリードでプレーするだろうと思いきや、急転バリャドリードではなくマジョルカを選んだ久保、レギュラーを確約するとマジョルカ側から言われたんだろうか?

昨季リーガ2部を5位で終えたものの、昇格プレーオフを勝ち抜いて7季ぶりにリーガ1部へ復帰したマジョルカ、日本のファンにはかつて大久保嘉人や家長昭博がプレーしたことで知られてるけど、現在Bチーム(カスティージャ)に在籍している久保だが、1部でプレーしたいという要望はこんな形で叶うんでしょうかね。
確かに3部ではもったいない、1部でプレーしたほうが久保の為になるし、レアル・マドリーにとっても一皮むけて帰ってきたほうがいいからね。

Bチームで実績を積んだほうがいいとか、いや他の1部クラブで実績を積んだほうがいいという意見がゴッチャになっているけど、久保の今シーズンの動向問題もこれで収まればいいと思います。
レアル・マドリーからマジョルカにレンタル。ってあのサミュエル・エトーと同じ流れだわ。

theme : サッカー
genre : スポーツ

久保建英、バリャドリードへレンタル

Bチームへレンタル移籍する予定でしたが・・・。

引用

久保建英、バリャドリードへ期限付き移籍と地元紙

レアル・マドリードに所属する18歳の日本代表MF久保建英が、今季は同国1部のバリャドリードへ期限付き移籍する見通しだと7日、同国の複数のメディアが報じた。

ことし6月に史上2番目に若い18歳5日で日本代表デビューを果たした久保建は、FC東京からRマドリードに加入。1季目は2部B(3部相当)のリーグに属するBチームでプレーする見込みだったが、7月の始動時からジダン監督の下でトップチームの選手たちとともに強化試合にも出場していた。

7日はトップチームの強化試合には同行せず、マドリードで行われたBチームでの練習試合に先発し、後半途中までプレーした。

バリャドリードにはかつて城彰二が在籍。現在は元ブラジル代表のロナウド氏がオーナーを務める。

[2019年8月8日8時14分「nikkansports.com」]より
レアル・マドリーへの電撃移籍、ただ今シーズンはBチームへレンタルする予定でしたが、先月ジネディーヌ・ジダン監督の下でトップチームのアメリカツアーに帯同して存在感を見せつけるなどクラブにおける立ち位置をアップした久保建英、その久保に対して今シーズンはBチームへのレンタルではなく同じリーガ・エスパニョーラ1部にいるバリャドリードにレンタル移籍するという思わぬニュースが入ったようです。

当初は久保をBチームで経験を積んで結果を残せばトップチームに上げる予定だったレアルフロント、ただ先月のアメリカツアーに帯同させてそこで存在感を見せつけたことから、フロントはBチームでプレーさせるより他の1部クラブに貸し出したほうが久保の為にもいいと思って、その候補としてバリャドリードを挙げたかも知れないが、かつてレアルでエースとして活躍したロナウドがオーナーを務めているだけに、レアル人脈が背景にあるんじゃ・・・!?
さきのアメリカツアーでの活躍を見てバリャドリードのフロントが「これほどの逸材が今シーズンは3部にレンタル? 3部にやるのはもったいない、1部でプレーさせたほうがいい」としてレンタル移籍をレアル側に持ちかけたと思いますね。

7日にはぶっつけ本番でBチームの練習試合に出場した久保、別の意味でトップチームに昇格となりそうなバリャドリードへのレンタル移籍の噂、実現してほしいです。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード