イタリアも何と予選で・・・!!

イタリアの予選敗退を誰が予想したのだろうか・・・!!

引用

イタリアまさかのW杯予選敗退 プレーオフでスウェーデンに敗れる

 ロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフが13日、イタリア代表とスウェーデン代表が対戦した。

 初戦を敵地で0-1と落としているイタリアは、サンシーロで必勝を期す。最低でも2点が必要な状況で、スウェーデンを迎え撃った。初戦で不発だったアンドレア・ベロッティはベンチスタートとなり、チーロ・インモービレとマノロ・ガッビアディーニが前線でコンビを組んだ。中盤では大黒柱のマルコ・ヴェッラッティが出場停止で、ジョルジーニョ、マルコ・パローロが入っている。

 イタリアは前半から試合を完全に掌握。現ミランのレオナルド・ボヌッチを含めたユヴェントス組の3バックから正確なビルドアップで中盤にボールが供給されると、インモービレに高い精度のスルーパスが入り、チャンスを作る。しかし、エースのインモービレは2度の決定機を生かせず、スコアは動かせない。

 一方のスウェーデンは初戦で決勝点を挙げたヤコブ・ヨハンソンが19分で負傷交代。前半はイタリアに11本のシュートを許し、逆に自分たちのシュートは1本と圧倒的な劣勢で45分間を終えることになった。

 後半に入ってもペースはイタリア。手を変え品を変え、ゴールに迫るが、なかなか得点を奪えない。たまらずイタリアは、ステファン・エル・シャーラウィ、ベロッティ、フェデリコ・ベルナルデスキを投入し、主導権を握りにかかる。

 スウェーデンはカウンターの刃をちらつかせながら、時計の針を進め、じわりじわりとイタリアを追い込んでいく。結局、スウェーデンの身を挺した守備の前にイタリアは1点を奪えず。スコアレスドローで終了した。

 すでに予選でオランダを敗退に追い込んでいたスウェーデンは、ワールドカップ優勝4回のイタリアの出場も許さなかった。そしてスウェーデンにとっては3大会ぶりのワールドカップ出場。一方、イタリアは史上初となる6大会連続の出場とはならなかった。

 2017.11.14 07:21 「サンケイスポーツ」より
スウェーデンとのプレーオフファーストレグを0-1で落としており、もうあとがないイタリア、セカンドレグはサン・シーロを舞台に逆転勝利を目指しましたが・・・!?

試合開始から果敢にスウェーデンゴールに襲いかかりますが、チャンスは幾度と作るもことごとく決められず、守備を重視し逃げ切りモードのスウェーデンゴールをこじ開けられず11本もシュートを撃ちながら前半を折り返し、後半に入っても攻撃の手を緩めずスウェーデンゴールに迫るも得点ならず・・・!! 試合はそのままスコアレスで試合終了、この瞬間イタリアはロシア・ワールドカップ出場を逃すという最悪の現実を迎えたようです・・・。

あのイタリアがまさかの予選敗退・・・、今予選はスペインと同組となったことが運の尽きかも知れないし、フォワード陣が小粒すぎ、かつてのロベルト・バッジョやフランチェスコ・トッティのような創造性あふれるプレイヤーがいない、世代交代というか有望な若手が育ってないという課題。オランダにも言える話でかつてのような強さが見られなくなったことも影響してるでしょう。
ましてここ2大会(2010・2014)はいずれもグループリーグ敗退であることがそれを物語っているが・・・。

一方スウェーデンは組織力でまとまってたし、長年エースとして君臨してきたズラタン・イブラヒモビッチがいなくなってもチーム力が落ちてなかったってことを見せつけたと思います。予選においてオランダに続いてイタリアも下すっていやはやスゴイ。こう見るとヨーロッパは予選から過酷なレベルだってことが分かる。アジアとはえらい違いだ。

ジャンルイジ・ブッフォンはこの試合を最後に代表から去りますが、こんな形で代表を去るのは複雑な気持ちでしょう・・・。しばらくイタリアは今回の予選敗退で喪に服すかのようなことになりそうです。

theme : サッカー
genre : スポーツ

前半で3失点も喰らうようじゃなァ・・・!!

相手がブラジルとはいえ、この内容では世界の壁を改めて感じたとしか思えないです。

引用

ハリル監督大丈夫?前半崩壊3失点も「後半だけなら1―0で勝っていた」

 ボールが右サイドのタッチラインを割ると、主審が不意に逆サイドに走りだした。前半9分から1分近く試合が中断。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の結果、前半7分に吉田がペナルティーエリア内で反則を犯したと判定された。直後のPKをネイマールに決められて先制を許すと守備が崩壊。前半17分に井手口のクリアミスを拾ったマルセロに豪快なミドル弾を決められ、前半36分には久保がボールを失い速攻から失点した。

 ハリルジャパン初の世界トップ10との対戦は、ハーフタイムを待たずに勝負の大勢は決した。それでも指揮官は「後半だけで言えば1―0で勝っていた」と豪語。明らかな完敗だったが「二面性のある試合だった。前半は残念で、後半は満足。ビデオ判定でチームのバランスが少し崩れてしまった」と悲観はない。試合終了直後にはピッチ上に選手を集めて円陣を組み、後半の戦いぶりを称えた。

 だが、後半に押し込む時間帯があったのは、相手がペースダウンしたからに他ならない。堅守速攻のスタイルが強豪相手に真価を発揮するとの幻想も崩れた。引いてブロックを組んだ時の守備は安定感を見せたが、ボールを保持するとミス絡みでボールを失い速攻を食らう場面が頻発。堅守速攻は世界的なスタンダードになりつつあり、強豪相手に日本の戦術ははまらなかった。井手口をトップ下に配置する新ユニットも連係不足。香川、本田、岡崎の招集を見送った一戦で、世界との距離を思い知らされた。

 アジアレベルでは失点に直結しなかったミスが命取りになることを体感できたことが数少ない収穫。指揮官は国際Aマッチ100試合出場となった長友に主将を託したことにかけ「最後に選手には“佑都が主将だったから負けた”と言いました」と冗談を飛ばし、微妙な空気が流れた。中3日で迎えるベルギー戦にも完敗すれば、指揮官のジョーク以上に笑えない状況に陥る。

 [ 2017年11月11日 05:30「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
フランス・リールで行われた日本対ブラジルの親善試合、ハリルジャパンにとってレベルの高い相手と外で試合してレベルアップにつなげたいが、結果は1-3で敗れ、やはりブラジルは強かったと言わざるを得ない内容だが、前半と後半で全然内容が異なるものでした。

前半、最初が肝心と思いきや7分に吉田麻也がペナルティエリアでファウル、ビデオ判定に持ち込まれてPKを献上するとネイマールにあっさり決められて先制、序盤での失点、痛いハンデを背負っての出だしだが、つまらないミスが命取りになるって吉田は改めて思ってるのだろうか?
前半17分には直前のまたPKを献上しながらクリアしたものの、クリアが不十分でそこをマルセロにつかれてミドルシュート!! 2失点目を喫し暗雲が漂い、その後もブラジルに試合を支配される展開が続いて36分にまたブラジル攻撃陣に翻弄されてガブリエウ・ジェズスに決められて前半で3失点、これはディフェンス面で課題しか残らないし、アジアレベルで失点にならないことがヨーロッパや南米の強豪相手では全然通用しないって痛感したんじゃないでしょうか!?

前半だけで3失点と重い雰囲気になったが、後半は日本も反撃のチャンスをいくらか作り、後半17分に槙野智章が1点を返すシュートを決め、日本代表として11年ぶりにブラジル相手にゴールを決めたっていいますから、11年もブラジルからゴールを奪えないってまだ遠く及ばないということを痛感します・・・。

その後ブラジルの出足が鈍くなって日本もいくらか反撃するもゴールに繋がらず、後半42分には途中出場の杉本健勇が乾貴士のクロスからヘディングシュートを決めるもオフサイド・・・。その後5分のロスタイムも活かすことが出来ず1-3で終了、前半だけで試合を決められたとしか思えないです。

試合後ヴァリド・ハリルホジッチ監督「後半だけで言えば1―0で勝っていた」「二面性のある試合だった。前半は残念で、後半は満足。ビデオ判定でチームのバランスが少し崩れてしまった」とコメントしたが、ビデオ判定でバランスが崩れたって言い訳にしかなりません。後半は満足とか、1-0で勝っていた。ってブラジルが力を抜いたからでしかない。これでは試合全体を見てるようで見てない。ヨーロッパや南米の強豪相手で従来の堅守速攻型サッカーは通用しないってことを理解しましょう。そのスタイルが格上相手では大量失点につながるということを学んではどうか? ハリルホジッチ監督。

theme : サッカー日本代表
genre : スポーツ

レアル、昇格ジローナにまさかの負け

レアル・マドリーらしからぬ内容かも知れません・・・。

引用

ジダン、ジローナに敗戦も選手たちを擁護「彼らのことを考えるとつらい」

29日のリーガエスパニョーラ第10節、レアル・マドリーは敵地モンティリビでのジローナ戦を1−2で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、1−0でリードしていた際に追加点を得られなかったことが敗因であると述べている。

スペイン『マルカ』と『アス』がフランス人指揮官の試合後会見でのコメントを伝えた。

「何が足りなかったか? 2ゴール目だよ。前半の私たちは良かった。フットボールはディテールなんだ。彼らの最初のゴールはスローインから生まれたが、私たちは集中していなかった。これ以上騒ぎ立てる必要はない。確かに予期してはいなかったことだ。前半の私たちはとても良く、後半は悪かった。ここから立ち上がるよ」

一方で自チームのパフォーマンスが悪ければ、悪い結果に直結するとの意見には、次のように返している。

「悪いプレーをしたいとは思っていないし、私たちは死力を尽くした。だからこそ不快に感じるんだ。パフォーマンスではなく、集中というディテールの問題なんだよ。勝ち点3を獲得できなかったが、チームは懸命にプレーしていた……。彼らの2ゴールはスローインとセカンドプレーから生まれたが、そういうことだとしか言いようがない」

「今日は勝ち点3を失った。(首位バルセロナとは)勝ち点8差だが、何を言っても状況が変わるわけではないんだ。立ち上がって、もっと良い日々を過ごし、ライバルが勝ち点を落とすことに期待するしかない」

試合後、選手たちに何かメッセージを伝えたのだろうか。

「あとで彼らと分析をする。今は休むときだ。水曜にも試合を控えているのだから。彼らのことを考えるとつらい。敗戦には何かしらの理由があるが、努力はしていたんだよ」

「今、私が気にしているのは勝ち点3を落としたことと、勝負を決められなかったことだ。インテンシティーや意欲を欠いていた可能性は憂慮していない」

「勝負を決められなかったこと」に要因については、次のように説明している。

「私の感覚では、2ゴール目を決めるためのチャンスは手にしていた。1−0でハーフタイムを迎えたときには、相手から打撃を与えられる可能性があることを考慮しなくてはならない。今回はセカンドボールやスローインだったが、相手の良いプレーに対して集中する必要があるんだよ……。だが私たちは、少し集中を欠いていた」

「いずれにしても、次の試合のことを考えなくてはならない。私たちはここから立ち直れると考えている。リーガは先が長く、私は心配していない」

最終更新:10/30(月) 8:08 「Goal.com」より
「何が足りなかったか? 2ゴール目だよ。前半の私たちは良かった」ジローナとの試合でこうコメントしたレアルのジネディーヌ・ジダン監督、ジローナのホームに乗り込んだリーガ第10節の試合でジローナにまさかの1-2で敗れたレアル、前半15分にイスコのゴールで先制しながら後半2ゴールを喰らって痛い逆転負けとなったわけだが、前半は良くて後半は全然だったから逆転負けを喫したと言う見解にとれます。

「悪いプレーをしたいとは思っていないし、私たちは死力を尽くした。だからこそ不快に感じるんだ」とこの試合での内容が今ひとつだったと述べたジダン監督、1ゴールでは足りないっていうゴールへの貪欲さが空回りに終わったって言いたいんでしょう。

後半ジローナが反撃に転ずるのは当たり前だが、その相手に対して集中することが求められるのにそれが出来なくて逆転負けした、だから勝負を決められなかった。いわば最後まで集中するという当たり前のことができなかったのは確かに反省材料です。
ましてや自チームのパフォーマンスというか出来が良くなきゃ勝てない。ということだ。

一瞬の隙が負けにつながる。自分だけでなく相手とも戦わねばならない。と言う教訓と捉えたほうがいいでしょうね、コレ。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

やっぱりメッシが決めた!!

崖っぷちのアルゼンチン、それを救ったのは・・・!!

引用

メッシ、ハットトリックでアルゼンチン3位通過 南米王者チリが予選敗退/W杯南米予選

 2018年W杯南米予選は、現地時間10日(以下現地時間)に各地で最終節が行なわれた。予選敗退の危機に直面していた6位アルゼンチンは8位エクアドルを3対1で下し、本大会への出場権を手にした。

 アルゼンチンは5日にホームで行なわれたペルー戦をスコアレスドローで終え、大陸間プレーオフ圏外の6位に転落していた。しかし、すでに本大会出場を決めているブラジル以下、2位ウルグアイから7位パラグアイまで勝ち点差が4と、最終節を前に7位までのどのチームにも予選突破の可能性が残されていた。

 エクアドル戦で勝利すれば5位以上が確定するアルゼンチンは、開始1分に先制点を献上。しかし、11分にディマリアとの連携からメッシがゴールを決めて同点とすると、18分にもメッシがゴールを奪い逆転に成功する。さらにメッシは62分にも相手DFに詰め寄られながらもGKの頭上を抜く鮮やかなゴールを決め、ハットトリック達成。メッシの3ゴールでアルゼンチンが勝利をモノにした。

 首位ブラジルと3位チリの一戦は、55分にブラジルがパウリーニョのゴールで先制すると、2分後にはジェズスが追加点を挙げる。そして試合終了間際にジェズスが再びネットを揺らし、3対0でブラジルが完勝した。

 アルゼンチン同様、生き残りをかけて臨む4位コロンビアは敵地で5位ペルーと対戦。56分にハメス・ロドリゲスのゴールで先制するも、74分にペルーのゲレーロが直接FKを決め、両者譲らず1対1で終わった。

 2位ウルグアイは、ホームで9位ボリビアを4対2で下している。最終節勝利で予選突破の可能性を残していた7位パラグアイは、ホームで最下位ベネズエラに0対1で黒星を喫し、予選敗退となった。

 この結果、首位ブラジル、2位ウルグアイ、3位アルゼンチン、4位コロンビアまでが本大会出場を決めた。勝ち点26で並ぶペルーとチリは、得失点差で上回るペルーが5位となり、ニュージーランドとの大陸間プレーオフへと回る。南米王者のチリは6位となり予選敗退の結果となった。

 最終更新:10/11(水) 14:35 「ISM」より
予選敗退圏内の6位に沈み、最後の望みをかけて挑んだエクアドル戦、エクアドルの首都・キトに乗り込んでこの試合にかけたアルゼンチン、キトでは全然勝てない上にエース、リオネル・メッシの不振もあり不安材料を抱えての一番でしたが・・・!?

開始直後にいきなりエクアドルに先制点を決められ、雲行きが怪しくなったけど、前半11分にアンヘル・ディ・マリアとメッシの連携から生まれた同点弾、これがアルゼンチンの逆襲の始まりでもありました。
その7分後、またメッシがゴールを奪い2-1で逆転、代表でサポート運がなくなかなかゴールを量産出来なかったが、前半だけで2ゴールを挙げたメッシ、代表でこれまでいいところがなかったことで国民からあまり評判が良くなかったことを払拭したのではなかろうか。

後半17分にもゴールを奪い、ハットトリックを奪い試合は3-1で勝利、順位を一気に上げて終わってみれば3位、土壇場でというか逆転でロシア大会出場を決めたアルゼンチン、終わってみればメッシのワンマンショーだったような気がします。この試合に招集されていたパウロ・ディバラやマウロ・イカルディも「やはりメッシだ」と脱帽してるんでしょうか? セルヒオ・アグエロやゴンサロ・イグアインがいない中でのこと。

アルゼンチンを予選敗退の危機から救ったメッシ、これほど劇的な結末になったのはある意味「劇場型」もいいところでは・・・?

他にはウルグアイ、コロンビアが出場、ペルーがニュージーランドとのプレーオフに回ったが、一方でチリが敗退。こう見ると南米はヨーロッパと同じく強豪国であっても簡単に出れない環境だと思うし、いかにアジアが温いかも痛感しますね。

theme : サッカー
genre : スポーツ

アルゼンチンが予選敗退の危機

ロシア・ワールドカップ予選も大詰め、出場国が増えてますが一方で本大会出場に黄信号が灯っている国もあります。
まさかここもこうなるとは・・・!?

引用

アルゼンチン“W杯圏外”6位後退…ホームでペルーとドロー

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の南米予選は5日、各地で行われ、前回ブラジル大会準優勝のアルゼンチンはホームでペルーと0―0で引き分け、勝ち点25で総得点差の6位に後退した。

 2位のウルグアイはベネズエラと0―0で引き分けて同28とした。チリがエクアドルを2―1で下して同26とし、総得点差の3位に浮上した。

 南米予選は残り1節。4位までが本大会進出を決め、5位は11月の大陸間プレーオフでニュージーランドと対戦する。

 [ 2017年10月6日 11:00「スポーツニッポン」ウェブサイト「スポニチ Sponichi Annexニュース」]より
ロシア大会南米予選は既にブラジルが本大会出場を決め、残る枠は3か4だけど、現在のところ首位ブラジル、2位ウルグアイ、3位チリ、4位がコロンビアだけど、本来その中に入るべき国であるのがアルゼンチンなんだけど、そのアルゼンチンは5日にホームでペルーを迎えての一戦で何と0-0の引き分けに終わり、5位だった順位から6位に後退して、最終節を前に何と出場圏内から転落するという最悪の事態になっちゃったようです・・・(そのペルーが5位に浮上)。

この試合でも再三チャンスを得るもゴールにつながらず、スコアレスドローで順位を一つ落として予選敗退の危機に直面したアルゼンチン、リオネル・メッシなどの果敢なテクニックも実を結ばなかったというもどかしさ、勝利も今年3月のチリ戦を最後になく3試合連続の引き分けという体たらくには、一体アルゼンチンに何が起こったのかです。
この試合ではまた、2年ぶりに代表招集されたフェルナンド・ガゴが途中出場してすぐに右膝十字靭帯を断裂するという大ケガもあり、予選敗退の危機の上にケガ人が出るのって「弱り目に祟り目」です。

最終節は既に敗退が決まっているエクアドルが相手ですが、勝ってもコロンビアVSペルーの結果次第ではニュージランドとのプレーオフに回ることになりますし、自力での出場が難しくなってしまったアルゼンチン、ここは勝つしかありません。

theme : サッカー
genre : スポーツ

ラス・パルマスの治まらない怒り

彼らもスポーツに政治が持ち込まれたことへの犠牲者になった感がします。

引用

ラス・パルマス、バルセロナの独断での無観客試合に憤る「我々のことは一切考慮していない」

1日のリーガエスパニョーラ第7節、本拠地カンプ・ノウでのラス・パルマス戦を無観客試合としたバルセロナだが、ラス・パルマス側は憤りを覚えているようだ。

バルセロナはカタルーニャの独立投票の影響により、スペインプロリーグ機構に試合の延期を求めたが、勝ち点6を失うと警告されたために無観客で試合を行うことを決定した。

自クラブのファンをスタジアムに入れられなかったラス・パルマスは、バルセロナに振り回されたと考えている様子だ。同クラブのパトリシオ・ビニャジョGD(ゼネラルディレクター)はスペイン『ラジオ・マルカ』とのインタビューに応じ、「彼らは我々のことを一切考慮していない」と、バルセロナが独断で無観客試合にしたことを非難した。

ラス・パルマスとバルセロナの関係は、この試合をきっかけに悪化している。この試合の数日前には、ラス・パルマスがユニフォームの右胸にスペインの国旗を付けてプレーすることを宣言し、これを受けたバルセロナは幹部同士の昼食会をキャンセル。そして無観客での試合開催が決定打となり、両者の関係には亀裂が生じることになった。

ラス・パルマスは公式ウェブサイトで、この試合をアウェー席で観戦する予定だった同クラブのファンに対して、チケット代を返金する旨を伝えている。

最終更新:10/3(火) 8:28 「Goal.com」より
カタルーニャのスペインからの分離独立の是非を問う住民投票が実施された1日、時同じくしてバルセロナで行われたリーガ・エスパニョーラ第7節・バルセロナVSラス・パルマスの試合は何と無観客試合で実施されたけど、この措置に対してラス・パルマス側がえらく怒っているようです・・・。

「彼らは我々のことを一切考慮していない」とラス・パルマス側は一方的に無観客試合にしたバルセロナを批判したけど、自分たちのサポーターを会場に入れなかったこともそうだし、試合延期を訴えなかったバルセロナの対応をも批判したみたいだが、バルセロナはリーグ機構に試合を延期するよう訴えたのに機構がそれを認めなかったから泣く泣く無観客試合でやるしかなかったって言いますから、いわばバルセロナが苦渋の選択をしたと思うね。
バルセロナも悪いが、試合延期を認めなかった機構も悪いって考えたほうがいいのでは? 機構も正直なぜ試合を実施したのか? 政治とスポーツは別だという考えからやったのかねェ・・・!?

他にもラス・パルマスの選手がユニフォームの右胸にスペイン国旗をつけてプレーするって公言し、これにバルセロナの幹部が起こって幹部同士の昼食会をドタキャンしたって言いますから、ここにもカタルーニャとスペイン中央政府の対立が持ち込まれた感がしてなりません(とはいえラス・パルマスはカナリア諸島を本拠地にしているが)。

カタルーニャ分離独立のとばっちりを受けることとなったラス・パルマス、バルセロナに対する不信だけが残った感がします。て言うかスペイン国内において反バルセロナ感情を高めることとなったのは間違いない。
その余波からか、バルセロナでプレーするジェラール・ピケが代表の練習中に「代表から出て行け」「このろくでなし!」ってファンから罵倒されたけど、マドリードでは特にそうなっちゃったね。

theme : ◆リーガエスパニョーラ◆
genre : スポーツ

プロフィール

アジシオ次郎

Author:アジシオ次郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード