ガンバ大阪、スポーツと政治は別だ!!

かつて浦和レッズがやらかした問題を今度は・・・!!

引用

G大阪 全公式戦で横断幕、旗、ゲーフラ禁止 政治思想フラッグ問題受け

 J1のG大阪は21日、ホームゲーム、アウェーゲームを問わず、当面の間、すべてのエリアにおけるG大阪を応援する横断幕や旗(販売しているものも含む)、ゲート型フラッグ等すべての掲出物を禁止すると発表した。

 16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節・C大阪―G大阪戦(ヤンマー)において、試合中にG大阪側のサポーター席から政治的思想を連想させる旗が掲出され、20日夜にクラブがそのことを公表、謝罪していた。

 クラブは「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」としている。

 掲出物が禁止となるのはJ1リーグ戦だけではなく、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)、YBCルヴァン杯、天皇杯、G大阪U―23が参加しているJ3リーグを含むすべての公式戦が対象となる。

 関係者によると、C大阪戦で掲出されたのはナチス・ドイツの親衛隊のマークに似た「SS」マークの旗。数年前にも類似したケースがあり、掲出したサポーターグループに対して掲出は不適切であると警告。当時、サポーターグループに政治的な意図はなく、警告以降の掲出はなかったというが、再び愚行が繰り返された。今後は、当事者が判明しだい、厳正な対応を行うとしている。

 [ 2017年4月21日 14:17 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
今月16日に行われたJ1第7節、ガンバ大阪対セレッソ大阪のいわゆる「大阪ダービー」にて、ガンバ側のサポーター席からナチス・ドイツのSSマークに似た旗が掲げられたことが発覚したけど、これを重く見たガンバ側が20日になって謝罪したけど、謝罪だけでは済まず、横断幕や旗、ゲート型フラッグなどの提出物をJ1リーグ戦のみならず全ての試合において禁止すると言いますから、この旗がいかにクラブに取り返しの付かない事態を招いたことは確かです。

「政治的・宗教的思想を含む、もしくは連想させるフラッグ等の掲出は、Jリーグ共通ルールはもちろん、クラブも一切認めておらず、クラブとしても大変遺憾に思っております」としたが、ハッキリ言ってこんな旗を掲げるような人間がサポーターをやっていること自体問題だし、クラブもそうだし、純粋に応援しているサポーターをも傷つける行為であり許されることではありません。一部のロクでもない人間のせいでクラブにえらい迷惑をかけ、しいてはサッカーそのものイメージをも毀損する言動です。
問題の旗を掲げたサポーターグループに対して不適切だと警告したが、警告だけでは効果がありません。当事者が判明した場合厳正な対応を行うって言うが、スタジアム出禁処分にでもすべきだ。

大体スポーツにおいて政治・歴史・人種・宗教・思想を持ち込んではいけないって常識中の常識なのに、それを全然理解していないとしか思えないが、ましてやナチス、これが海外で報じられたらえらい恥さらしですよ!! 歴史を知らない無知が招いたとなれば余計恥ずかしいを通り越してます。
政治とスポーツの区別も出来ない奴にスポーツを楽しむ資格はありません!!

theme : 許されない出来事
genre : ニュース

久保裕也が大活躍

勝って当たり前の相手に大勝しましたが、その原動力はと言うと。

引用

日本の新エースはオレだ!久保、2戦連発で本田に“引導”

 サッカー・ロシアW杯アジア最終予選B組(28日、日本4-0タイ、埼玉)新エースの誕生だ!! B組の国際連盟(FIFA)ランキング51位の日本が、同127位のタイに4-0と快勝。23日のUAE戦で代表初ゴールのFW久保裕也(23)=ヘント=が右サイドで先発し、2戦連発となるゴールを決めるなど1得点2アシストの活躍をみせた。FW本田圭佑(30)=ACミラン=に“引導”を渡した若武者にけん引された日本は勝ち点を16に伸ばし、W杯自動出場圏内の2位以内をキープした。

 まるで鋭利な刃物だ。後半12分、FW久保がスローインから鮮やかな左足シュートをネットに突き刺した。5万9003人の観衆に勝利を確信させる3-0。右サイドでキレ味抜群のプレーを披露した久保が、タイに力の差をみせつけた。

 「点を取れたのもよかったが、チームが勝ったことが一番。あのシュートは落ち着いて蹴ることができた」

 代表初ゴールを挙げた23日のUAE戦から2戦連発。W杯予選での代表初ゴールから連発は日本代表史上4人目だ。前半にはMF香川、FW岡崎の得点をアシストするなど、日本の攻撃をけん引。この日は1ゴール2アシスト、23日のUAE戦でも1ゴール1アシスト。剣が峰の最終予選2連戦で日本が挙げた6得点のうち、5点に久保が関わった。

 昨年8月のリオデジャネイロ五輪は当時所属していたヤングボーイズ(スイス)が難色を示し、出場断念に追い込まれた。「残念だったけど、すぐにA代表を目標に切り替えた」。五輪代表を率いていた手倉森監督には「A代表でロシアを目指します」と宣言。ジョークを交えて「オーバーエージで東京五輪にも出る」と言い切った。

 1月にヘント(ベルギー)に移籍して以降、7戦5ゴールと絶好調をキープ。代表の右FWは昨年まで不動のエース、本田の定位置だったが、今や勢力図は逆転。この日も後半21分、ハリルホジッチ監督は1枚目のカードとしてFW原口に代えて本田を投入したが、久保は右に居座り、“引導”を渡すかのように6月に31歳になる本田を左に追いやった。

 「(前戦から)すばらしい2ゴール。彼を起用しようと思った(私の)考えが正しかったと彼が証明してくれた」と指揮官は絶賛。久保は「この2試合で終わらないようにしたい。また呼ばれるようにチームでも活躍しなければ」と謙虚に答えた。18歳で初めてフル代表に招集され、23歳で定位置を確保。初ゴールもマークしたが、将来はセリエAでプレーすることが目標で、世界基準を意識する久保からすれば、「遅すぎるぐらい」。それでも今や押しも押されもせぬ新エースに堂々の名乗りをあげた。

 B組はこの日、3位の豪州がUAEに勝利。3差に迫っている中、大量4得点で得失点差を9とし、今後の戦いを優位に進めることができる。

 「得点に絡むことだけ考えていたので、それは良かった」

 スポーツ刈りふうの髪形に実直な語り口はサッカー界の高倉健!? 日本サッカー界に誕生した新たなぽっぽやならぬ点取り屋が、ロシアへの道筋を明るく照らす。

 2017.3.29 05:04 「サンケイスポーツ」より
UAEに雪辱を果たし、続く迎えたタイ戦で4-0で勝利したハリルジャパン、さきのUAE戦に続いて勝利したけどその原動力はこの試合1ゴール2アシストを決めた久保裕也にあります。

「点を取れたのもよかったが、チームが勝ったことが一番。あのシュートは落ち着いて蹴ることができた」と振り返った久保、さきのUAE戦では代表初ゴール及びアシストを決め、この試合でも2試合連続となるゴールを決めただけでなく2つもゴールをアシストしてお膳立てをするなど攻撃陣を引っ張ったが、ここ2試合での活躍はエースと呼ぶに相応しいものではないでしょうか。

昨年はリオデジャネイロオリンピックに出場できずその悔しさからA代表入りに目標を変え、今年1月にヤングボーイズ(スイス)からヘント(ベルギー)に移籍し7試合で5ゴールと大活躍を見せており、これがヴァリド・ハリルホジッチの目に入って招集されたけどここ2試合での活躍は本田圭佑を追いやるものだと思う。
今や本田はクラブで補欠同然、片や久保はクラブで主力レベルの活躍、後者の方が現在エースと呼ぶに相応しいのは一目瞭然。

「この2試合で終わらないようにしたい。また呼ばれるようにチームでも活躍しなければ」と気を引き締めた久保、本田に変わる代表のエースと言われておかしくないですが、阪神タイガースにも通ずるように、日本代表でも若手がちょっと活躍しだすとマスコミが変に持て囃すところがあり、過度に持ち上げてはならないです。それでは選手のためにならないです。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

バルセロナ、何と4点差をひっくり返す!!

バルセロナはやはり魅せてくれるクラブです・・・。

引用

奇跡を演じたバルサ、ルイス・エンリケ「鍵になったのは執念」「諦めた者はいなかった」

[3.8 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 バルセロナ6-1パリSG]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、決勝トーナメント1回戦第2戦を行い、バルセロナ(スペイン)はホームでパリSG(フランス)と対戦した。敵地での第1戦に0-4で敗れ、8強進出は絶望的かと見られていたバルサだが、本拠地カンプ・ノウで6ゴールを奪い、6-1で勝利。2試合合計6-5とひっくり返す大逆転劇で10シーズン連続となるベスト8入りを決めた。

 試合後、バルセロナのルイス・エンリケ監督は「このチームはずっと素晴らしかった。大きなリスクをとって、大きなリターンを得た。こういうエンディングはサッカーではたまに起きるものだが、今日、私たちはそれに触れることができた」と劇的勝利を振り返った。英『フォーフォー・トゥー』が伝えている。

 敵地での第1戦に0-4で敗れ、8強進出は絶望的かと見られるなか、この日の試合では後半17分の時点で2戦合計で3-5と引き離された。それでも後半43分にFWネイマールのFKで再び1点差に迫ると、同45分には獲得したPKをネイマールが沈めて、2戦合計5-5。そして後半アディショナルタイム5分にMFセルジ・ロベルトが技ありボレーを沈め、勝ち越した。

 一時は2戦合計3-5に突き放されたが指揮官は「諦めた者はいなかった」と言い切る。「鍵となったのはチーム全体の執念だ」と続けたL・エンリケは「残り5分で3得点が必要となったとき、私たちは諦めず、ひたすら前を向き続けたんだ」と胸を張った。

 最終更新:3/9(木) 9:31 「ゲキサカ」より
UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでパリ・サンジェルマンにまさかの0-4で大敗したバルセロナ、この結果を見て「さすがのバルセロナもこれまでか」と悲観的な見方しかありませんでしたが、8日に行われたセカンドレグ、舞台は本拠地カンプ・ノウ、ハイリスク覚悟で3-4-3の攻撃的な布陣を敷いて臨んだようです。

前半2点をもぎ取って後半に突入、さらに1点を加えて残り1点差としますが、後半17分にパリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニにゴールを決められ3-5、1点もやれない状況でまさかの失点、ましてやアウェーゴールだけに余計難しいシチュエーションとなった・・・。この時までは誰しもがそう思った。

だがバルセロナは悲観することなく果敢にパリ・サンジェルマンゴールに襲いかかり、迎えた後半43分にネイマールのフリーキックが決まって4-1、その2分後にネイマールがPKを獲得しこれを難なく決めトータルスコアで同点としますが、アウェーゴールの差でまだパリ・サンジェルマンに分があったけど、後半ロスタイムに三度ドラマがあったようです!!
ロスタイム5分にセルジ・ロベルトがボレーシュートを決め6-1、トータルスコア6-5となって勝ち越してこのまま試合終了、後半43分から8分間で3点をもぎ取って逆転勝利、それにしてもこの結果を誰が予想したんでしょうか!!
野球ならイザ知らずサッカーで4点差をひっくり返すって、なかなかないですよ!!

「残り5分で3得点が必要となったとき、私たちは諦めず、ひたすら前を向き続けたんだ」と試合後こうコメントしたバルセロナのルイス・エンリケ監督、絶望的な状況に追いやられても諦めないと言うその執念は見習うべき点です。

一方パリ・サンジェルマン、ファーストレグを4-0で勝利してほぼ決めかけた準々決勝進出がまさか、まさかの逆転負けと言う結末は残酷なんてもんじゃないです。パリに帰ったら相当なバッシングが待っているでしょう。

0-4からの逆転劇で準々決勝に進出したバルセロナ、まさに「神ってる」です。

theme : UEFAチャンピオンズリーグ
genre : スポーツ

窮地のヴェンゲル

大敗、そして長期政権に対する不満が爆発したと言えます。

引用

「ヴェンゲルは出て行け!」ヴェンゲル退任を求めるアーセナルファンの抗議活動が活発化

現地時間7日、チャンピオンズリーグのアーセナルvsバイエルンの試合が行われた一方、エミレーツ・スタジアムの外でアーセナルサポーターの取った行動が話題となっている。

欧州ベスト8進出を懸けた大一番が行われる一方で、スタジアムの外ではアーセナルのファンが「新しい契約はいらない」のバナーを掲げて、抗議活動を行った。

これは今シーズン限りでアーセナルとの契約が切れるアーセン・ヴェンゲル監督の退任を求めるデモ活動。現在、アーセナルはプレミアリーグで5位に付けているが、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権が与えられるトップ4でのフィニッシュも危うい状況となっている。

この抗議活動でファンが持ち込んだバナーは「クラブにいる古い頑固者を追い出せ」、「今こそ替わるべき」といった辛らつな内容。そのバナーを掲げながら「ヴェンゲルは出て行け!(Wenger Out)」と歌い、ヴェンゲル不要論を主張している。

7日に行われたチャンピオンズリーグの試合、アーセナルvsバイエルンは1-5で敗れ、2戦合計でバイエルンに2-10と惨敗したアーセナル。まだFAカップこそ勝ち残っているものの、ビッグタイトルから遠ざかったヴェンゲル監督にとって、窮地の状況となっている。

最終更新:3/8(水) 9:25 「GOAL」より
UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでバイエルン・ミュンヘンに1-5で大敗して後がなくなったアーセナル、7日に行われたセカンドレグでも1-5で大敗し2戦合計2-10と惨めな結果でまたチャンピオンズリーグにおいてベスト16止まりに終わりましたが、セカンドレグが行われた本拠地エミレーツ・スタジアムの外ではアーセン・ヴェンゲル監督に対する抗議活動があったみたいです。

今シーズンを持ってアーセナルとの契約が切れるヴェンゲル監督、それに伴いヴェンゲル退陣を求めて抗議に及んだけど、チャンピオンズリーグでまたベスト16止まりだったこともそうだし、現在プレミアリーグでは5位、チャンピオンズリーグ出場圏内にも黄信号がが灯っているだけに、ファンにとって気が気でないんでしょう。

「クラブにいる古い頑固者を追い出せ」「今こそ替わるべき」と明らかにヴェンゲル監督を名指してますが、アーセナルを率いて20年以上、長期政権への不満も相まって抗議の声が挙がったんでしょう。
ここ最近ではビッグタイトルに恵まれず、ファンから厳しい声が高まっているヴェンゲル監督、今回の大敗でさらに窮地に立たされたと言えます。

ファンもそろそろ変革の時期だと思い、だったらヴェンゲル監督は辞めるべきだって思って抗議集会に及んだが、アーセナルフロントがどう決断するかでしょう。クラブにとっては「功労者」であるヴェンゲル監督だけになかなか“見切り”は付けれないでしょうが。それもまた長期政権の弊害かも知れませんけど。

2戦合計で2-10、明らかにバイエルンとの実力差があり過ぎた感もします。

theme : UEFAチャンピオンズリーグ
genre : スポーツ

ラモス、脳梗塞から復活

昨年12月に脳梗塞を発症し、一時はどうなるかと思いましたが・・・!!

引用

ラモス瑠偉氏 脳梗塞から涙の復帰会見「この通りに元気です」

 昨年12月に脳梗塞と診断され、リハビリを続けていたサッカー元日本代表MFでJ2岐阜元監督のラモス瑠偉氏(60)が2日、都内で退院&復帰会見を開き「お騒がせしまして、申し訳ありませんでした。この通りに元気です」と回復を報告。いつもは強気なラモス氏が涙で目を潤ませる場面もあった。

 昨年12月29日に自宅で倒れ、緊急搬送され、右中大脳脈の脳梗塞が見つかった。「脳梗塞と聞いてビビった。これで逝ってしまうんじゃないかって。再発があると聞いて逝ってしまうんじゃないかって。珍しくマイナスマイナスのことしか考えなかった。再発は怖かった」と診断が下った時のことを振り返った。その後、さまざまな検査を行い、「おかげ様で身体がキレイすぎてドクターが困っていた」ぐらいだったといい、「検査の結果は良かった」という。

 緊急入院から約1週間後の1月6日からリハビリを開始し、順調に回復し、同24日にリハビリテーション病院へ転院。1日計3時間のリハビリをこなし、2月14日に退院。その後は通院してリハビリを続けていた。同27日のMRI検査でも新たな脳梗塞は見つからず、経過は良好。順調な回復が確認されたが、まだ発症から2カ月足らずしか経っておらず、最低でも3カ月の休養は必要ということで、4月1日の仕事復帰を目指す。

 連日約3時間の回復メニューをこなしてきた成果もあり、ジョギングを開始するなど順調に回復。左半身に若干の違和感は残るが、言語障害はない。既に息子とフットテニスで対戦するなどボールにも触っている。ラモス氏は「神様からもう一度チャンスを与えられたと思っています。家族はもちろん、多くの方々に恩返しをし、世の中のために役立ちたいと思っています。これからも日本サッカー界に貢献して参りたいです。日本の子どもたちに夢を与えることや、東京オリンピックなどスポーツのますますの発展に携わっていけたら嬉しいです。まだまだ吠えるでー!」とコメントを寄せた。

 ラモス氏は77年にブラジル・リオデジャネイロから来日。読売クラブ、V川崎(現J2東京V)、京都で指令塔としてプレーした。89年には日本国籍を取得。日本代表としても“ドーハの悲劇”と呼ばれた93年W杯米国大会最終予選で日本をあと一歩でW杯へと導く活躍をした。98年に現役を引退後は、ビーチサッカー日本代表監督、東京V監督などを歴任。14年からJ2岐阜の指揮を執っていたが昨年7月、成績不振やクラブ体制の刷新を理由に解任された。

 [ 2017年3月2日 13:19 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
サッカー元日本代表で最近ではJ2岐阜の監督を務めていたラモス瑠偉、そのラモスが昨年12月に自宅で脳梗塞を発症して倒れ、緊急搬送されたけど、その時は「脳梗塞と聞いてビビった。これで逝ってしまうんじゃないかって。再発があると聞いて逝ってしまうんじゃないかって。珍しくマイナスマイナスのことしか考えなかった。再発は怖かった」と突然死を覚悟するくらい追いつめられてたけど、年明けにリハビリを始めてからは順調に回復したと言いますから、現役時代さながらの負けず嫌いと言うか不屈の闘志で乗り越えたって思います。

ただ最低3ヶ月は休養せねばいけないし、活動再開は4月からになるけど、その間は回復メニューを続けることが正しいと思う。

「お騒がせしまして、申し訳ありませんでした。この通りに元気です」と都内の病院で退院及び復帰会見を開いたラモス、脳梗塞になりながらも後遺症を発症せず無事に回復したことはある意味すごいことだし、やはりそれでこそラモスだと思うね。

会見で涙を見せたラモス、いつもの強気なキャラもやはり脳梗塞から回復したことで今こうして生きていると言うことに感謝しての涙でしょうか。
家族、世間一般、そしてサッカー界にこれからも恩返しすることを誓ったラモス、盟友・カズこと三浦知良氏だってまだまだ現役でプレーしているんだから、まだまだ日本サッカー界に必要な人物だと思います。

theme : 生きること
genre : 心と身体

あァ、ラニエリ・・・!!

昨シーズンリーグ優勝しながら翌シーズン降格と言う屈辱が現実味を帯びてきたからでしょうか・・・!?
天国からあっさり地獄へ、まるでかつての吉田義男氏を想起しますが(2度目の監督時代、1年目に21年ぶりのリーグ優勝及び初の日本一に導くも、その2年後にはダントツの最下位に沈んで解任された)。

引用

岡崎所属レスターのラニエリ監督が解任 リーグ初Vから9カ月…今季は低迷

 日本代表FW岡崎慎司(30)の所属するレスターが23日、クラウディオ・ラニエリ監督(65)の解任を発表した。

 レスターは昨季、プレミアリーグで初優勝を果たしたが、今季は低迷。国内リーグ戦では降格圏の18位と勝ち点1差の17位。今年になって勝ち星がなく、6戦連続無得点と不振が続いている。また、FA杯でも18日の5回戦では3部ミルウォールに0―1で敗戦。22日の欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦第1戦でもアウェーでセビリアに1―2で敗れた。

 2015年7月から指揮を執るラニエリ監督は、奇跡的なリーグ初優勝からわずか9カ月で、今季のリーグ戦13試合を残して解任となった。

 公式サイトでは、ラニエリ監督の功績を称えながらも、今季の成績により「指揮官の変更が必要だと判断した」と説明。新監督が決まるまでは、アシスタントコーチのクレイグ・シェークスピア氏とマイク・ストーウェルコーチが指揮を執る。

 [ 2017年2月24日 06:35 「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」より
決勝トーナメント1回戦でセビージャに敗れるなど、全くいいところがないレスター・シティ、そのレスターでクラウディオ・ラニエリ監督を解任することを発表したけど、リーグでは現在17位と降格の危機に瀕しており、クラブ側にすれば「もうラニエリには任せられない」と決断して解任したんでしょう。

奇跡の初優勝を果たした昨シーズンとは打って変わって今シーズンは低空飛行のレスター、今シーズンはエヌゴロ・カンテ放出の穴の大きさと攻撃に偏った補強、ラニエリ監督の采配が場当たりと言うかいい加減なところもあってチームが迷走したのかも知れません。そのせいで岡崎慎司は使われたり使われなかったりでこれではモチベーションが上がるわけがありません。岡崎に限らず他の選手にも言えますが。

ラニエリ監督に一任させたフロントもここまで来れば我慢の限界だったかも知れないし「長い目で見る」と言う意識はサッカーにおいてなかなか根付かないことも分かります。
新監督は未定だが、監督交代が吉と出るのか凶と出るのか? こう言う状況においては実績のある人物を起用しなければ事態は変わりません。最後は解任と言う憂き目を見たラニエリ監督、レスターを初優勝に導いた監督としてクラブの歴史に名を残すことは確かですけどね。これはプレミアリーグの歴史にだって当てはまるけども。

theme : 欧州サッカー全般
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード