FC2ブログ

「相手のロッカールームを話す気はない」

 自軍をうまくまとめられるかで監督としての素質は左右されるってことです。

引用

シメオネ「選手たちが反乱を起こしたら?何より大切なことは彼らの感情のコントロール」

30日のラ・リーガ第32節、アトレティコ・マドリーは敵地カンプ・ノウでのバルセロナ戦に臨む。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、喧騒に包まれるバルセロナについて多くを言及することを嫌った。

キケ・セティエン監督率いるコーチ陣と選手たちの確執が騒がれるバルセロナだが、当然のごとくシメオネ監督もその質問が飛んだ。だがアルゼンチン人指揮官は、自チームのことだけに集中していると強調した。

「ほかのロッカールームについて話すことはない。私たちのこと以外はね。選手たちはいつだって守られ、気を配られなくてはいけない。各選手の感情をしっかり扱うことが肝要だ。何よりも大切なのは彼らが良いプレーを見せること、そして私たち(コーチ陣)が彼らの感情面をコントロールすることだ。それこそが最も大切なことだと私は考える」

「もし選手たちが反乱を起こしたら? 別に何かを語りはしないよ。ロッカールーム内の範疇で、自然な解決を導くだけだ。練習やコーヒータイムなどが、内部の問題を解決するために使われるかもしれないね」

「セルタ対バルセロナの給水タイム中に、メッシが助監督エデル・サラビアの指示を無視したこと? テレビで見ることのできるすべての状況を分析しているわけではない。私が目を留めたのは、バルセロナが前半に良い攻撃を見せていたことだ。後半はほかの試合でも見られるような疲労が生じたが、しかし前半は素晴らしかった」

シメオネ監督率いるアトレティコはラ・リーガで、一度もバルセロナに勝利したことがない。

「チャンピオンズでもカンプ・ノウで勝ったことはない。一試合は1-1の引き分けで、もう一試合では敗戦した。勝ったときにどう感じるのか分からない、素晴らしい挑戦となる」

その一方で、サイドハーフ&セカンドトップへのコンバートによって絶好調のMFマルコス・ジョレンテが、アトレティコにとってのメッシかと問われると、こう返している。

「いや。メッシではない。それははっきりしている。彼は慎ましい努力によって成長を続け、私たちに可能性を与えている。重要なのは、20分間のプレーでも人生を懸けることだ。本当に良い調子にあるし、結果を出せるところでプレーさせたい」

 最終更新:6/30(火) 9:16 「GOAL.com」より
 現在4連勝と調子が出ているアトレティコ・マドリード、次の相手はあのバルセロナということで、選手たちにとって相当なモチベーションであるのだが、バルセロナについて監督と選手間で現在ギクシャクした雰囲気ということもあり、アトレティコはそうじゃないよなという疑問についてディエゴ・シメオネ監督はバッサリその噂を一蹴したようです。

「ほかのロッカールームについて話すことはない。私たちのこと以外はね。選手たちはいつだって守られ、気を配られなくてはいけない。各選手の感情をしっかり扱うことが肝要だ。何よりも大切なのは彼らが良いプレーを見せること、そして私たち(コーチ陣)が彼らの感情面をコントロールすることだ。それこそが最も大切なことだと私は考える」相手のことを心配するより自分たちを優先する。そして周りも選手たちを信頼して感情のコントロールを上手くやることが大事。そしていいプレーを見せることが大事。とシメオネなりの持論を展開し、また選手たちが何か揉め事を起こしたらロッカールーム内で問題を解決するよう導いて再び団結するだけとシンプルな見解を示したようです。

 シメオネのカリスマ性の下に選手が団結し、チームとしてまとまっているアトレティコのこと、大事なのは選手の感情をコントロールして上手くまとめ上げることが監督の努めだと言うけれど、シメオネ体制になってから一度もバルセロナに勝ったことがないアトレティコ、初勝利をつかめるのか、見ものだ。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

久保、レアル元相手に奮闘

❝古巣❞バルセロナ相手に奮闘して保有元であるこのクラブ相手にも・・・!!

引用

マジョルカ久保 レアル戦にフル出場 敗戦も存在感見せる

 マジョルカの日本代表MF久保建英(19)は24日、敵地で行われた保有元のレアル・マドリード戦にフル出場を果たした。前半22分に左足で直接FKを蹴り、後半16分にはドリブルでスペイン代表DFセルヒオラモスら3人抜きから右足で惜しいシュートを放つなど存在感を見せたが、チームとして力の差を見せつけられ、試合は0―2で敗れた。

 試合はトップチームの本拠地であるサンティアゴ・ベルナベウではなく、マドリード・バルデベバス地区にあるシウダード・デポルティバ内の「アルフレッド・ディ・ステファノ」で開催。昨夏にFC東京からレアル・マドリードに電撃移籍した久保にとって、3部に所属する下部組織チームのカスティージャでデビューを飾った思い出のスタジアムだった。

 試合は前半19分にクロアチア代表MFモドリッチのパスを受けたブラジル代表FWビニシウスが右足で冷静に流し込み、Rマドリードが先制。後半11分にはセルヒオラモスがFKを右足で直接たたき込み、試合を決めた。

 この日もベテランキッカーに代わり直接FKを蹴るなど、もはやマジョルカの押しも押されもせぬ攻撃陣の主軸に成長した久保。来季の去就に関し、スペイン地元のAS紙がスペイン国内10チーム他、パリSG、アヤックス、ラツィオ、ACミラン、セルティックなど各国の名門を含め30に上るクラブが獲得に強い関心を示していると報じるなど、日に日に周囲が騒がしくなっている中、久保は得点こそ決められなかったものの、レンタル元のチームに対して“武者修行”による確かな成長ぶりを示した。

 [ 2020年6月25日 09:40 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 レアル・マドリーの本拠地であるサンチャゴ・ベルナベウではなくマドリード市内の「アルフレッド・ディ・ステファノ」スタジアムでレアル・マドリーと対戦したマジョルカ、久保建英にとってレアルのホームに乗り込んでの対決でしたが、久保にすればここでレアル相手に奮闘して存在感を見せつけたかったと思います。

 前半22分に左足から直接フリーキックを蹴ったり、後半16分にはレアル・ディフェンスを翻弄して右足でシュートを放つなどレアル相手に奮戦したものの得点には至らず・・・。チームも0-2で敗れ力の差を見せつけられたけど、バルセロナ戦同様強豪相手に臆せず果敢に攻めた久保の姿勢にはレンタル元のレアルも成長ぶりを見たと思うね。
 セルヒオ・ラモスなどを相手に検討してシュートに持ち込むという個人技を見せつけたけど、試合ごとにレベルアップしている感がしてなりません。

 スペイン国内はイザ知らず各国の名門・強豪クラブからオファーが来るなど評価がうなぎ上りな久保、ますます今後が楽しみな逸材です。今回のレアル戦は3部・カスティージャの本拠地だっただけに、久保にとってスペインデビューを飾った特別な場所での試合でしたが、レンタル元相手にここまで奮闘はいいことでしょう。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

久保、初めてバルサとのマッチアップ

 リーグ戦再開となったリーガ・エスパニョーラ、久保建英が在籍するマジョルカの相手はあのスター軍団です。

引用

久保 マジョルカの「BOSS」に!リーグ再開初戦“因縁”バルサ相手に孤軍奮闘で異彩放つ

 マジョルカの日本代表MF久保建英(19)は13日、ホームのバルセロナ戦に右MFでフル出場し孤軍奮闘の活躍を見せた。新型コロナウイルス感染拡大により中断していたリーグ再開初戦。無観客で行われた試合はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)率いるスター軍団に0―4で完敗したが、久保は“因縁”の古巣相手に意地を見せ、前半に2本の惜しいシュートを放つなど輝きを放った。

 スター軍団を相手にひとり気を吐いた。最大の見せ場は前半22分。開始2分に先制を許すなど苦しい展開だったが、久保は味方とのワンツーで右サイドを切り裂き、ドリブルで切り込んで最後は得意の左足を一閃(せん)。シュートは惜しくもドイツ代表GKテアステーゲンにはじかれたが、「自分は将来を期待される選手ではなく、最高の将来に向かって今をプレーしたい」と試合前に宣言した通りのプレーで古巣のゴールを脅かした。

 公式戦は3月7日の敵地エイバル戦以来、実に98日ぶり。試合は慣れない無観客で、開始前にはコロナ犠牲者へ黙とうが行われた。ただ、久保の集中力は途切れることはない。前半32分には直接FKで再び相手の脅威に。またもやドイツ代表守護神が立ちはだかったが、ディアリオ・デ・マジョルカ紙はこのプレーに注目。普段キッカーを務める主将で36歳のサルバ・セビリアを差し置いて蹴ったことに「クボがこのチームのボスの座を勝ち取った」と強調した。Rマドリードから期限付きで加入して9カ月足らず。誰もがその実力を認めた証で、この日も異彩を放った。

 試合はメッシが1得点2アシストと2―5で敗れた昨年12月7日のアウェーでの初対戦に続き、大敗。勝ち点差2の2位につけるRマドリードへの援護はできなかった。ただ、11年から4年間、下部組織でプレーした古巣にインパクトを残し、マルカ紙は「マジョルカはタケのインスピレーションに依存していた」とチームでは唯一で、バルセロナを含めても、メッシほか得点を決めたDFアルバらと同じく、最高となる2点(3点満点)を与えた。

 今季リーグ戦は残り10試合。16日には中2日で敵地ビリャレアル戦が待ち受ける。「最後の汗の一滴が流れるまで戦わなければならない」。チームの主軸に成長した久保が、降格圏18位に沈むチームの浮沈の鍵を握りそうだ。

 [ 2020年6月15日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 ホームにてあのバルセロナと対戦したマジョルカ、リーガ再開の相手がいきなりバルセロナということで久保というかマジョルカにとって厳しい相手な上に、COVID-19のせいで無観客試合でのリーグ戦再開だったけど、久保にとって❝古巣❞との試合は特別な想いで迎えたと思うね。

 試合は開始2分にいきなり先制ゴールを喫して厳しい立ち上がりとなるも、久保はだったら追いついて見せると意気込んだのか前半22分に味方とのワンツーからドリブルで運び、得意の左足でシュートを放つも相手キーパーのセーブに阻まれ得点ならず、やはりホームでのバルセロナ相手で気合も入ったのか、いきなり見せ場を作ったと言える。
 だったら次は決めてやると前半32分にフリーキックのチャンスを得ると、直接シュートを放つもこれまた相手キーパーに阻まれ(真正面だった)得点ならず・・・。ただ2度も相手キーパーを脅かしたことは間違いない。

 試合は0-4で大敗し、1部残留を目指すチームとしては痛い結果となったものの、この試合で強い存在感を見せた久保「クボがこのチームのボスの座を勝ち取った」とフリーキックを務めるチームのキャプテンを差し置いて久保がフリーキックを蹴ったことで、チーム内で1番になっていることを現地紙は強調したみたいです。
 現にこの試合のマジョルカは久保以外に目立ったシーンがなかっただけに、久保がそう評価されるのは当然だったと思います。

 レアル・マドリーからレンタルしている身とはいえマジョルカの主軸になっている久保、こうなるとレアル復帰も時間の問題となりつつあるが・・・!!

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

通算308試合出場、地味にスゴい

 ヨーロッパ・サッカーにおいて日本人がこのような記録を作るのは素晴らしいことです。

引用

長谷部308試合、円熟のクレバー守備で大迫封じ

 <ブンデスリーガ:ブレーメン0-3Eフランクフルト>◇3日◇ブレーメン

 アイントラハト・フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(36)が、ドイツ1部リーグ通算308試合出場で、元韓国代表FWの車範根(チャ・ボンクン)が持っていたアジア選手の最多出場記録に並んだ。敵地で大迫勇也のブレーメンと対戦し、後半16分の先制点の起点になるなど3-0の勝利に貢献した。長谷部とともに先発したMF鎌田大地は後半32分までプレー。大迫は同31分に退いた。

  ◇   ◇   ◇  

 長谷部は大迫らブレーメンの攻撃陣に付け入る隙を与えなかった。36歳の元日本代表は過密日程の中でも3試合連続フル出場を果たし、ドイツ1部リーグ通算でアジア選手最多記録に並ぶ308試合出場に到達した。節目の一戦を完封で飾り、クラブを通じて「とても誇りに思う。これで降格圏(入れ替え戦に回る16位)と勝ち点8差をつけることができた」。チームは11位に浮上し、残留争いから1歩抜け出した。

 3バックの中央、いわゆるリベロとして守備陣を統率した。球際の争いでも奮闘。後半16分の先制点は長谷部の積極的な守備が起点だった。パスを受けた大迫に鋭く寄せてボールを奪い取ると、鎌田を経由して最後は味方がネットを揺らした。陰ながら勝利の立役者となった。

 08年2月の初出場からおよそ12年。ウォルフスブルク、ニュルンベルク、Eフランクフルトと3チームを渡り歩いた。ドイツ1部でプレーする現役選手では10位にランクイン(最多は今季限りで現役を引退するブレーメンFWピサロの487試合)。この日のファウル0というデータが示すように、相手の攻撃の芽を摘むクレバーな守備はさらに円熟味を増している。

 また、クラブOBでもある車範根については「308試合よりも多くの試合に出ることはできると思うが、100点くらい(98得点)決めている彼を得点で追い抜くことはできない。彼は素晴らしい選手でとても尊敬している」と話した。

 チームは5月のリーグ再開直後に1-3、2-5と大量失点での2連敗を喫し、2部降格危機に陥った。しかし、長谷部が守備の要として先発復帰すると、2勝1分けと上り調子。長谷部は「土曜日(次節6日)のマインツ戦で3ポイントを獲得できたなら、さらに上位を目指すことができる」。リーグ戦は残り5試合。下を向いていたチームが長谷部の活躍で上位を狙う態勢を整えた。

 [2020年6月5日7時56分「nikkansports.com」]より
 ドイツ・ブンデスリーガ通算308試合出場を3日のヴェルダー・ブレーメン戦で果たしたアイントラハト・フランクフルト長谷部誠、この試合では先制点につながるプレーをするなどチームの勝利(3-0)に攻守に渡って活躍して、タイ記録に花を添えたみたいです。

 なぜタイ記録か? ブンデスリーガにおけるアジア人選手の通算出場記録は韓国のチャ・ボンクンが持っていた308試合で、この試合に出場した長谷部はチャの持っていた記録に並んだということになります。

 2007年夏からドイツに渡り、ヴォルフスブルク、ニュルンベルク、そしてフランクフルトと3チームでプレーして、1試合1試合出場を積み重ねてアジア人選手の出場記録タイに並んだというと、地味にスゴいと言っていいです。
 ボランチだけじゃなくリベロもこなすなど、頭脳プレーも歳を重ねるごとにレベルアップしている長谷部、当然チームにとって欠かせない戦力となっているのは事実だし、一昨年のワールドカップを最後に日本代表を引退したことがある意味ターニングポイントだったと言える。

 ここまでドイツにおいて息の長い選手となったことは素晴らしいが、現在チームはこの試合の勝利で残留争いにおいて優位に立ったわけだが、長谷部に牽引される形でチームも奮起してほしいところだ。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

パリ・サンジェルマンが久保に興味?

 中断中のヨーロッパ・サッカーにおいても選手の動向は気になるみたいです。
 無論この人にも・・・。

引用

仏王者PSGがRマドリードの“真珠”久保建英獲得に関心!35億円のオファー提示か

 パリサンジェルマン(PSG)が久保建英獲得に関心を寄せているようだ。『フォー・フォー・トゥー』スペイン版が伝えた。

 昨夏にFC東京からRマドリードに移籍した久保。プレシーズンは同クラブで過ごしたものの、8月から1年間の期限付きでマジョルカに加入し、リーガ・エスパニョーラが中断するまで公式戦25試合で3ゴール3アシストを記録する。今シーズン終了後に一旦はサンティアゴ・ベルナベウに帰還するが、来シーズン以降の去就は不透明と考えられている。

 そんな中、リーグ・アン3連覇を飾ったPSGが18歳の日本代表MFに興味を持つ。同メディアによると、中盤に将来有望な選手の獲得を望むトーマス・トゥヘル監督がRマドリードの“真珠”久保との契約を希望するようだ。さらに、PSGは同選手がハイレベルな環境でも好パフォーマンスを発揮できると考えており、3000万ユーロ(約35億円)をRマドリードに提示したと伝えられている。

 一方のRマドリードは、来シーズンに久保をリーガ・エスパニョーラのクラブかチャンピオンズリーグに出場するクラブへの期限付き移籍を検討する模様。そのため同選手を売却する計画はないものの、ヨーロッパカップ戦やリーガ・エスパニョーラの優勝争いの中でプレーした経験のない選手としては十分すぎる移籍金を得られるとも認識しているようだ。

 2020.5.6 07:25 「サンケイスポーツ」より
 レアル・マドリーからマジョルカにレンタル中の身の久保建英、その久保になんとパリ・サンジェルマン(フランス)が興味を示しており、3000万ユーロ(約35億円)をレアルに提示したというみたいです。

 レアルにすれば今シーズン終了後に久保がマジョルカから戻ってくるけど、来シーズンはその久保をリーガ・エスパニョーラの他クラブかUEFAチャンピオンズリーグに出場するクラブにまたレンタルする方針だが、久保にすればマジョルカで経験を積んでそれでレアルに戻ってここからと思いきやまた別のクラブにレンタル移籍ってことで、複雑な感じはするでしょう。

 それとパリ・サンジェルマン行き、言葉の問題もあるしまた出番がもらえるか分からないだけに、そんな厳しい環境に身を置くよりもリーガの他のクラブで経験を積んだほうがいいと思うが・・・!?
 レンタルバックしたと思いきやまたレンタル移籍じゃ、たらい回し感もするが、とにかく久保の去就にまた注目が集まりそうです。それに35億円も提示されるって、久保の価値って改めて凄いのか・・・!?

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

リーグ・アンが「打ち切り」

 ヨーロッパ5大リーグで初めて今シーズンの終了を告げたみたいです。

引用

仏リーグ、打ち切り正式発表 パリSGの3連覇決定

 フランス・プロリーグは4月30日、新型コロナウイルスの影響で中断している今季1、2部リーグ戦の打ち切りを正式発表した。

 再開断念はイングランド、スペイン、ドイツ、イタリアを含む欧州5大リーグで初めて。消化試合数が異なるため1試合平均の勝ち点で順位を確定し、11試合を残して首位のパリ・サンジェルマンの3季連続9度目の優勝が決まった。GK川島永嗣のストラスブールは10位。19位アミアンと最下位トゥールーズが2部に降格し、2部からロリアンとランスが昇格。また来季は8月22、23日までに開幕を目指すと発表した。

 [ 2020年5月2日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
 COVID-19のせいでシーズン中断を余儀なくされているヨーロッパサッカー界、今シーズンを継続するか打ち切るかにおいて打ち切り論が高まっている中、フランスのプロリーグのリーグアン(1部リーグ)などが今シーズンの打ち切りを発表したみたいです。既に今シーズンの打ち切りを決めたオランダに続いて。
 COVID-19拡大により再開は難しいとフランス・プロフットボールリーグは判断したけど、選手やクラブの安全を考えてのことかも知れません。

 さて今シーズンを打ち切ったことで扱いはどうするのかについて、消化試合数がクラブによって異なる為に1試合平均の勝ち点で順位を確定することを決めたわけで、最も高いパリ・サンジェルマンが優勝ということになったが、平均勝ち点で順位を決めるというのはフェアなんでしょうかね。
 優勝及び昇降格も設けないオランダとは違い、順位を決めて優勝及び昇降格を設けたフランス、シーズンを無効とするよりきちんとした結果を示したかったんでしょう。それでもパリ・サンジェルマンが優勝したことで「つまんない」っていう批判もありそうだが。

 他(イングランド・スペイン・イタリア・ドイツ)は無観客でもシーズン再開を主張してますが、COVID-19感染拡大に歯止めがかからないイタリアやスペインは考えを改めたらどうかとも思うね。イングランドやドイツもしかりで。

 ただ平均勝ち点で決めたせいか、本来上位にいるクラブが平均勝ち点で順位を決めたことで下位になったことからこの決め方はおかしいと反論するクラブも出てくると思うけど。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード