ヘタフェ・柴崎が1ヶ月半の戦線離脱

バルセロナ相手に芸術的なゴールを決めた矢先に、こんなことになっちゃうなんて・・・!!

引用

ヘタフェ柴崎岳は1カ月半離脱、バルサ戦で左足負傷

 スペイン紙マルカ(電子版)は19日、サッカーの同国1部リーグ、ヘタフェのトレス会長がラジオ局オンダ・セロの取材に対し、柴崎岳(25)が1カ月半戦列を離れるとの見通しを明らかにしたと報じた。

 柴崎は16日のバルセロナ戦で先制ゴールを挙げたが、後半早々に左足を痛めて交代した。トレス会長は「バルセロナの選手に踏みつけられた」と主張している。

 [2017年9月19日12時48分 「nikkansports.com」]より
今シーズンからヘタフェに加入した柴崎岳、今月16日のリーガ・エスパニョーラ第4節であのバルセロナをホームに迎えての試合で、前半39分に左足で華麗なボレーシュートを放って先制ゴールを挙げるというセンセーショナルなシーンを見せつけましたが、後半早々突然左足の痛みを訴えて途中交代というアクシデントに見舞われたみたいです。

試合は柴崎が交代してからバルセロナに同点弾、そして逆転弾を決められて1-2で逆転負けを喫したヘタフェ、柴崎にとってもクラブにとっても痛い結末なことは間違いないです。
さらに痛い話は続く、何と1ヶ月半も戦列を離れることが明らかになったけど、ヘタフェのアンヘル・トーレス会長が「バルセロナの選手に踏みつけられた」と主張してますが、ホントだろうか?

この試合ではバルセロナのウスマン・デンベレが全治4ヶ月のケガを負ったことで、バルセロナ側がヘタフェのスタジアムの芝の状態に問題があったと名指しして、ヘタフェがこれに反論するという顛末にもなってますが、ピッチに責任を転嫁したところで何の解決にもなりません。

とにかく、加入早々ケガで離脱なんて、華麗なゴールを決めたのになんか浮かばれない・・・。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

オーストラリアに初勝利でロシア行き決定!!

初戦黒星と言う最悪の出だしから、紆余曲折したハリル・ジャパンでしたが・・・!!

引用

浅野が決めた!豪州“初撃破”で6大会連続W杯出場決定

 新世代がW杯の扉を開いた。日本は埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦し、2―0で快勝。勝ち点20で、グループ1位が確定し、6大会連続6度目のW杯本大会出場を決めた。FW浅野拓磨(22=シュツットガルト)、MF井手口陽介(21=G大阪)がゴール。若い力がW杯予選未勝利だった難敵を打ち砕き、ロシアへの道を切り開いた。

 ポーズが新時代の到来を告げた。W杯出場を決める一撃を決めた浅野はゴール裏まで走り、両手で牙をむき出しにしてみせた。「それを期待している人もいるので、やりたいと思っていた」。興奮は収まらない。そのままチームメートにもみくちゃにされた。「自分がヒーローになると言い聞かせていた」という決意を込めた一撃だった。

 前半41分、左サイドで長友がボールを受けた瞬間、抜群の嗅覚で最終ラインの裏を狙って駆けだした。「あそこしかなかった」。最終ラインを1人抜け出し、左足で丁寧に当て、右隅へ。一瞬の動きに相手GKは反応できなかった。スピード。これこそが浅野の武器だ。アーセナルのベンゲル監督が「走り、スピード、体の強さ、アグレッシブさ。最近あれほどDF裏に走り込む選手はいない」とほれ込む才能。今は期限付き移籍でシュツットガルトに所属し、大柄なDF相手に武器を磨き続けてきた。

 先発を告げられたのは決戦前夜。最近の最終予選4試合で出場機会は訪れず昨年9月のアウェー・タイ戦以来7試合ぶりの先発出場。「緊張しないように準備するのは無理。ドキドキした」と苦笑いするが、目を閉じれば腹は決まった。「ワクワクしながら寝ていました」。高校選手権では得点王に輝き、15年のJリーグチャンピオンシップでは途中出場でゴールを挙げ、リオ五輪でも連続得点。“持ってる男”としての価値を証明した。

 満足に試合に出られない時から自信だけは失わなかった。広島での1年目。リーグ戦出場はわずか1試合だったが、試合に臨むメンバーが張り出される部屋には、いつも自分の名前が書かれていると信じて足を運んだ。「(諦めて)見に行かない人もいるけど、自分はいつも行っていた。全く試合に絡めてなかった時でも“自分を出してくれたら絶対にゴールを決めるのに”と思っていた」。飛躍の原動力は自分を信じる気持ちの強さだった。

 過去にW杯決定弾を決めた選手はいずれも本大会の地を踏んだ。「W杯のメンバー発表が本当のスタート地点。そこに立てる準備をしたい」。新世代のストライカーが日本の新たなページを開いた。

 [ 2017年9月1日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
あと1勝でロシア・ワールドカップ出場権を手にできる日本代表、それをかけた相手はオーストラリア、今まで日本代表はオーストラリア相手に辛酸を味わい続けたことで、まさに「最後の壁」でしたが・・・。

そんな不安を一蹴したのはこの試合でスタメン出場となった浅野拓磨、ここ最近の最終予選では出番に恵まれなかったが、久々のスタメンで躍動したようです。
前半41分に長友佑都からのクロスに上手く反応して自慢のスピードで最終ラインへと抜け出し、左足でシュートを放ち先制点!! このクロスに上手く反応した浅野、スピードに秀でてる選手はこういうプレーに強いと言えますが、それにアグレッシブさとフィジカルの強さも加われば鬼に金棒です。

「自分がヒーローになると言い聞かせていた」、先発起用された以上は結果を出さねばいけないと言う自信をもって挑んだことがこのゴールにつながったと思うと有言実行もいいところです。

先制ゴールを決めた浅野もスゴいが、後半37分にダメ押しのゴールをミドルで決めた井手口陽介も褒めるべきでしょう。
試合は2-0でこのまま終了、この結果今まで勝てなかったオーストラリアに初めて勝利し、かつロシア・ワールドカップ出場を決めたのだから、浅野・井手口という若い力で勝ち取ったとなれば日本代表にとって収穫をもたらす価値あるものではないでしょうか。

初戦のUAE戦でまさかの負けを喫し、不安なスタートとなってその後も試合内容を巡って批判もあったハリル・ジャパン、一時はヴァリド・ハリルホジッチ監督の更迭も囁かれたものの、そこからチームが復活したと言えばこれは精神的に成長したと言うべきですかね。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

バルセロナ、191億円でデンベレを獲得

パリ・サンジェルマンがネイマールを291億円で獲得したのに続き、またハンパねェ額で移籍のニュースがあったみたいです。

引用

バルセロナ、史上2位の移籍金191億円でドルトムントMFデンベレ獲得合意

バルセロナとボルシア・ドルトムントは、フランス代表FWウスマン・デンベレ(20)の移籍で合意に至った。メディカルチェックに通過次第、取引が成立することをドルトムントが25日、発表した。

既に24日に現実味を帯びていたデンベレのバルセロナ行きだが、その翌日にクラブ間の合意が発表。移籍金は1億500万ユーロ(約136億円)、それに加え4300万ユーロ(約55億円)に相当する40%はボーナスとして支払われる可能性がある。

またバルセロナ側の発表によると、選手本人は28日に予定されているメディカルチェックを通過すればバルセロナと5年契約を結ぶ見通しとのこと。バルセロナは契約解除のために必要な違約金を4億ユーロ(約516億円)に設定したとしている。

バルセロナ移籍を求めてドルトムントの練習を無断欠席し、沈黙を貫いていたデンベレだが、この発表を受けて「バルサ万歳、カタルーニャ万歳」と久しぶりにツイッターに投稿。新天地でのプレーに対し喜びを表わにした。

最終更新:8/26(土) 1:43 「Goal.com」より
バルセロナ行きが噂されていたボルシア・ドルトムント所属のフランス代表のウスマン・デンベレ、そのデンベレが25日にバルセロナに移籍することをドルトムントと合意したけど、その金額は何と移籍金136億円に加えて55億円のボーナスで計191億円と言いますから、ネイマールに続いてまた高い額の移籍金が派生したようです。
バルセロナはネイマールの移籍で得た軍資金でデンベレを獲ったと言えますが、新しいウイングアタッカーがほしいからデンベレをリストアップしたと言えます。

それにしても、若干20歳のこれから成長が期待されるアタッカーに191億円と言うのは相当な買い物だが、ドルトムントにすれば高額の金を得たと言えますね。

この移籍金額、正直ここまで出すかと言いたくなるが、バルセロナにとってはネイマールで多額の金が転がり込んだからここまで出したと言えるけど、他のクラブなら100億円も出せないです。
「若干20歳の有望株を獲るのにここまで金は出せない」「そこまでの値打ちがあるとは思えない」って渋るのがオチ。

ただドルトムントにしても、デンベレはバルセロナに行きたいが為に最近練習をサボッてただけに、心配の種が消えたと言えますけども。
「バルサ万歳、カタルーニャ万歳」と自身のツイッターでこう書き込んだデンベレだが、カタルーニャの名前を出すのは正直やり過ぎだと思うよ。下手すりゃ政治的な言動と見なされて厳罰を喰らいそうだ。

theme : サッカー
genre : スポーツ

291億円でパリに

衝撃度は「ハンパねェ」です。移籍金からしてそうですからね・・・。

引用

ネイマール パリSG加入発表!史上最高移籍金291億円 5日開幕戦出場熱望

 世紀の大型移籍がついに成立した。フランス1部パリ・サンジェルマン(SG)は3日、スペイン1部バルセロナからブラジル代表FWネイマール(25)を獲得したと発表。2022年6月までの5年契約。背番号は10に決定した。

 スペインメディアなどによると、移籍金は史上最高となる2億2200万ユーロ(約291億円)で、年俸は3000万ユーロ(約39億円)という破格の契約となる。

 ネイマールはクラブを通じ「パリ・サンジェルマンに加われることを本当に嬉しく思う。自分が欧州に来てから、このクラブは最も競争力があり、最も野心的だった。新しいチームに加わる最も大きな動機は、ファンが求めるタイトルを手にすることだ。クラブの野望は魅力的だった。欧州で4シーズンでプレーしてきたが、新しい挑戦に挑む準備はできている。きょうから新たなチームメートを助け、クラブの新境地を切り開くために全力を尽くす。世界中の数百万のサポーターに喜びをもたらしたい」と意気込みを語った。 

 ネイマールは13年にサントス(ブラジル)からバルセロナへ移籍。アルゼンチン代表FWメッシ、14年加入のウルグアイ代表スアレスと「MSN」と呼ばれる世界屈指の3トップを形成し、その一角として活躍してきた。14〜15年に欧州チャンピオンズリーグで得点王を獲得し、クラブ5度目の欧州制覇に貢献していた。

 フランスリーグは4日に開幕し、パリSGは5日にホームで昇格組のアミアンと対戦。スペイン紙マルカによると、ネイマールは開幕戦出場を熱望しているという。

 [ 2017年8月4日 08:23 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
去就が注目されていたブラジル代表のエース・ネイマール、バルセロナからパリ・サンジェルマンに電撃移籍ということになったが、移籍の手続きや違約金を巡ってゴタゴタしたけど、移籍金は何と2億2000万ユーロ、日本円で291億円という桁外れの数字、かつ年俸は3000万ユーロ(39億円)といいますから、まさに衝撃です。

移籍金に291億円って考えられない数字だが、パリは相当バブリーなクラブもいいところだが、中小クラブ何個分だよ、この数字って・・・。

「パリ・サンジェルマンに加われることを本当に嬉しく思う。自分が欧州に来てから、このクラブは最も競争力があり、最も野心的だった」とパリ移籍をこうコメントしたネイマール、バルセロナで大活躍したのを「置き土産」に新天地にパリを選んだネイマールの挑戦は並々ならぬものがありますね。
最も競争力があり野心的、他にもあるのになぜパリを選んだのか? そこは疑問だが・・・。

移籍してすぐにそのデビューが待っているネイマール、4日に開幕するリーグ・アン、パリは5日に初戦を迎えますが、開幕戦に出たいという願いは叶うんでしょうか。サポーターにしてもいきなりネイマールが見れるとワクワクしてますから、どうなんでしょうかねェ・・・!?
「加入したばかりでまだチームに馴染んでいない」って理由で監督が起用を渋りそうだが・・・。

いくら大物レベルでも100億円超えはなかなかないが、その倍となる291億円ってネイマールが相当大物になった表れでしょうか・・・!?

theme : サッカー
genre : スポーツ

本田、新天地は何とメキシコ

イングランドやスペイン、さらにはアメリカや中国が移籍先として挙がっていたものの・・・!?

引用

本田、メキシコ1部パチューカに仰天移籍!開幕戦いきなりデビューも

 急転決着だ!! 日本代表FW本田圭佑(31)=前ACミラン=が14日、メキシコ1部の名門パチューカと入団契約を交わしたことを、写真共有SNS「インスタグラム」の公式アカウント上で公表した。本田は昨季限りでミランを退団し、移籍先の候補にはイングランドやスペインなど欧州クラブのほか、米メジャーリーグサッカー(MLS)など世界中のクラブ名が挙がっていたが、金狼が選んだ新天地はまさかのメキシコだった。

 本田の新天地はメキシコに決まった。14日、インスタグラムの自身の公式アカウントでメキシコ1部の強豪パチューカと契約したと公表。さらには「新しいクラブを決めました」とスペイン語で綴り、マルティネス会長から真新しいユニホームを手渡される場面の動画も投稿した。

 「パチューカとの契約を済ませました。ファンの方々にお会いするのが待ち遠しいです」

 新天地のファンに向けても、さっそくスペイン語でメッセージを発信した。また日本語でも「移籍決定! メキシコ、パチューカ!」と書き添えている。

 さらにクラブの公式ツイッターに向けた動画にも登場し、流ちょうなスペイン語で「Hola!(オラ!=こんにちは)本田です」とあいさつ。「たったいま、パチューカとの契約を終えました。ありがとうございます。みなさんにご挨拶申し上げます。とても満足しています。ありがとうございます」とメッセージを送ると、最後には左手でVサインを決めた。

 本田は昨季限りで4季在籍したミランを退団。その直後から移籍先としてイングランドやスペインなどの欧州クラブの名前が浮上した。今年2月には米メジャーリーグサッカー(MLS)のシアトルと合意寸前に至るなど世界中のクラブが候補に挙がっていた。

 その一方で、本田は6月の日本代表合宿中に「面白くて『行きたい』と思えるクラブが重要。格にはこだわっていない。自分の知らないエリアに行くのが好き。常に未開の地、みたいなところがいい」と発言していた。パチューカは経営学、心理学、栄養学などスポーツ科学を学ぶことができる大学も運営しているだけに、“本田好み”のクラブといっていい。

 すでにミランとの契約が満了しているため、今回の契約では移籍金はゼロ。現時点でパチューカとの契約年数や年俸などは明らかになっていないが、本田の所属事務所は本人が滞在中の米カリフォルニア州で契約を交わしたと説明した。現地時間18日に入団会見が予定されている。

 パチューカは23日(日本時間24日)に前期リーグ開幕戦(対プーマス)に臨む。電撃契約から開幕まで、わずか10日と準備期間は短いが、本田が最速でメキシコデビュー戦のピッチに立っても不思議ではない。

 2017.7.15 05:04 「サンケイスポーツ」より
「たったいま、パチューカとの契約を終えました。ありがとうございます。みなさんにご挨拶申し上げます。とても満足しています。ありがとうございます」とツイッターで移籍を公表した本田圭佑、新天地に選んだのはメキシコ屈指の強豪クラブの一つ・パチューカでした!!

ACミランを退団後どこに行くのか噂が噂を呼び、一度はMLSのシアトル・サウンダーズと合意寸前まで上ったものの頓挫し、まさかメキシコを選ぶと言うのは意外っちゃ意外です。

なぜ本田はパチューカを選んだのか? 理由として先月の日本代表合宿において「自分の知らないエリアに行くのが好き。常に未開の地、みたいなところがいい」とコメントしており、パチューカはそれにマッチしてたからでしょうね。
またパチューカは大学を運営しており、経営学などを学べる施設も充実しているからか、本田にとって今の自分にとってやり甲斐があるクラブが見つかったからでしょう。

移籍金無しでパチューカ入りした本田、いきなりデビューと言う展開になりそうだけど、メキシコ行きは本田自身にとってレベルアップの場となるんでしょうか。またパチューカは今年のクラブワールドカップに北中米カリブ海代表として出場しますから、レアル・マドリーと対戦する機会もあるでしょう。

theme : サッカー
genre : スポーツ

ハメスの行く先は

最近レアル・マドリーで燻っていて移籍するかどうかに注目でしたが・・・!?

引用

バイエルン ハメス獲得!レアルから2年の期限付き

 バイエルン・ミュンヘンは11日、レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(25)を期限付き移籍で獲得したと発表した。期間は2年で買い取りオプション付き。

 ハメス・ロドリゲスを巡ってはマンチェスターUなども獲得に乗り出していたが、急転直下でバイエルン入りが決定した。バイエルン・ミュンヘンのアンチェロッティ監督はレアル・マドリード時代にハメス・ロドリゲスを獲得した恩師でもある。

 [ 2017年7月12日 05:30 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
レアルで控えに回る試合が目立ち、放出候補にも挙げられたハメス・ロドリゲス、移籍するならどこになるのかに関心が集まったけど、一時はマンチェスター・ユナイテッドかと思いきや、何と11日になってバイエルン・ミュンヘンが2年契約買い取りオプション付きで獲得したようです。

なぜ突然ハメスはバイエルン行きを選んだのか? それは今バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督がレアル時代にハメスを獲り、レギュラーだったのもアンチェロッティ監督の頃だったから、自分を見出して活かしてくれた人の下でまたプレーしたいと言う思いがあったんでしょう。
アンチェロッティが去り、ベニテス、ジダン政権では控えに甘んじて全く実績を残せなかったから、レアルに居場所が無くなったと思って移籍を示唆したと言えますが、実力者なのに控えでは納得出来ないと言う主張と取れます。

シャビ・アロンソやティアゴ・アルカンタラ、トーマス・ミュラー、アリエン・ロッベン、フランク・リベリーなどを擁する攻撃陣にハメスが加入、正直ただでさえ圧倒的な強さを誇るバイエルンにまた強力なメンバーが加わったとしか思えません。
買い取りオプション付きって、バイエルンはレアルから借りる形でのことでしょうか、結果次第では完全移籍もあり得ます。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード